23坪2LDK階段で上がるロフト収納のある平屋の間取り

参考のプランは23坪2LDKの平屋の間取りです。
二人暮らしか3人ぐらいの家族を想定して作られています。

平屋部分は通常の二階建ての1階部分くらいの大きさで
コンパクトに抑えることにより面積を抑えています。

ダイニングキッチンの上部に階段で行けるロフト収納があり。
収納量を飛躍的に大きくすることに成功しています。

平屋ですから2階部分はないため収納を増やすことができたのです。
屋根裏を活用していることで、材料代は
床材と内装のボードが少し増えるだけ
コストアップは骨組みに影響しません。

23坪とコンパクトな大きさなので
夫婦と子供とが暮らしていけるのには十分な広さで

南に庭のある明るい平屋の風景が描けるでしょう。

間取りは長方形で安定した形状なので
構造的にも強く、平屋の間取りは上の階に重いものが乗らないので
安定した強さを発揮できるのも良いところです。

屋根形状もシンプルな形にすることで
雨漏りのリスクはほぼなくなるのも、
長方形の平屋の間取りの安全なところです。

32坪4LDKのリビングとダイニングの別室の平屋の間取り

参考の間取りは32坪4LDKの平屋の間取りです。
北道路の想定で北玄関になっていますが東玄関でも使用可能です。

リビングとダイニングが別の部屋になっているタイプで、
ダイニングで食事中でも、ダイニングで勉強中でも
リビングでテレビを見て笑っていられるという
居場所を分けられるタイプの間取りになります。

