中庭から各部屋に光を取り入れる住宅の間取り図

今回紹介する間取りは33坪3 LDK の中庭のある平屋の間取りです。

玄関ホールを入るとシューズクロークとカウンター式の下足箱があります。

玄関の正面には窓があって奥行きの深い中庭があります。

この中庭はダイニングの南側に配置されており、
ダイニングの方に光を入れるためにあります。

その中庭に対して寝室8畳にも光を入れることができます。

通常だと西側からしか窓が取れないところを
東から光を入れるといったことができています。

そしてリビングの方から廊下を通って各部屋に行きますが
その廊下の所にも光を入れるといったことができます。

ですのでいろいろな場所が光で明るくなり、
開放的な空間を得ることができます。

外側に向けて窓を取るのではなくて、
内側に向けて窓を取るといったことができています。

玄関から北側に入っていくと広いトイレがあります。

カウンター付手洗器があり下が収納になってるような
ゆとりがあって広いのでゆっくりすることができます。

洗面脱衣室は2.5畳で浴室の方は一坪タイプの2畳です。

ダイニングは12畳でリビングとそれぞれ別々に独立しています。

キッチンの方はパントリー収納が2.5畳で収納量も豊富になっています。

リビングの方はダイニングと別にして、場所が分けられてます。

南の方に窓が取られていて、広さは8畳です。

リビングの西側の方には納戸と子供部屋の想定の洋室6畳が2部屋あります。

その内の一部屋にはウォークインクローゼットが付いてます。

洋室6畳は南の方に窓があるので明るい部屋になっています。

そして寝室の方は8畳の部屋にウォークインクローゼットが2.5畳あり
そして東側に玄関から見た中庭、ダイニングから見た中庭の方に対して
東に窓が取ってあって奥行きと明るさを感じることができます。

今回のは間取りのポイントは中庭を設けることによって
西側の奥に配置されている場所や廊下の部分に
明るい光を取り込むことができています。

そんなに大きなスペースでありませんけれども
各部屋が十分に広くなるような工夫がされています。

そして洗面の方も広く余裕があります。

延べ床面積も33坪と広くないので価格も抑えられます。

アイランドキッチンの平屋の間取り図。学習コーナーカウンター。

参考のプランは34坪4 LDK の平屋の間取りです。

西側の玄関から入っていくとシューズクロークが1.7畳の広さであります。
玄関の土間側とホールから2箇所から出入りできるような形になっています。

玄関から入ると洋室8.7畳があり、ウォークインクローゼットが3.7畳あります。

ウォークインクローゼットの中にはクローゼット収納と
小屋裏の収納に行く階段があります。

リビングダイニングキッチンの方に入って行くと23畳の広いスペースがあります。
リビングのスペースとダイニングのスペースは
南の庭の方に掃き出し窓で出ることができます。

リビングの一角に学習コーナーがあって作り付けのカウンターがあります。

長くそして広いカウンターがあります。

学習コーナーのすぐ横にはキッチンがあって
キッチンからすぐそばの学習コーナーを見ることができます。

お絵かきのスペースとか勉強のスペースや家事コーナーとしても使うことができます。

対面式のキッチンの方からはダイニングとリビングが見渡せる形になります。

ベッドルームは5畳ぐらいの広さそして各部屋にクローゼットがついています。
各部屋にはLDK を経由して各部屋に入ってきます。

トイレは子供部屋の方に一箇所と反対の西側にも一箇所で合計2箇所あります。

洗面と脱衣室は別々の部屋になっていて、
洗面室のカウンターは幅広で鏡も広く、光も入るようになっています。

トイレの方は中でゆっくりと休めるようにカウンター式の収納と手洗いがあります。

脱衣室の方には収納が置ける広さで使いやすく
奥の方に浴室があります。

7畳の部屋のウォークインクローゼットから階段で登っていくと
小屋裏に収納が11畳の広さであります。

こちらは階段に登って行くのでいろんなものをしてしまっておくことができます。

1階の各部屋には収納がありますが、これだけだと足りない感じになってますので
納戸の用途で使うロフト収納が付いています。
間取りの形状は長方形でシンプルなので屋根の形状も単純でシンプルなものになってきます。
ゲリラ豪雨とか台風など記録的な雨量を観測することが多くなってきましたので、シンプルな屋根形状の方が雨漏りのリスクが少なくなっていきます。

