縁側のある平屋の間取り。広い小屋裏収納への行き方

参考のプランは34坪4LDKの平屋の間取り図です。

南道路の想定で南玄関になっています。

玄関ホールは3.5畳ほどのスペースで
玄関ドアは親子ドアになっています。

リビングダイニングキッチンは18畳でキッチンは対面式。
ダイニング側に隣接して縁側と和室6畳があります。

和室と縁側は引き戸を開放するとリビングと一体化します。

和室には床の間と押入れがあり
床の間のスペースは仏間スペースにすることもできます。

平屋で上に部屋がないので神棚や仏間の上を踏む心配もありません。

キッチンの近くには洗面室2畳と脱衣室が2畳、浴室2畳があります。

洗面台は幅広くホテルのように大きな鏡が付いています。

洗面と脱衣室が分かれているのでバスルーム使用時でも
洗面台を利用することができるので便利です。

トイレも近くにあるのでトイレ使用後も洗面台を利用できます。

リビングに接して洋室6畳があり、
こちらは子供の学習室やホビールーム、
ゲームのスペース、書斎やトレーニングルームなど
家族の年齢や状況に応じて変化させる部屋になります。

東側には洋室6畳のベッドルームと8畳のベッドルームがあり
8畳のベッドルームはウォークインクロゼットが3畳あります。

ウォークインクロゼットの中には小屋裏収納への階段があり、
小屋裏には屋根の高いところを利用した12畳の広い収納スペースがあります。

フリースペースのある平屋の間取り図

今回紹介していく間取りは27坪の平屋の間取りになります。

間取りは玄関ホールとフリースペースを中心に東側にベッドルーム3部屋
リビングダイニングキッチン18畳が西側にあります。

玄関ホール3畳の横にはシューズクローク一畳とカウンター式の下足箱があります。

玄関から入っていくとフリースペースがあります。
ラウンジ的な感じです。

LDKにはソファーのあるまテレビを見るところのリビングがあって
ダイニングスペースと対面式のキッチンがあります。

キッチンの近くには洗面脱衣室。脱衣室と洗面室があり、
キッチンから行きやすいようになってます。

ベッドルームからの方向も出入りができます。

洗面室のそばにはトイレがあって
トイレを使った後に手を洗うのにも便利な配置になっています。

東側の方には6畳の部屋が1部屋と5畳が二部屋あり各部屋にクローゼットがついています。

フリースペースの使い勝手ですが自由に使う場所です。

実際皆さんの生活でテレビばっかり見てないと思うんですよね
食事して私なんかもそうですけれどもほとんどみない。

他の家族もずっとリビングでテレビ見てるかと昔ほど見ないですね。
じゃあなにやってるかっていうとスマホとかiPadで動画とかサイトを見てると思います。

あるいはの動画サイトですね
動画チャンネルでアニメとか映画とか契約して (Amazon プライムとかHULU)とかですね
そういうのはを利用しても、テレビを見るって言うかんじゃなくなってますね。

あとゲームやったりとかすると個別の部屋で行ったり
家族のそばでする時に声がうるさいとできないゲームもありますから
テレビがガンガン鳴ってるとこではなく、ちょっと離れたとこで座っているというのにも
フリースペース都合がいいかもしれません。

