37坪3LDK仏間のある平屋の間取り

参考のプランは37坪3LDKの平屋の間取りです。
北道路の想定ですが東道路や西道路でも使用可能です。

玄関ホールは奥行きが広い4畳
シューズボックス以外にシューズクロークが2畳あるので
ベビーカーやスポーツ用品が収納可能

洗面が玄関近くに幅広で配置
トイレが1畳、脱衣室ランドリーが2畳、浴室が1坪タイプ
廊下には物入れが2畳分あります。

リビングダイニングキッチンは19畳で対面キッチン
キッチンには3畳のパントリースペース
パントリーからはランドリースペースへ抜けられます。
家事動線のメリットがあります。

リビングダイニングに続き間で12畳の大きな畳部屋
仏間としての利用が可能で
多い人数での法事が可能になります。

東窓のある寝室8畳が2室
各部屋にはウォークインクロゼットがあります。

平屋は上に部屋がないのでリビングダイニングの天井を高くして
寝室丈夫に小屋裏部屋を作ることも可能です。

31坪4LDK平屋の間取り図

参考のプランは31坪4LDKの平屋の間取り図です。
東道路の想定ですが、北道路や西道路でも使用が可能です。

玄関ホールは小さめですがシューズクロークが1.5畳
シューズボックスもあるので収納量が大

和室の4.5畳が客間として独立。

リビングダイニングは18畳で対面キッチン
キッチンには2畳のパントリー収納があります。

バックカウンター収納も十分にあり、
キッチンには勝手口もあるのでゴミだしの家事動線もあります。

寝室は8畳でウォークインクロゼット付き
洋室4.8畳と洋室6畳もあって個室に割り振れます。

洗面脱衣室は2.5畳ユニットバスが1坪
トイレは1畳が1か所あります。

平屋は二階に部屋がないので
小屋裏収納、ロフト収納が設けられます。

35坪4LDK東西に長い平屋の間取り

参考のプランは35坪4LDKの平屋の間取りです。
南玄関で南道路の想定ですが、東道路や西道路でも利用可能です。

玄関ホールは4畳でシューズクロークとシューズボックスで収納大
リビングダイニングキッチンは20畳で対面キッチンから庭が見える。

キッチンはバックカウンター以外にもパントリー収納。
リビングに面して6畳の和室、床の間と1畳の押入れ付き

東には寝室8畳ウォークインクロゼット3畳
南には6畳の洋室が2室、各クロゼット付き

洗面脱衣室は3畳と大きめで収納が置けます。
トイレは1畳で寝室や個室付近で便利。

廊下には共用の物入れがあります。

東西に長く光の入りやすい平屋の間取りで
長方形で構造的にも安定した形。

平屋の間取りは二階がないので、天井も高くできるし
小屋裏収納を作って、収納を拡大できる。

23坪2LDK中庭のある平屋の間取り

参考のプランは23坪2LDKの中庭のある平屋の間取りです。
北道路の想定ですが東道路や西道路でも使用可能です。

玄関を入ると南に4.5畳の中庭がすぐ見えて
明るく開放的な間取り、インパクトのあるプランになっています。

中庭はデッキになっていて中心に植樹されています。
この中庭はリビングからも見えるようになっています。

玄関ホールにはシューズボックスのほかに2畳の土間収納
東側には6畳の洋室が2室と各1畳のクロゼットがあります。

リビングダイニングキッチンは20畳で
中庭に解放されているのでさらに広く感じます。

キッチンは対面式のキッチンで
洗面室と脱衣室が分かれています。
洗濯スペースにはキッチンから行きやすい距離の
家事動線に考慮した間取りになります。

リビングの北には2畳のクロゼット付き

平屋は2階に部屋がないのでリビングの天井を高くしたり
洋室の上に小屋裏収納を設けて収納力をアップすることも可能です。

27坪3LDKシューズクロークのある平屋の間取り

参考のプランは27坪3LDKの平屋の間取りです。
南道路の想定ですが、東道路や西道路でも使用可能です。

建物は南窓など日当たりを重視した配置
コンパクトながらファミリーで住めるローコストプランです。

建物は安定した四角形で屋根もシンプルになるので
雨漏りのしにくい形状の家が建ちます。

玄関ホールは3畳、シューズクロークは下足入れ以外に
3畳の大きなスペースを持っています。

ベビーカーやスポーツ用品など靴以外にも様々な用途があります。

リビングダイニングキッチンは18畳で対面キッチン
すべて部屋にはリビングを通っていくプランです。

家族のコミュニケーションが大事にできるプランです。

東側に寝室8畳ウォークインクロゼット付き
6畳の洋室にも1.5畳のウォークインクロゼットがあります。

和室はリビングに引き戸で解放できる間取り

トイレ洗面バスは1つにまとめられて
キッチンから行きやすい場所に配置されています。

35坪4LDKパントリー収納のある平屋の間取り

参考のプランは35坪4LDKの平屋の間取りです。
南道路の想定ですが東道路や西道路でも使用可能です。

玄関ホールは3.5畳シューズクローク2畳と
0.5畳のクロゼット収納があります。

東側には洋室6畳クロゼット1畳
寝室6畳ウォークインクロゼット2.5畳があります。

南の窓があるリビングダイニングキッチンは18畳