そういった災害等に強い間取りになっているのではないかと思います。

平屋ですので2階建ての建物よりも比較的風圧を受けにくいといった状態になりますです。

間取りの特徴としてはリビングを経て子供部屋に入っていくことや
学習コーナーがついていること
洗面脱衣室とが分かれていてトイレもゆっくり使える広さであること。

キッチンはアイランド型になっていますので
キッチンをぐるぐると回ってですね通り抜けていくことができます。

移動する時にも楽で複数の人数で料理するという時も便利です。

ファミリークロゼットと中庭のある平屋の間取り図

今回紹介して行くのは31坪の中庭のある平屋の間取りです。

玄関は南玄関になっています。

南の玄関からホールに入っていくと土間の途中で中庭4.5畳が見えてきます。

玄関ドアを開けて中を見ると庭が見えるのでインパクトがあります。

また平屋なので玄関ホールの天井を高くすることができて
より開放感があるようなスペースになります。

リビングに入っていくとリビングのスペースダイニングのスペース
そして中庭に面したあのラウンジの休憩スペースがあります。

場所が多数に分かれているのでダイニングとリビングでくつろぐ人や
ラウンジで座ってスマホや新聞を広げられるスペースになります。

洗面室も幅広くよりもゆとりがあって、落ち着けるスペースになっています。

トイレはカウンター収納もあり広めでゆとりがあります。
間接照明などでインテリアデザインしていくといった感じになります。

脱衣室は収納があって浴室の方にもキッチンから行きやすい間取りになっています。

そして脱衣室の方からファミリークローゼット3畳が使うことができます。

ファミリークローゼットの方に着替えとかを取りに行きやすいいう状態になっています。

各部屋のクローゼットとは別にファミリークロゼットにまとめていくようなイメージになっています。

ファミリークロゼットを広げたい場合は中庭を減らすか
ラウンジを少し狭くすることでこれを4.5畳に広げることができます。

子供部屋の想定の部屋は各部屋6畳で1畳のクローゼットがついてます。

そして寝室8畳にはウォークインクローゼット1.5畳があり、
広げることもできます。

寝室から中庭ができるように見えるにしてるのでウォークインクローゼットは
少し小さめになっているので大きくするということも可能です。

個室ベッドルームの方は全部東側に窓があって
気持ちの良い家になっています。

リビングの方は南に光を取り入れられているので快適なスペースになっています。

キッチンからも家事動線もコンパクトで
中庭を囲んで玄関とかリビングダイニングラウンジとか
各部屋に行く途中でも中庭が見えるので
インテリアを楽しむことができます。

また個性的なあのプランであるので
他の家と違った目線が楽しく面白い家になっていると思います。

平屋ですので天井も高くすることができます。
リビングダイニングも天井を高くすることができます 。

30坪3LDKのデッキ中庭のある平屋の間取り図

今回の間取りは30坪3LDKの中庭のある平屋のプランです。

間取りの特徴としては玄関ホールを入ってすぐ中庭が見えるということ
このデッキの中庭は目隠し壁があって外から見えないけれども
日当たりはあると言ったプライベートな中になっています。

リビングダイニングに入ると大きな窓があって
デッキの中庭が見えるようになっています。

子供部屋の想定のの洋室は2室あって、
両方とも2畳のクローゼットがあります。

そのうち一つの部屋は中庭に面して出ることができます。

寝室は東の方に8畳のスペースでクローゼットが3畳あります。

キッチン横にはパントリーもあります。

そしてキッチンは対面キッチンでリビングのテレビを見るような形になっています。

リビング収納もあってリビングが片付けられるといった感じになってます。

そして洗面室と脱衣室別れていてトイレが2畳で奥の方に浴室が2畳あります。

間取りは縦長になっていて中庭を囲むような形で作られています。

四人家族ぐらいの想定で収納量ですけれども
各部屋に二畳かそれ以上取ってあるので十分かとは思います。

若干足りないなと感じたり、
家族が増えてくると時には小屋裏収納収納をどこか確保しておけば
さらに収納の量は多くなってくると思います。

平屋の住宅は屋根の高いところを利用して収納スペースを作っていくということができま。

その時に階段を付けてあげた方が行きやすくなるので
階段で登れるような小屋裏収納がベストだと思います。

中庭は外部から見えにくいようになっているので外に出て
くつろぐのにちょうど良いスペースになります。

テーブルが置けるぐらいの大きなデッキになってるので
お天気の良い日はテーブルを出したりとかする使い方ができると思います。

キッチンの近くには家事室などの
使いやすい部屋があれば良いのですが
30坪に抑えるとなると難しいのかなといった感じです。

ファミリークロゼットのある平屋の間取り図

今回の間取りは29坪3 LDK の平屋の住宅のプランです.

東の方に洋室が3部屋あってそのうちの二部屋が将来的に仕切るタイプの部屋になっています.

