パントリー収納の広い4ldkの平屋の間取り図

参考のプランは34坪4LDKの平屋の間取り図です。

南道路の想定で南玄関の間取り図になっています。

南の玄関を入ると東側にバッドルームが3室あります。

子供部屋の想定の洋室5畳が2室と夫婦の主寝室7.5畳が1室です。

主寝室には3畳のウォークインクロゼットがあり、収納力も豊富に備えています。

リビングダイニングキッチンは南側に配置してあり、ダイニングもリビングも南の庭に掃き出し窓を持っています。

キッチンは対面し気になっており、勝手口から庭に降りることが可能です。

キッチンはバックカウンター収納も広く、キッチン脇に2畳の広いパントリー収納を備えています。

キッチンから近い位置に洗面室、トイレ、脱衣室と浴室があります。

脱衣室の洗濯機へキッチンから近いため、家事動線がコンパクトに収められ、移動距離の少ない間取り図になっています。

和室は8畳でリビングに引き戸で開放できるようになります。

リビングと一体化して見せることでより広く感じられることができます。

和室は茶の間、今として利用する他に、ゲストルームや、子供の勉強部屋、遊び場など、オールマイティーに利用が可能です。

北側に地窓が設けられており、通風と採光をすることができます。

平屋の間取り図は2階に部屋がないので小屋裏に広く収納を増やすことも可能です。

また、天窓なども自由に配置できるので、光のない廊下や自然光を取り入れたい場所に窓をつけることができます。

2階に重量がないため構造的にも1階の柱にかかる負担は少なく、耐震性能の良い住宅が期待できます。

軒を深く取ることで外観を美しくするとともに、外壁のメンテナンス性もアップすることができます。

40坪5LDK坪庭のあるおしゃれな平屋の間取り図

参考のプランは40坪5LDKの坪庭のある平屋の間取り図です。

玄関ホールを入ると2畳ほどのスペースの坪庭があります。

坪庭から光と小さな庭の景色が玄関ホールにつながります。

玄関ホールに入ったときのインパクトがあり、
明るさも確保できます。

坪庭はリビングに接する8畳の和室からも見ることができます。

8畳の和室はリビングに引き戸で開放できますが
外部に面して窓が取りにくい配置です。

そこで専用の坪庭を作って光と風を取り込んでいます。

リビングダイニングキッチンは18畳で南の庭に面しています。

キッチンは対面式でキッチンから近い位置に洗面脱衣室とバスルームがあります。

ベッドルームは6畳の部屋が3室と8畳の洋室があります。

そのうち2つの部屋に3畳のウォークインクロゼットがあります。

トイレは2か所で東のベッドルームと西のベッドルームから行きやすい位置に配置されています。

坪庭のある間取りは希少価値があり、おしゃれで楽しいプランです。

庭にはお好みで植樹を行えば光と緑を室内から楽しむことができます。

ロフト収納と中庭のあるおしゃれな平屋の間取り図

中庭のある平屋の間取り図

参考のプランは25坪3LDKのロフト収納のある平屋の間取り例です。

北道路の想定で北玄関になっており、
ロフト収納を含めずに25坪とという広さです。

延べ床面積はコンパクトながらベッドルームが3室あることで
家族で住むことのできる平屋の間取りを実現しています。

ベッドルームは6畳の洋室が3室で各部屋に1畳のクロゼット付です。

各部屋は東側に配置されています。

リビングダイニングキッチンは18畳で
リビングの南側にはデッキ式の中庭があります。

中庭は壁に囲まれているため外部の視線を感じない
プライベートな庭になっています。

デッキ庭は広く、テーブルが置けるサイズになっています。

キッチンは対面式キッチンでダイニングも広さがあります。

キッチンからはリビングとダイニングを見渡すことができて
リビングとダイニング越しに明るい庭を眺めることができます。

北西の方向に洗面脱衣室とバスルームとトイレがまとめられており、
キッチンと近いことから水周りが集中して、
配管経路も短くなるようにまとめられてコストを削減できます。