ノートパソコンいじったりとか中間的なスペースとして
フリースペースを作ってます。

各部屋は小さめでクロゼットはもう最低限になってるので
ちょっと物足りない感じがします。

フリースペースに分かりにくいですが階段があります。

階段登って行くと上にロフト収納が9畳ぐらいあって
フリースペースが吹き抜けて見下ろせます。

中央が平屋で屋根が高い所になってるのでこの辺を活かして
収納と吹き抜けをつくっって、玄関も天井高くしてあります。

ロフト収納への細い階段は広くしてもいいと思いますね。
インテリア的には細いロフト階段も面白いかもしれません 。

今回のプランはフリースペースで中間的な部屋のある間取りでした。

ベッドルームとリビングの間に部屋を作って家族の居場所を増やして
スマホをいじるスペースにしています。

縁側のある家。平屋の間取り図

今回紹介していくプランは縁側のある和室のある平屋の間取りです。

縁側は3畳のスペースがあって納戸もの入れが両側にあります。

そして縁側から光が入るような形で和室6畳があります。

個室は寝室が8畳、子供部屋の想定の6畳の部屋は最初は仕切らずに一体化して
12畳のスペースになっています。

LDK は20畳ぐらいで対面式キッチンでも大きなテーブルも置けるダイニングの広さがあります。

リビングもゆとりがあって広い感じになってます。

平屋の間取りですので天井は屋根形に高くすることができて
モダンなインテリアを作って行くことができます。

天井高くしていけるという感じです。

収納が足りなかったら小屋裏収納も作っていくことができます。

玄関は4畳ぐらいの広いスペースになります。
カウンターの長い大きな下足箱があります。

洗面脱衣室2畳浴室2畳で
間取りは長方形でシンプルな形状になっているので
屋根もねシンプルになっています。

屋根が綺麗にできると外観も美しくなって行くと思われます。

今回の間取りの特徴は和室の前に広い縁側があって
ここで何をするというわけではないんだけれども
日向ぼっこしてもいい、のんびりできるようなスペースを作っています。

まここはゲストルームにしてもいいし書斎にしても良いですし
いろいろ使い勝手はその人の都合で考えていけます。

ロフト収納など天井裏の方に作ることができます。

少し収納を増やしたいなっていうことであれば屋根裏の収納を増やしていくっていうのは
平屋の家では有効だと思います。

ロフト収納は階段で登れる方がベストかなというところです。

今回は縁側の大きな家間取りの紹介でした。

リビング収納のある平屋の間取り図、パントリー収納。

今回のプランは4 LDK の平屋の間取りです。

特徴はリビング収納のある間取りです。

間取りは西道路で西玄関になっています。

玄関ホールは4畳ぐらいで奥に広くなっています。

玄関はカウンター収納とシューズクロークがあります。

玄関に近いところに洋室6畳と1畳のクローゼットがあります。

廊下には共用の物入れが0.5畳あります。

リビングダイニングキッチンは南側で20畳の広い大きさになってます。

6人がけのテーブルとソファーとテレビボードが置ける広さです。

リビングに接して6畳の和室があります。

リビングに対して和室は引き戸で開くことができるので
リビングがより広く感じられます。

平屋の間取りですので上の階に部屋がないですから
リビングの天井も屋根なりに高くできて
よりモダンで開放的なインテリアになります。

キッチンは対面式で1畳のパントリーがあります。

またリビングにはリビング収納が2畳ぐらいあり
これがあることによってリビングがいつも片付いて綺麗に保てます。

寝室は8畳でウォークインクローゼットが3畳あります。

寝室のそばには専用のトイレがあります。

あと玄関付近にもトイレがあるのでトイレは2箇所になります。

洗面脱衣室は2畳で浴室2畳です。

もう一部屋の洋室は6畳でクロゼット付きです。

子供部屋が二つと夫婦の寝室がひとつ
あと茶の間の和室がひとつというような構成になっています。

間取りの特徴としては収納量ですね。

特にリビング収納があることによって
こちらの方に家に帰ってきてランドセルとか
コートとか全部この辺にしまって
リビングが散らからないようにすることができます。

アイランドキッチンの平屋の間取り図。シューズクロークとパントリー収納