子供部屋の想定で小さいうちは大きな部屋にしてこちらを寝室にする計画を考えています。

南の方の洋室は8畳で物入れが1.5畳ついています。

6畳の洋室の方はが後から仕切るという想定なのでドアが2箇所とクローゼットも2箇所付いています。

玄関ホールの方は3畳ほどの広さで、シューズクロークが1.5状の広さがあります。シューズクロークは玄関とホールと2箇所から出入りするような形になります。

リビングダイニングキッチンの方は18畳で対面式キッチンの方からリビングとダイニングを見渡すことができます。

キッチンから洗面脱衣室の方に出入りできてベッドルーム側からも出入りできるので便利な動線計画になります。

キッチンは背面の収納が広くて脇のパントリーの収納も確保されています。

洗面脱衣室のそばにはファミリークローゼットがあって収納力を増やしてあります。

そしてファミリークローゼットは各部屋の寝室からも行きやすい位置に配置されています。

全体の延べ床面積は29坪とそんなに広い間取りではないのですけれども子供が二人いる夫婦と普通の家族で住むような部屋数になっています。

また収納も各部屋にあり、ファミリークローゼットなどのまとまった収納も確保されています。

パントリーやリビングには壁面収納もあるので部屋の中を片付けることができて常時快適な空間ですごせるようになっています。

各部屋には収納がありますけれどもこれでも足りないという場合は小屋裏に収納を増やすことができます。

平屋なので上の階に部屋がないですから各部屋の天井を高くしたり、リビングの天井を屋根の勾配合わせて高くすることはできます。

インテリア的にも楽しいプランになっていきます。

比較的大きくなく、極端に小さめではない間取りですので家族でも住めます。

間取りの形は正方形に近い長方形になります。

そのため屋根の形もシンプルで台風やゲリラ豪雨などの集中豪雨に対する雨漏りのリスクもなくなってきます。

また、2階建てよりも壁の面積が少ないので風の影響を受けるのも少なくなります。

台風の時の風や災害に強い平屋の住宅になります。

土地の広さがあればそんなに面積も大きくありませんから2階建てと大差ないコストで建築が可能です。

少し基礎の面積とか屋根の面積の予算はかかるけれども、階段とか廊下などが少ない分、2階建てと比較したコストアップの差額も抑えられるでしょう。

外から見えない中庭のある平屋の間取り図。階段で登るロフト収納

平屋 間取り 中庭

参考のプランは30坪3LDKの中庭のある平屋の間取り図です。

敷地は東道路で東から中庭を経由して玄関に入ります。

リビングの南の庭と玄関の前庭を兼ねるスタイルになります。

東側の道路から内部は見えにくいようになっており
プライバシーの守られた庭になっています。

リビングダイニングキッチンは18畳の広さで
キッチンは対面式キッチンとなっておりリビングとダイニングが見渡せる形です。

玄関ホールは広く開放的で各部屋へ行けるようになっています。

南側には各ベッドルームがあり、明るい部屋になります。

寝室は8畳でウォークインクロゼットが3畳のスペースです。
ウォークインクロゼットの中にロフト収納へ上がる階段があります。

寝室の一角にはポットや水差しのおける収納カウンターがあります。
収納カウンター部分は間接照明で照らされます。

ロフト収納は屋根の高いところを利用して
小屋裏の収納が8畳の広いスペースが確保されています。

子供部屋の想定の洋室は6畳の部屋が2室あります。
各部屋にはクロゼットルームがあります。

洗面室と脱衣室は別になっており、
洗面台の幅も広くホテルのようなインテリアになっています。

脱衣室は収納も置ける広さになっています。

リビング収納のある平屋の間取り図

今回紹介していく間取りは33坪3 LDK のリビング収納のある平屋の間取りです。

特徴はリビングに対して5畳の広いリビング収納があります。
リビング収納は家に帰ってきてカバンと上着とか色んなもの入れて行くことができます。

玄関に入って左にシューズクローク3畳があります。

そしてリビングダイニングキッチンは20畳と広めで、
キッチンは対面式でパントリー収納があります。

そして東側に子供部屋の想定の洋室が6畳が2室あります。
洋室6畳には1畳のクローゼットが各部屋についています。

キッチンは背面の収納も広く、そして横にパントリー収納があります。
さらに収納量が多くなっています。

そして玄関のシューズクロークは入り口が2箇所あって、
玄関土間とのホールと両方から出入りすることができます。

そして西側に洋室8畳があります。
こちらは夫婦の寝室の想定ですクロゼットが二つあります。

洗面脱衣室が2.7畳で浴室が一坪タイプのものです。

トイレは手洗い付きの収納カウンターがありちょっと広めのトイレになります。

リビングに収納する場所があると部屋が片付いてインテリア的に美しくなって、
それを維持できるといった感じになります。

リビングに収納のスペースは中に棚とかタンスとかいろんなものを置けます。

洋服を入れたりダンボールも入れておくとかもできます。
外に出しておくと見苦しいものをすべて入れられるゆとりがあります。

棚とか引き出し収納などもリビング収納内に置いとくことができます。

家に帰ってきてコート中にかけるとかジャケットをかけて置くところにできます。

掃除機とか家電製品を入れてもいいと思います。

収納は洗面室にもあってキッチン横にパントリー収納があって
色んな所に物を分散することができています。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村