家族の居場所というのは個室だけではありませんから
個室がそれぞれに与えられていてもリビングや
ダイニングにずっといるものです。

それでも、同じテレビ番組や映画を見るとは限りませんから
今のような場所も二か所に分かれているのも便利な場合もあるのです。

平屋の間取りでは各個室も同じ階にあるので
共用スペースから行きやすく
移動距離が短くなるので家族のコミュニけーしょんは
そんなには希薄にならないことでしょう。

洗面脱衣室は3畳と広く収納が置ける程度
さらにクロゼット付きで収納量が負おうなっています。

寝室には3畳のウォークインクロゼットがあるので
布団や衣類なども十分に収納できるでしょう。

延べ床面積も32坪と大きすぎずコストバランスを考えられた
建築しやすい平屋の間取りになります。

長方形で形状も安定しているので
構造的にも強い建物になるでしょう。

25坪2LDK二人で住む平屋の間取り

参考の間取りは25坪2LDKの平屋の間取りです。

東道路の想定で東玄関になっています。

北道路や南道路での使用も可能です。

玄関ホールは3畳シューズボックスと土間収納があり
収納量も豊富にあります。

リビングダイニングキッチンは18畳で
対面キッチンで広々としたスペースになっています。

リビングに面して解放のできる洋室7.5畳は
ウォークインクロゼット3畳付きで寝室に利用できます。

和室6畳は独立タイプで押入れ付き
客間にも寝室にも利用できます。

2室プラスLDKなので二人暮らしや一人暮らしの平屋に最適で
物を増やさないシンプルライフに適しています。

キッチン脇にはパントリー収納になる物入れ、
洗面脱衣室と浴室もキッチンから行きやすいように
引き戸で仕切られて近くに配置されています。

トイレはカウンター収納付きで1か所

収納が少ない場合は小屋裏収納を利用するのもよいでしょう。

大きさも25坪と小さいので面積も小さく
ローコスト住宅にできる間取りです。

間取りは長方形でシンプルなため、
屋根形状も簡単にすることができるので雨漏りのリスクも軽減され江
構造的にも平屋なので安全で安定したつくりになります。

24坪2LDK個室重視の平屋の間取り

参考のプランは24坪2LDKの平屋の間取りです。
東道路の想定で東玄関になっています。

南道路や北道路で使用することも可能です。

南側に個室を配置して、
東から光を取り入れる位置にLDKを配置する間取りで
個室に南の光を入れて光重視です。

リビングは夜に主に使うか朝日が入ればよいという考え方
道路側の東が開放されているから光は十分取れます。

天窓などを利用すれば平屋なので
上からの光で南の光を入れることができます。

キッチンは対面式で開放的になっており、
洗面脱衣室はキッチンから行きやすい位置に配置されています。

手洗いとトイレなどの水周りは
個室からもすぐ行ける配置計画で便利です。

共用の物入れは廊下から利用できます。

玄関ホールにはシューズクロークもあり、収納量が豊富です。

平屋は上の部屋がないので
天井は屋根なりに高くすることができるので
リビングダイニングや各部屋はインテリアを
お好みで作ることができます。

28坪3LDK正方形の平屋の間取り

参考のプランは28坪3LDKの平屋の間取りです。
北道路の想定で北玄関で、東道路や西道路でも使用可能です。

今回の平屋の間取りはコンパクトながら3LDKのプランを実現し
各部屋に光の入る窓をつけるプランニングをしています。

そのため洗面脱衣や浴室を中央に配置する
センターコアの間取りにしています。

トイレだけ外気に接する面に配置して換気するようにしていますが
洗面とお風呂はマンションと同様に換気扇や
浴室暖房乾燥機とうでの空調システムになります。

リビングは広めに20畳の広さで対面式キッチン
リビングに面して4.5畳の和室を配置して
引き戸を開くとオープンになってつながる配置計画にしています。

そのため、和室が使わない部屋になってしまうことがなく
リビングといっしょに利用する茶の間や
子供の遊び場、ゲストルームにも使用することができます。

客間として利用できるように廊下からの入り口もつくり
リビングと仕切ることで独立した部屋にすることもできます。

こども部屋の想定の部屋は南と東から光を取り入れ
寝室は8畳でウォークインクロゼット付

共用の物入れも廊下から確保しています。

20坪2LDKロフト収納のある平屋間取り図

参考のプランは20坪のコンパクトな平屋の間取りです。
南道路の想定で南玄関ですが、東道路でも利用可能です。

収納はロフト収納が13畳あり廊下から階段で上がれるように
コンパクトな延べ床面積ながら収納量を確保しています。

リビングダイニングは少し天井を高くできるように
上にロフトを載せないでプランニングしてあります。

リビングダイニングは14畳とコンパクトで最小限
キッチンは対面式で広いバックカウンター収納と
キッチン脇に物入れがたくさんあるので収納豊富。

個室は6畳が2室で、各部屋にクロゼット付
二人住まいがちゅ度よいくらいだと思います。

音がリビングに漏れないように
洗濯やトイレはドアを二枚挟むような位置に配置
洗面脱衣室にはクロゼット収納も付いています。

トイレもカウンター収納があるので
トイレ単体で収納できる工夫がされています。

20坪とローコストな住宅の平屋の間取りですが、
収納量を確保した間取りになっています。

30坪3LDK書斎コーナーのある平屋の間取り

参考のプランは30坪3LDKの書斎コーナーのある間取りです。
南道路の想定で南玄関ですが、東道路や西道路でも使用可能です。

リビングダイニングキッチンは20畳と広く
平屋なので天井を屋根なりに高くしてインテリアを作ることができます。

キッチン脇にはパントリー収納があり、
バックカウンター収納も広く収納量が大です。

ダイニングの一角にはカウンター付で
家事コーナー、書斎コーナー、学習コナーに利用できます。

玄関ホールは4畳、シューズボックスと
シューズクロークで収納量が多く片つけやすい間取り。

東側には個室が2室、1室は6畳でクロゼット1畳、
南窓と東窓で明るい間取りになり子供部屋向け。

寝室は8畳でウォークインクロゼット2畳付き
東と北窓で東から朝日の入る間取りになります。

洗面脱衣所は広く3畳でカウンターの広い洗面台です。
浴室は1坪タイプのユニットバス。

トイレはカウンター手洗いで収納になり
広くゆったりした間取りです。

トイレは多くの時間をすごし1日でも使用回数の多い部屋。
インテリアも広さも設備のグレードも
ある程度グレードをアップすれば、
快適な日常を過ごすことができるでしょう。

収納が少ない場合は小屋裏収納、屋根裏収納を作ることが可能です。

36坪4LDKピアノが置ける広いリビングの平屋の間取り

参考のプランは36坪4LDKの平屋の間取りです。
南道路の想定で南玄関になります。
東道路や西道路での利用も可能です。

リビングダイニングキッチンはリビングとダイニングを仕切るタイプ
リビングに来客中でもダイニングで食事をすることができます。

リビングは広めでソファーの他に
ピアノを置くスペースを確保しています。

リビングは畳コーナーが4.5畳
茶の間やゲストルームに利用できます。

子供の遊び場にしても良いでしょう。

東側には洋室6畳が三室、各部屋にはクロゼット付き
各部屋へはリビングやダイニングを経由するので
家族のコミュニケーションを重視したプランです。

脱衣所は3畳でチェストなどの衣類収納を置くことができます。
洗面室は独立してあり、脱衣所と分けて配置

トイレは手洗いつきなので洗面室を利用時でも問題なく
トイレで手洗いすることができます。

玄関ホールには大き目の土間収納と
シューズボックスがあり収納量も豊富です。

平屋は上の階がないので各部屋で天井を高くすることができます。

28坪3LDKの平屋のローコスト住宅

参考のプランは28坪3LDKの平屋の間取りです。
玄関ホールは北側、北玄関で北道路の想定です。

28畳とコンパクトな間取りながら部屋数を確保している
ローコストで建築が可能な平屋の住宅になります。

間取りは3LDKで家族で住むことのできる部屋数。
子供部屋の想定の6畳の部屋が南側に二部屋

8畳の洋室はウォークインクロゼット3畳付で
東窓のある北東側に配置されています。

リビングダイニングキッチンは16畳で対面式、
洗面脱衣室2条がキッチンそばにあり浴室がつながります。

家事動線もコンパクトで作業のしやすい間取りです。

納戸的な物入れが2.5畳あって収納力も十分です。

足りない場合は小屋裏収納などで補います。

形状も正方形で構造的にも安定しています。
屋根の形状もシンプルで雨漏りのしない間取りになります。

40坪6LDK二世帯で住む平屋の間取り

参考のプランは40坪6LDK二世帯で住むことのできる平屋の間取りです。
南道路の想定で南玄関ですが、東道路や西道路でも使用が可能です。

玄関ホールは3畳シューズボックスの他に
土間収納1畳と、コートかけのクロゼットがあります。

玄関はいってすぐに客間になる和室があります。
和室はリビングにも開放できるので
多目的な部屋として利用できます。

東側には寝室8畳が2室
そのうちの1室を親世帯の寝室にするか
両方の寝室を親世帯の寝室にしてもでしょう。

リビングダイニングキッチンが18畳で
対面式キッチンでオープンになっている間取りです。

リビングの西に個室が3室で子供部屋の想定です。
そのうち1室は書斎に利用する予定。

洗面脱衣室はリビングと寝室の間に配置
脱衣室にファミリークロゼットが隣接し
下着などの洋服とタオルなどを収納するリネン庫の役割になります。

トイレは2箇所で混雑しないように洗面台も二箇所になります。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

アーカイブ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村

平屋住宅 ブログランキングへ
PVランキング
  • SEOブログパーツ