32坪4LDK坪庭でおしゃれな平屋の間取り図

参考のプランは32坪4LDKの坪庭のある平屋の間取り図です。

敷地は東道路の想定で東玄関になっておりますが
南道路や北道路での使用も可能です。

玄関ホールを入ると1坪2畳ほどの庭が見えます。

小さな坪庭があることで玄関ホールが明るくなり、
開放的な印象を与えます。

坪庭長い場合は廊下はただの閉鎖敵な廊下ですし、
洋室へ移動するスペースも退屈なものです。

坪庭があることでリビングへの移動も快適になります。

また坪庭は洋室の入り口や洗面室も明るくしてくれます。

さらにお風呂の窓も坪庭に面しているため
プライベートにお風呂を開放してバスタイムを楽しむことができます。

この坪庭は屋外の想定ですが透明な屋根をかけて
屋内スペースとしてもよいでしょう。

LDKは18畳でキッチンは対面式、
寝室へはLDKを経由して出入りします。

子供部屋の想定のベッドルームは6畳2室で
4.5畳の部屋も子供部屋や書斎、ゲストルームに使用できます。

洗面室も収納があり使い勝手がよく
キッチンから近いので家事動線もコンパクトになります。

玄関のシューズクロークなど収納も充実しています。

収納が足りない場合でも平屋の間取りは
2階部分に屋根裏部屋を作ることができます。

26坪3LDKの平屋の間取り図。ロフト収納4.5畳

参考のプランは26坪3LDKのコンパクトな平屋の間取り図です。

敷地は東道路の想定で南と東に部屋を作るために
北側に玄関を配置しています。

道路側の東に子供部屋の想定の洋室を配置して
後から仕切れるように入り口と収納が2箇所あるので
最初は2室つながったオープンな部屋にしています。

当初はこちらの12畳を寝室として使い
川の字になって布団を敷くのもありでしょう。

子供の成長に合わせて遊び場や学習コーナーをつくり
将来的には仕切っていく計画です。

寝室は南西に配置し、3畳のウォークインクロゼットと
階段であがるロフト収納が4.5畳あります。

各ベッドルームはLDKから出入りするようなプランですので
家族とのコミュニケーションが濃密になり
引きこもりなどの対策になります。

洗面室と脱衣室は別になっているので、
浴室と脱衣室を使用しているときでも洗面台が利用できます。

またトイレも近いことからトイレ使用時にも便利です。

リビングは屋根なりに天井が高くなっており
モダンで開放的なインテリアになっています。

長方形でシンプルな間取りで屋根形状も単純で
延べ床面積も26坪と小さいためローコスト住宅化ができる間取り図です。

30坪4LDKのシューズクロークのある平屋の間取り図。ロフト収納12畳

参考のプランは30坪4LDKの平屋の間取り図です。

南道路の想定ですが玄関は西側に配置しています。

南側にリビングダイニングの窓をとるためと、
個室の窓が南側にある部屋を2室作りたかったためです。

玄関ホールにはシューズクロークが2畳と
カウンター式の下足箱があります。

シューズクロークは屋外で使用した物を収納できるので
便利なスペースになっています。

LDKは間取りの中心に位置しており、
対面式キッチンは全体を見渡せるようになっています。

リビング部は勾配天井で天井が高くなっています。

ベッドルームは4室でそれぞれにクロゼット付になっています。

玄関付近の南側に1室と東側に3室あります。

キッチン付近から隠し階段で10畳のロフト収納へあがります。

ロフト収納は広さも十分で収納量も豊富です。

洗面室と脱衣室は別になっており、
洗面室が2畳で幅の広いカウンターの洗面台になります。

脱衣室は収納スペースもあり使い勝手の良いスペースになります。

洗面台の横にはトイレが配置されており、
トイレ使用時にも洗面台を使うことができます。

お風呂と脱衣室を使用しているときでも洗面台が使えるので
家族間のストレスも軽減される間取りになっています。

リビングを中心に家族がつながる平屋の間取り図

参考のプランは27坪3LDKの平屋の間取り図です。

敷地は南道路で南玄関の間取り図になっています、

西道路や東道路の敷地でも使用が可能なプランです。

玄関ホールは3畳の広さでカウンター式の下足箱と
シューズクローク土間収納があります。

土間収納のほうには靴以外にもスポーツ用品や
外で使用する道具を収納するのに便利です。

外で使用するものであれば玄関付近にあればすぐ取り出すことができます。

リビングダイニングキッチンは18畳の広さで
対面式キッチンからダイニングとリビングを見渡すことができます。

またダイニングリビング越しに南の庭や
各ベッドルームの入り口も見渡せます。

リビングを中心に寝室8畳、洋室6畳の部屋へ出入りするので
家族のコミュニケーションがリビングで行われます。

そのことでこんひゅうにケーション回数が増え
家族の絆が深まっていく間取り図です。

キッチンからは洗面室と脱衣室トイレの水回りも近く
洗濯機やバスルームに近いので家事動線もコンパクトになります。

寝室には2.5畳のウォークインクロゼット付で
洋室6畳の部屋にも1.5畳と2畳のウォークインクロゼットがあります。