キッチンにはパントリー収納2畳があり
シューズクロークから通り抜けができます。

西側には洋室6畳が2室1畳のクロゼット付き
リビングを通っていく部屋なので子供部屋に最適です。

脱衣室が2畳ユニットバスが1坪タイプで
キッチンから近い場所に配置されています。

洗面室は2畳で独立タイプ、帰ってきてからすぐ使える位置に配置

トイレは1.25畳で、収納と手洗い付き
間接照明などでインテリアを作ります。

東西に横長なプランではいたりと風通しを重視しています。

30坪3LDK収納の多い平屋の間取り

参考のプランは30坪3LDKの平屋の間取りです。
南道路の想定ですが東道路や西道路でも利用可能です。

玄関ホールは4畳で土間収納が1畳とシューズボックス付き

突き当たりに和室6畳があって客間や書斎に利用できます。
和室には1畳の押入れ付きで布団が収納できます。

リビングダイニングキッチンは16畳
対面キッチンでオープンなプランであるのと
パントリー収納が1畳、リビング収納が壁面に2畳あります。

収納力がたっぷりなプランニングです。

洗面脱衣室は2畳浴室は2畳、
洗面脱衣室の脇にクロゼットが2畳あって
着替えなどが収納できる間取りになっています。

洗面脱衣室やファミリークロゼットはキッチンから近く
家事動線にも配慮した計画になっています。

廊下にはもの入れが1畳

寝室は東窓で8畳のスペースに3畳のウォークインクロゼット付き
洋室6畳は南と東窓で明るく、1畳のクロゼットがあります。

東西に長い長方形の間取りで
構造的にも安定した形状

平屋は二階がないので天井を高くしたり
小屋裏収納を設けてさらに収納量を増やすことも可能です。

35坪4LDK和ダイニングの平屋の間取り

参考のプランは35坪4LDKの平屋の間取りです。
北道路の想定ですが、東道路や西道路の敷地でも使用が可能です。

玄関ホールは3畳と標準タイプ、トイレ1畳
洗面脱衣室は2畳、浴室も2畳、水周りは1箇所にまとめられ
キッチンに近い場所に配置されています。

LDKは南からの光が入る位置に中央に配置
キッチンは対面キッチンで、和ダイニングの仕様です。

リビングもダイニングも南に窓があって明るいプラン
キッチンには1.5畳のパントリー収納もあります。

東側には洋室6畳、収納1.5畳付きが独立して配置
リビングを通って東に6畳の洋室、収納1.5畳付き

西側には南に洋室6畳クロゼット収納1畳
南西には寝室8畳があり、2畳のウォークインクロゼット付き

西側にもトイレがあり、二箇所のトイレで便利です。

共用の納戸が3畳あるので家族のものも収納できます。

平屋は小屋裏を収納に出来るのでさらに収納量を増やすことが可能です。

30坪南向きの部屋の多い平屋の間取り

参考のプランは30坪4LDKの平屋の間取りです。
北道路で北玄関の設定ですが、
東道路や西道路の敷地でお利用可能な間取りになります。

玄関ホールは3畳、天井まであるシューズボックス付き
リビングダイニングキッチンは16畳で対面キッチン
南に4.5畳の和室と押入れ付きで
リビングに引き戸で解放できるようになっていて
一体化して広く使えるようになっています。

寝室は8畳で1畳のクロゼット付き
洗面脱衣室から廊下から使えるファミリークロゼットが3畳
洗面脱衣室が2畳、お風呂が2畳
トイレは1畳で1か所あります。

洋室6畳は2室あって南側に窓のある位置に配置
明るく健康的な部屋になります。

寝室以外の個室は3室南向きの部屋がある間取りです。

部屋数も4部屋あるので家族で住むことのできる平屋です。

2階に部屋がないので、屋根裏に収納を設けることも可能
リビングダイニングの天井を高くしたり
寝室にロフトを作ったり、
洋室をロフト付きの部屋にアレンジもできます。

27坪3LDK書斎コーナーのある平屋の間取り

参考のプランは27坪3LDKの平屋の間取りです。
南道路の想定ですが、西道路や東道路でも使用可能です。

玄関ホールは奥行があって4畳ぐらい
シューズボックスのほかに土間収納、シューズクロークがあります。

西側には独立した6畳の和室半畳の押入れ
洗面脱衣室が2畳ユニットバス、浴室は2畳

トイレは1畳で廊下には物入れ付き

リビングダイニングキッチンは19畳
書斎コーナー2畳を加えると21畳と大きめ

キッチンは対面キッチンで、広いバックカウンター収納と
1畳のパントリー収納付き

東側には洋室6畳、クロゼット1畳の部屋が二室
合計三部屋あるので3人家族や4人家族が住めます。

例えば和室に夫婦が寝て、東側の部屋は子供部屋

子供が独立したらそれぞれの部屋を寝室にして
和室をゲストルームにする入れ替えもありです。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。

最近の投稿

アーカイブ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士

ブックマーク

ブログランキング
PVランキング

平屋住宅 ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村
  • SEOブログパーツ