30坪4ldk万能タイプの平屋の間取り図

参考のプランは30坪4LDKの平屋の間取り図です。
北道路の想定で北玄関になっています。

4LDKということで家族でも住める部屋数になっていますが
家族の人数次第では一部屋を納戸にしてもよいでしょう。

ベッドルームは6畳が3部屋と8畳の主寝室が1室あります。

6畳の部屋が子供部屋で8畳の部屋が夫婦の部屋の設定ですので、
3人の子供が個室を持てるプランで30坪の家になります。

広さがコンパクトに抑えられることで基礎の面積も少なくなっています。

そのことで2階建てに近い気そのコストになるので
平屋だからコストが高くなるというのも避けられています。

各部屋にはクロゼットが1畳あって収納もしっかり確保されています。

主寝室はウォークインクロゼットになっています。

収納量が足りなくなるのを想定して、階段で上がる小屋裏収納を
屋根の高くなっている部分に確保しています。

切妻屋根の想定で道路がわから屋根が見える美しい外観の平屋になります。

洗面脱衣室は3畳と広くチェストなど着替えやタオルを入れる収納も置くことが可能になっています。

お風呂は2畳1坪タイプのユニットバスで浴槽も広く快適です。

トイレは1か所になっています。

ファミリータイプで住む間取りであれば2か所欲しいところですが
延べ床面積を小さくしてコストを抑えた平屋の間取り図ということであれば、
1か所に抑えて設備費用を増やさないというのも1つの判断です。

