42坪5LDKアイランドキッチンの平屋の間取り

参考のプランは42坪5LDKの平屋の間取りです。
北道路の想定ですが東道路や西道路の敷地でも使用可能です。

玄関ホールは3畳、シューズクロークが3畳あります。
南の明るい場所にリビングダイニングキッチンが24畳
キッチンはアイランドキッチンで開放的

リビングに面して和室6畳が引き戸で解放されます。

東に寝室10畳があります。ウォークインクロゼットは4.5畳
廊下からも共有して使える間取りで
ファミリークロゼットの役割です。

西側には洋室6畳が3室あって各1畳のクロゼット付き

北側には洗面脱衣室とユニットバス1坪
洗面脱衣室には2畳のクロゼット付き

トイレは1.5畳で手洗い収納付きです。

平屋の間取りは上の階がないので
天井も高くすることが可能です。

小屋裏収納、屋根裏部屋も作ることも可能です。

33坪中庭のある平屋の間取り

参考のプランは33坪3LDK平屋の間取りです。
南道路の想定ですが東道路でも西道路でも使用可能。

中庭のある平屋の間取りで、
リビングダイニング、洋室、玄関でデッキ庭を挟んでいます。

玄関ホールは大きく、自転車を中に入れることが可能
シューズクロークもあって収納量もあります。

リビングダイニングキッチンはリビングの天井が高く
中庭にも窓があるので広く見えます。

対面キッチンの脇には家事コーナーがあって
主婦のためのスペースになっています。
家事コーナー脇にはパントリー収納が2畳あります。

和室はLDKに引き戸で解放されるので
茶の間やくつろぐスペース、書斎
学習コーナーやプレイルームにも変えられます。

洗面脱衣室は2畳ユニットバスが1坪タイプ。

洋室6畳と寝室8畳は東窓でさわやかな光
ウォークインクロゼット3畳を共有しています。
トイレは1畳で1か所配置されています。

家族でも夫婦だけでも住める家族向けの平屋の間取りです。

中庭付きでおしゃれな間取りになっています。

26坪3LDKの続き間のある平屋の間取り

参考のプランは26坪3LDKの平屋の間取りです。
南道路の想定ですが、東道路でも西道路でも使用可能です。

南玄関で奥行のある玄関ホール4畳には物入れつき

東側には和室が6畳二室で続き間になっています。
奥の部屋には仏間があります。

リビングダイニングキッチンは18畳で対面キッチンで
オープンなプランになっています。

キッチンは幅の広いバックカウンター収納と
パントリーもあります。

キッチンのそばには洗面脱衣室3畳、ユニットバス1.25坪タイプ
キッチンから行きやすく家事動線がコンパクトに収まります。

リビングに引き戸で解放できるのは5.6畳の洋室
18畳のリビングと一体化することで
より開放的な間d利になります。

コンパクトながら夫婦二人で住むことができる間取りです。

39坪5LDKパントリー収納のある平屋の間取り

参考のプランは39坪5LDKの平屋の間取りです。
北道路の想定ですが東道路や西道路でも使用が可能です。

玄関ホールにはシューズクロークが2畳
リビングダイニングキッチンは19.5畳で
対面式のキッチンになっています。

キッチンにはバックカウンター収納以外にも
パントリー収納があり、収納量が大

リビングを通っていくような配置で
6畳の洋室が2室クロゼット付き

ウォークインクロゼット付きの洋室6畳も1室
東窓で明るい部屋になっています。

和室の8畳はリビングから行くような配置で
床の間と仏間がついているプランです。

寝室は8畳クロゼット付き

洗面脱衣室が2畳でユニットバスが1坪タイプ
トイレは2か所あって便利なプランです。

平屋の間取りは2階がないので
リビングを天井を高くすることも
小屋裏収納お自由に作ることができます。

34坪洗濯室とLDK

参考のプランは34坪4LDKの平屋の間取りです。
大きさは34坪と普通の2階建てと同じくらい。

東道路の想定ですが南道路でも北道路でも使用可能です。

玄関ホールにはシューズボックスとシューズクローク
南に和室8畳と6畳の続き間があります。

8畳の和室のほうに仏間が設計されています。

リビングダイニングはキッチン近くに配置
洗面脱衣室は3畳と物干しが充実

寝室は北側に配置8畳でウォークインクロゼット

洋室6畳のほうは小さくたくさん入る

平屋は上には屋がないので天井を高くすることができる
小屋裏収納ももう得ることができるので

収納量やデザインをじっくり検討することができる。

部屋数多いので家族で住むことのできる大きさです。

31坪パントリー収納のある平屋の間取り

参考のプランは31坪3LDKの平屋の間取りです。
南道路の想定ですが、西道路や東道路での使用も可能です。

玄関ホールは3畳シューズクロークが1.5畳
リビングダイニングキッチンは20畳で
キッチンは対面式でバックカウンター収納も広く
パントリー収納も3畳と十分な広さになります。