キッチンと洗面バスを遠ざけないことで
給湯器などの設備からの配管も短くなります。

そのことでお湯が出るまで時間がかかるなどの不都合も
少なくなるようにすることができるでしょう。

平屋は2階に部屋がないので、リビングの天井を高くしたり
屋根裏に収納をつくることもできます。

今回の平屋の間取り図では17畳のロフト収納に
廊下から階段で上れるようになっています。

はしごではなく階段にすることで普段使いやすくなります。

中庭のある平屋の間取りはおしゃれで希少価値のあるものになっています。

ロフト収納のあるおしゃれな平屋の間取り図

参考のプランは32坪4LDKのロフト収納のある平屋の間取り図です。

玄関は北西にあり、下足箱と1畳のクロゼット収納があります。

リビングダイニングキッチンは南庭に面して配置されています。

リビングもダイニングも掃き出し窓から南の庭に出ることができます。

キッチンは対面式でリビングとダイニングを見渡す位置にあります。

リビングのテレビボードの背面にはリビング収納があります。
家電やCD、DVDや書籍の他リビングの細かい備品をかくすことができます。

和室4.5畳は玄関からとリビングから出入りができます。

リビング側は広く開放できるようになっており、
リビングと一体化した畳コーナー的な和室としても利用することができます。

リビングとダイニングの天井は屋根なりに勾配で高くなり
モダンなインテリアの印象と広がりのある空間になっています。

ベッドルームは東側に6畳の洋室が3室あります。
各部屋には1畳のウォークインクロゼットがあります。

洗面脱衣室やお風呂やトイレはLDKとベッドルームから行きやすい
北側にまとめられて配置されています。

ロフト収納は屋根の中央部を生かして20畳の広さがあります。

廊下から階段で上ることができるので、
重いものも運ぶことができます。

間取りは長方形でシンプルな形をしており、
屋根も寄棟や切妻などシンプルで美しい外観が得られます。

また、シンプルな屋根形状は雨漏りのリスクを最小限にし、
耐震的にも構造的にも無理が少なく、耐久性のある住宅になります。

収納を多くして部屋をすっきりさせることで
おしゃれな平屋の間取りに永く住むことができます。

家族で住む30坪3LDKの平屋の間取り図

参考のプランは30坪3LDKの平屋の間取り図です。

北道路の想定で北玄関の間取りプランになっていますが
東道路や西道路での使用も可能になっています。

間取り図は長方形になっており、屋根形状もシンプルになります。

日本の家屋らしい美しい屋根の見える外観の家になります。

玄関は北玄関で建物の中心部分に位置しています。

玄関ホールには土間収納とカウンター式の下足棚があります。

LDKを中心に各部屋に行くような間取りで、
東側には8畳の寝室と6畳の洋室があります。

西側には6畳の洋室と洗面室、脱衣室、浴室があります。

西側の洋室はLDKに開放して一体化して使用することができます。

ベッドルームとしえ使わない場合でも書斎や家事室にできます。

各部屋にはクロゼットがあり、
寝室8畳には3畳の広いウォークインクロゼット収納があります。

トイレは東西に2箇所あり寝室に近い場所と
リビングダイニングから行きやすい場所に配置されています。

キッチンは対面式のキッチンでダイニング越しに庭が見えます。

リビングダイニングも見渡すことができます。

キッチンの背面にはバックカウンター収納と
パントリー収納も1.5畳あるため収納量が豊富です。

平屋の間取りは2階部分がないので小屋裏部分を収納にすることができます。

又、天井も屋根なりに高くすることができます。

天井を少し高くするだけで玄関やLDKのインテリアも開放的でモダンになります。

家族で住む平屋の間取り図30坪4LDK

参考のプランは30坪4LDKの平屋の間取り図です。

北道路の想定で北玄関になっています。

玄関ホールは3畳で東側に5畳のベッドルームがあり、
西側に洗面脱衣室と浴室、トイレなどの水回りがあります。

南西側に18畳の広さのリビングダイニングキッチンがあり、
リビングに接して6畳の和室があります。

和室はリビングに開放できるようになっており、
リビングと一体化して広く感じることができます。

キッチンは対面式でパントリー収納も1畳あります。

東側には5畳のベッドルームのほかに6畳のベッドルームが2室あります。

その中の1室に3畳のウォークインクロゼットがあります。

トイレは各ベッドルームから行きやすいように2箇所あります。

各ベッドルームは玄関側とリビング側からと入り口が違いますが、
東側の朝日の入る方向に3部屋配置しています。

和室やリビングは南の日光が入るようにしています。

平屋は2階に部屋がないので天窓も自由に設置できるので
廊下や玄関などに自然光を入れることもできます。

また天井も高くできるので、玄関やLDKの天井を高くすることができます。

間取りは正方形に近く、屋根形状もシンプルで美しくなります。

シンプルでコンパクトにまとめることで
価格を抑えることもできます。

小屋裏収納のあるおしゃれな平屋の間取り図

参考のプランは4LDKの小屋裏収納のある平屋の間取り図です。

北道路の想定で北玄関になっています。

南側の中心に18.5畳のLDKがあり
LDKから洋室6畳の各個室に入っていきます。

寝室の8畳だけ玄関側から出入りすることができます。

6畳のベッドルームは子供部屋の想定ですので
リビングを通らせることでコミュニケーションを増やす効果を狙います。

子供部屋として使用しない場合でも他の部屋に使うことができるように
リビングに開放できる部屋を作っています。

キッチンは対面式でリビングダイニングと
リビングに開放している洋室を見ることができます。

リビングの上部は勾配天井で屋根なりに高くなっており
明るく開放的なインテリアニすることができています。

北側の屋根裏は小屋裏収納になっており
玄関付近から階段であがることができるようになっています。

広さは26畳と広く、多くのものを収納することが可能です。

昔の古民家の屋根裏並みに収納があります。

洗面脱衣室は2畳で浴室は2畳1坪タイプのユニットバスです。

キッチンから近く洗濯機への距離が少なくなるような間取りになっています。

キッチンには勝手口があり、南の庭に洗濯物を干す予定になります。

間取り図の形状もシンプルで構造的にも安定しています。

また、屋根の形状も単純な形になるので外観も美しく
さらに雨漏りの危険性の少ない家になります。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村