間取りは正方形に近い長方形で屋根形状もシンプルになります。

そのことで屋根が単純化され複雑な屋根形状の家と比較すると
雨漏りなどのリスクが少なくなります。

平屋の住宅は2階がないので収納が足りない場合には
屋根裏にロフト収納をつくることができます。

また、天井を屋根なりに高くもできるので
おしゃれなインテリアのLDKや玄関にすることもできます。

30坪4LDKの平屋の間取り図 忍者屋敷のような屋根裏部屋

参考のプランは30坪4LDKの平屋の間取り図です。

18畳のリビングダイニングキッチンを中心に
4つの個室へ出入りする間取り図になります。

敷地は西道路で西玄関になっています。

北道路や南道路でも使用可能な間取り図です。

リビングとダイニングは南の庭に面にて掃き出し窓があり、
ダイニングとリビングともに明るいプランになります。

キッチンは対面式で横にパントリー収納があります。

このパントリー収納、内部に階段があって
忍者屋敷のように屋根裏のロフト収納へつながっています。

楽しそうな間取りではないですか?

ロフト収納は9畳の広さがあり、
天井高さの設定次第では部屋のように使うこともできます。

リビングにはリビング収納もあって方付けに便利です。

和室4.5畳はリビングに開放できる引き戸で仕切られています。

小上がりにする等アクセントをつけると面白みがでるでしょう。

小上がりにした場合には畳下に引き出し収納を付けると
さらに収納力がアップします。

東の洋室は子供部屋の設定で各部屋6畳の広さでクロゼット1畳つきです。

リビングを通過して出入りするので
家族とのコミュニケーションが増加し、
会話の機会も増える間取り図になります。

寝室は8畳でクロゼット付、南の庭に出ることのできる明るい位置です。

洗面室と脱衣室は別になっており、
バスルームと脱衣室を使用時でも洗面室を使用できます。

トイレと洗面台が近いことからトイレ使用時にも利用できて便利な位置です。

間取り図は長方形でシンプルなので屋根形状もシンプルです。
美しい平屋の外観をつくることが可能です。

さらに単純な屋根は雨漏りのリスクを少なくします。

30坪4LDKのロフト収納のある平屋の間取り例

参考のプランは30坪4LDKの平屋の間取り図です。

北側道路で北玄関になっておりますが
西道路や東道路でも使用が可能な間取り図です。

2階建てで30坪という限られたスペースの中で
4LDKを作ろうとすると階段室の分ロスします。

その点平屋であれば階段室に使う面積、
1階と2階をあわせて2坪分を減らすことができます。

逆に増えてしまうのが基礎の面積になります。
また、屋根面積も増えてしま区ことになります。

参考のプランではLDKが16畳と子供部屋が6畳2室5畳1室
寝室は8畳で3畳のウォークインクロゼットを確保しています。

洗面脱衣室は2畳で浴室が2畳1坪タイプです。

トイレは1か所です。

玄関ホールには下足箱とシューズクローク土間収納があり
収納量も確保されています。

収納は2階がない平屋の特徴を生かして
小屋裏にロフト収納を11畳の広さで確保しています。

天井も十分に広い高さで確保できます。

平屋は2階がないので玄関ホールやLDKなども屋根なりに高くできます。

吹き抜けまで容積は広くならないので
空調的なデメリットなども少なく
梁の形を出すなどのインテリアの工夫もできます。

間取りはほぼ正方形に近く吉妻屋根で中央を高くしています。

シンプルな屋根形状ですので雨漏りのリスクも少なく
災害に強い住宅を望むことができます。

設備をセンターコアにした30坪3LDKの平屋の間取り図

平屋 間取り 3ldk

参考のプランは30坪3LDKの平屋の間取り図です。

北側道路の想定で北玄関になっていますが
東側道路や西側道路での利用も可能な間取りです。

玄関ホールには3畳のシューズクロークがあり
玄関土間からと玄関ホール側の2か所から出入りできるので
シューズクロークの中で靴を脱いで上がることができます。

リビングは南側にありデッキテラスから庭に降りるようになっています。

ダイニングはリビングと仕切るようになっており
引き戸を開放することでリビングと一体化します。

キッチンはクローズドキッチンでダイニングに隣接します。

子供部屋の設定の洋室6畳はリビングから出入りするようになっており、家族とのコミュニケーションを密にする効果を狙っています。

洋室6畳は各部屋に1畳のクロゼットがあります。

寝室は7.5畳で3畳のウォークインクロゼット付きです。

千枝mン室と脱衣室と浴室、トイレは家の中央に配置
センターコアと呼ばれる間取りの方式になっています。

キッチンとも近く水回りをまとめることで合理的な配管計画が可能です。

間取りは正方形に近い長方形で屋根形状も美しくシンプルになることから雨漏りのリスクのない耐久性の高い住宅が望めます。

平屋ですので各部屋やリビング、玄関の天井も高くすることができます。

また、小屋裏収納、ロフト収納も作ることができるので
収納量を増やすことも可能です。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村