リビングにもリビング収納が1.5畳あって便利です。

リビングダイニングに接して和室の6畳があり
床の間押入れ付きで引き戸でLDKに解放できる間取りになります。

寝室は8畳で東向きの窓があり
ウォークインクロゼット畳付きで収納量も大

洋室6畳は南と東の窓で明るい部屋です。
クロゼットは1畳付きです。

洗面脱衣は2畳、ユニットバスは1坪タイプ
トイレは1箇所配置されています。

東西に長いプランですが長方形で構造的にも安定
無理のない形でコストへの配慮押されています。

平屋は上の階がないので屋根裏部屋や
天井の高い部屋も自由に作ることができるので
楽しい家にすることもできます。

少人数の家として夫婦二人の家に人気が平屋の間取りです。

29坪3LDKサンルームのある平屋の間取り

参考のプランは29坪3LDKの平屋の間取りです。
南道路の想定ですが、西道路や東道路でも使用可能です。

玄関ホールにはシューズボックスと土間収納が1畳
リビングダイニングは対面キッチンで18畳、南窓付き

寝室は東窓付きで8畳、ウォークインクロゼット2.5畳
洋室は6畳で南窓東窓があり明るい部屋
1.5畳のウォークインクロゼット付き

和室は西側に6畳で押入れ1畳、
ゲストルームや書斎、家事室に使用できます。

洗面室と脱衣室は分かれ、
南にはサンルームがあることで室内星をすることができます。

3LDKの間取りで夫婦二人で暮らすには十分な大きさ
部屋数も3部屋あるので親子で住むことも可能です。

家族で暮らすことができる平屋の間取りは
階段がないため29坪のコンパクトな大きさに収まり
コストをかけずに建築が可能です。

平屋のメリットは2階に部屋がないので
小屋裏収納を作ることもできるし
リビングダイニングや寝室の天井を高くして
インテリアを広く開放的にすることができます。

30坪4LDKアイランドキッチンの平屋の間取り

参考のプランは30坪3LDKの南玄関の間取りです。
間取りは南道路の想定ですが、東道路や西道路の敷地にも使用可能。

玄関ホールは3畳とコンパクト
和室6畳は独立した部屋で、ゲストルームに使用可能

リビングダイニングキッチンは18.5畳
対面キッチンでアイランドキッチンのプランになります。

洋室はリビングを通っていく間取りで
リビングを介して各部屋へつながっていきます。

洋室は6畳クロゼット付きが2室
寝室は8畳でウォークインクロゼット付き。

キッチンから近い場所に洗面脱衣とユニットバスを配置

4LDKの間取りなので家族でも十分に住める大きさと部屋数
子供二人と親の同居なども可能になる
今の住宅に必要な機能を備えた平屋建てになります。

25坪2LDK一人暮らしの平屋の間取り

参考のプランは25坪2LDKの平屋の間取りです。
西道路の想定ですが、北道路でも南道路でも使用可能な間取りです。

玄関ホールは3畳で西向き
玄関からすぐの場所に南向きの6畳の和室があります。

和室は押入れ1畳と床の間1畳でリビングにも隣接しています。
多目的なスペースで寝室にもなるし、
リビングの一角として茶の間に使うこともできます。

リビングダイニングキッチンは20畳で南窓のある明るい部屋
対面キッチンでオープンに見えることで広く感じさせます。

寝室は7.5畳でウォークインクロゼットが3畳
トイレや洗面脱衣に近い場所に配置されています。

キッチンの北側で洗面脱衣室の間には1.5畳の物入れ
納戸として様々なものを収納できる便利なスペース。

建物は長方形で構造的にも安定しており、
二階に部屋がないのでリビングや寝室の天井は高くすることができます。

和室の上はロフト収納、小屋裏収納として使うこともできます。

部屋数は2室ですが、夫婦二人や一人暮らし
子供との3人暮らしも可能な間取りです。

27坪3LDK老後の一人暮らしのための平屋の間取り

参考のプランは27坪3LDKの平屋の間取りです。
南玄関で南道路の想定ですが、西道路や東道路でも利用可能です。

玄関ホールは4畳と広くシューズクローク付き
クロゼットもあるのでコートなども収納可能
玄関ドアは引違で和風のたたずまいです。

玄関の東に20畳の広々としたリビングダイニングキッチン
キッチンには2畳の大きなパントリー収納付きです。

洗面室と脱衣室は分かれて配置ユニットバスは1坪タイプ

和室は6畳の部屋が2室、そのうちの1室は仏間
和室は続き間になるような配置計画で

明るい部屋のほうが寝室と使うイメージです。

書斎は小ぶりで2畳、趣味の部屋に使うことができます。

3LDKのコンパクトなプランなので老後の一人暮らしに最適
部屋数も2室あるので老夫婦で住むのにも十分な大きさ

年齢の高い夫婦の場合どちらかが体を壊すこともあるので
二階に部屋があるより窓からもベッドが入れる
南窓があるのが理想的です。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。

最近の投稿

アーカイブ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士

ブックマーク

ブログランキング
PVランキング

平屋住宅 ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村
  • SEOブログパーツ