参考のプランは34坪3LDKの平屋の間取り図です。

敷地は西道路の想定で北玄関になっていますが、
北道路や東道路などでも使用可能な間取り図です。

玄関ホールは4畳ほどのスペースで

下足箱のほかに2畳の広いシューズクロークがあります。

シューズクロークには靴の他にバットやグローブ
サッカーボールなどスポーツ用品なども収納できます。

玄関ホール近くにはクロゼット収納もあり
コートなどを収納することができます。

また、洗面室も近く、帰宅して直ぐに利用することができます。

洗面室の近くには脱衣室とバスルーム、そしてトイレがあります。

洗面室と脱衣室は別の部屋になっているので
バスルーム使用時にも洗面台を使うことができます。

洗面台は幅広くゆったりしたスペースで
トイレのそばにあるのでトイレ使用後にも使えます。

LDKは20畳と広めでキッチンはアイランドキッチンになっています。

また、キッチンと連続してダイニングテーブルがあり
特注のカウンターでインテリアを作ります。

東には10畳の広い寝室があり、ウォークインクロゼット3畳と
広い納戸3畳があります。

子供部屋の想定の洋室は6畳が2室で各部屋にクロゼット付です。

リビングダイニングキッチンは南側の庭に面して
天井も屋根鳴りに高くなっています。

収納が足りない場合は小屋裏に収納を増やすことも可能です。

広いリビング収納のある平屋の間取り図。パントリー、ロフト収納

参考のプランは32坪3LDKのロフト収納のある平屋の間取り図です。

敷地は西道路の想定で北玄関になっています。

東道路や北道路でも使用できる間取り図です。

玄関ホールは奥に広くカウンター式の下足箱があります。
下足箱のほかに1畳の土間収納があるので収納量が増えます。

廊下には1畳のもの入れがあります。

玄関付近には洋室が6畳でクロゼットが1畳あります。

南側には16畳のLDKがあります。

リビングには3畳のリビング収納があり
収納量が豊富なため部屋を方つけることができます。

リビングの天井は高く開放的なインテリアになっています。

キッチンは対面式キッチンで背面の収納も幅が広く
さらに横に1畳のパントリー収納があります。

寝室は南の庭に面しており、明るい部屋になっています。
ウォークインクロゼットは4畳の広い収納になり、
布団や衣類などを収納可能です。

東側には洋室6畳がありクロゼット1畳つきです。

洗面室と脱衣室は別になっており、
脱衣室には収納スペースがあります。

廊下から階段で上がる小屋裏、ロフト収納スペースが15畳あります。

屋根の高いところを有効利用した収納です。

尺庭のある平屋の間取り図。尺庭ってなに?

参考のプランは26坪の尺庭のある平屋の間取り図です。

中庭や1坪のちいさな坪庭までは聞いたことはあるけれど
尺庭というのは聞きなれない方も多いと思います。

尺庭というのは90cmほどの狭い庭で坪庭よりもさらに小さい庭のことです。

こんな小さな中庭を造って実際効果があるのか!と
質問が浴びせられそうです。

実際私は尺庭のある建物をつくったことがありまして

その結果

しっかりと光が内部に届いておりました。

光というのは直接床に当たらなくても反射して床に届くので
明るい壁の色であれば壁に当たりながら内部まで自然光が入り込みます。

むしろ反射したほうやわらかくて美しい光です。

今回の平屋の間取りではその尺庭は玄関と洋室の間にあります。

家の真ん中にある洋室はLDKに隣接しているので
リビングに開放することで光が得られます。

しかしながら引き戸を閉めてしまうと暗室のようになります。
そこで南側に小さな庭を設けることで自然光を入れます。

玄関にも庭が見えることで演出の効果があります。

オブジェを置いてもよいですし、鉢植えを置いてもよいでしょう。

家が美術館のように演出できます。

間取りはベッドルームが6畳の部屋3部屋で
LDKが19畳の広さであります。

学習コーナーもあるので少し広がりを感じます。

平屋の間取りですので天井も屋根なりに高くして
モダンなインテリアと開放考えられます。

玄関には土間収納もあって使い勝手もよく
洗面脱衣室も収納の置ける広い3畳の部屋になっています。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村