東の路小屋裏への階段下にトイレを配置して増やすことも可能です。

ロフト州右脳は屋根形状によって広くもできるでしょう。

現在の間取りの形状では長細い形状ですが天井を高くすることで
使い勝手はかなり良くなると考えます。

平屋の家は2階に重量が少ないため地震の時に横揺れに対して負荷が少ないです。

耐震的にも理想的な住宅といえるでしょう。

二人の住まいにした場合でも趣味の部屋がそれぞれ持てるようになります。

老後の建て替えにもちょうどよい広さの家といえます。

パントリー収納と小屋裏収納のある平屋の間取り図

参考のプランは30坪の小屋裏収納のある平屋の間取り図です。

敷地は南道路の想定で南玄関になります。

東道路や西道路での使用も可能です。

間取り図はリビングダイニングとベッドルームが3室の
3LDKのプランになっています。

リビングダイニングキッチンは18畳で南の庭に面しています。

リビングからもダイニングからも大きな掃き出し窓から
庭に出入りできるので平屋の戸建てのよさを楽しむことができます。

リビングダイニングの天井は屋根なりに高くなっており、
モダンなインテリアを演出しています。

キッチンは対面式で広いバックカウンター収納と
キッチン横の1.5畳の広いパントリー収納で収納量も豊富です。

キッチンに近い場所には洗面脱衣室とトイレの水回りがあります。

洋室6畳のうち1室がリビングに接して配置され、
引き戸はリビングに対してオープンに開放できるようになっています。

家族の成長に合わせて用途を変更できる部屋になります。

ベッドルームや趣味の部屋など多目的に変更可能です。

寝室は8畳でウォークインクロゼット3畳付で
南に6畳の洋室があります。

この二つの部屋からも行きやすいようにトイレは二箇所になっています。

平屋は2階に部屋がないので小屋裏に収納をつくることも可能で、
階段で上り下りのできる6畳の小屋裏収納を設けています。

階段で移動可能なので荷物の出し入れもハシゴに比べて楽になります。

平面形状もシンプルなので美しい外観と
耐震性の高い平屋の住宅の間取り図になります。

30坪のおしゃれな平屋の間取り図

参考のプランは30坪3LDKの平屋の間取り図です。

敷地は北道路で北玄関になっています。

西道路や東道路でも利用が可能です。

玄関ホールは奥に広い4畳のスペースで
幅の広いシューズボックスカウンターがあります。

リビングダイニングキッチンは20畳と広く、
南側に配置され、リビングにもダイニングにも大きな掃き出し窓があります。

ベッドルームは3室で8畳の部屋が2室と6畳の部屋が1室あります。

西側のベッドルーム近くには洗面脱衣室とバスルームが近く
使いやすい配置になります。

東側の8畳の部屋には専用の洗面室とトイレがあり
西側のバスルームからの距離を考慮しています。

30坪の小さな平屋の間取りの中ですから
寝室からトイレに行くまでリビングを経由することは
さほど長い距離ではありません。

しかしながら、他の2室に比べると遠いことから
その距離の不公平感を補うことができます。

また、専用の洗面台があることでホテルのような特別なスペースができます。

ひょさんとスペースに余裕があれば専用のバスルームもつけて
ホテルの一室のような演出ができるでしょう。

平屋は上の階がないので天井もリビングと個室
玄関ホールなど高くすることが可能です。

間取り図は長方形で屋根形状もシンプルであることから
雨漏りのリスクの少ない住宅になります。

また、平屋の住宅は風の影響や地震に対しての負荷も少なく、
災害に対しての強さも比較的にあるといえるでしょう。

ロフト収納とシューズクロークのある平屋の間取り図

参考のプランは30坪のロフト収納のある平屋の間取り図です。

西道路の想定で西玄関になっています。

間取り図はリビングを中心に4部屋のベッドルームがあります。

ベッドルームは 7畳が1室 6畳が1室 、4.5畳が2室で、
各部屋にクロゼットルームがあります。

各部屋はリビングを経由して入り口から入るようになっており、
家族のつながりを大切した間取り図になります。

リビングは天井が高くなっており、
ダイニングの上部は、ロフト収納になっています。

キッチンは対面式で各部屋の入り口やダイニング
リビングや外の景色が眺められる間取り図です。

ロフト収納へは廊下からの階段から上がるようになっており、
ハシゴではないため荷物をもって上りやすくなっています。

洗面脱衣室とバスルームへはキッチンから行きやすくなっっていて
家事動線もコンパクトにまとめられています。

玄関にはシューズクロークがあり、収納力も多く、
2畳の納戸や①1畳のロフト収納でゆとりのある収納量になっています。

間取り図は四角い安定した形状で屋根もシンプルになり、
美しい平屋の外観を作り出しています。

柱への負担も少なく、耐震性能の高いのも
平屋の特徴の一つです。

夫婦で住む3LDKの平屋の間取り図

参考のプランは26坪3LDKのロフト収納のある平屋の間取り図です。

ロフト収納へは階段で上り下りするので行きやすく、
12畳あるので収納するのにもゆとりのある広さです。

26坪と小さ目の延べ床面積ですが、
3LDKと夫婦で住むのに丁度良い広さの平屋の間取りです。

ベッドルームは2室で各部屋は6畳で夫婦それぞれの個室に割り当てます。

LDKに面した洋室は普段は引き戸を開放して使い、
ゲストルームとして利用することもできます。

ペット専用の部屋にするのでも趣味の部屋に
自宅の中にオフィスをつくるのにも使用できます。

リビングとダイニングは南の庭に面しており、
天井も屋根なりに高くて広々として明るい部屋です。

掃き出し窓の外には広いデッキテラスもあり、
テーブルや椅子などを外に出してくつろぐことも可能です。

キッチンは対面式でオープンになっており、
リビングとダイニングを見渡すことが可能です。

キッチンの横には1畳のパントリー収納があり収納も豊富です。

洗面脱衣室と浴室はキッチンそばにあり、
家事動線をコンパクトにしています。

東のベッドルームのトイレのそばにも洗面があり、
利便性を高めています。

間取りの形状も長方形でシンプルであることから
屋根形状も美しい外観の平屋の間取りになります。

学習コーナーのある30坪3LDKの平屋の間取り図

参考のプランは30坪3LDKの平屋の住宅の間取り図です。

敷地は東道路の想定で東玄関の間取りになります。

玄関ホールは奥に広く4畳ほどの広さになります。

シューズクリークが1.5畳でカウンター式の下足箱もあります。

廊下付近にクロゼットや収納が2畳分ほどあります。

玄関付近に和室6畳のスペースがあり、押入れと床の間があります。

和室は玄関からの出入りと、リビングに接しているので、
リビング側からの出入りも可能になります。

リビング側の襖を開放することで、リビングと一体化することもできます。

リビングダイニングは21畳で、キッチンは対面式です。

キッチンはバックカウンター収納も広く、
パントリー収納は1畳の広さのスペースがキッチン脇にあります。

リビングには作りつけのカウンターの学習コーナーがあります。

ベッドルームは東側に6畳が2室あり、各部屋にクロゼットがあります。

洗面室と脱衣室は別なスペースになり、
洗面台はトイレからも近く使いやすい配置計画になっています。

間取りは四角いプランで屋根形状もシンプルにできることから、
外観の美しい平屋の住宅にすることができます。

平屋の住宅は2階部分がないので構造的な負担2階建てより少なく
耐震的にも有利な建物になります。

光が足りない場合は天窓で補うことができ、
インテリア的に広く見せたい場合は天井を屋根なりに高くすることができます。

収納が少ない場合はロフト収納を小屋裏につくることができます。

細長い敷地に建つ4ldkの平屋の間取り図

参考のプランは31坪4LDKの細長い敷地に建つ平屋の間取り図です。

敷地は北道路で短冊状に細長い北道路になっています。

間取り図はリビングを中心に南北にベッドルームを配置しています。

玄関は北側で駐車場も道路のある北側になります。

玄関ホールはコンパクトな広さですが
カウンター式の下足箱と土間収納があり、収納量を確保しています。

北側には8畳の寝室があり2畳のクロゼットつきです。

窓は道路側と東側になります。

リビングダイニングキッチンは17畳で対面式のオープンなキッチンになっています。

リビングの横には3畳の広い納戸があり、
リビングをすっきり片つけられるように工夫されています。

ダイニングとリビングの間には光を確保するために天窓があります。

天井は屋根なりに高く勾配天井にしてあり、
天窓は天井の高部分に配置されています。

光が降り注いでくるような配置です。

南側には5畳と6畳のベッドルームが3室あります。

各部屋にはクロゼットがあります。

LDKと南のベッドルームの間には洗面脱衣室と浴室、
トイレなどの水周りが配置されています。

バスルームは1.25坪の洗い場の広いユニットバスになっています。

洗面室にも収納がある広い間取り図になっています。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村