26坪3LDK屋根裏部屋のある平屋の間取り図

今回は26坪3 LDK の平屋の間取りです。

想定する家族構成は3人ぐらいを想定しています。

両親と子供一人とかですね。
あるいは両親だけとか二人暮らしとかです。

寝室一つを二人の部屋にして子供二人という形で
四人家族で住むということが可能になります。

26坪という小さめのプランですので最小限のスペースになっています。
道路は西道路を想定していて西側から入ってきます。

玄関を入るとシューズボックスがあって奥の方にも物入れがあります。

南側に6畳の部屋とリビングを通って東側に6畳の部屋が配置されています。

リビングダイニングキッチンを中心に東の部屋に入るようになります。
対面式キッチンで背面の収納も広くなっています。

そして横には1.5畳のパントリー収納があって
さらに収納量が多く確保されています。

リビングの南には掃き出し窓が取られていて、
この窓はさらに大きくすることができます。

そしてダイニングとリビングの方キッチンから眺めることができます。
キッチンの横には学習コーナーカウンター、
作り付けのカウンターがあります。

キッチンからはリビングダイニング越しに庭を眺めて作業ができます。

リビングを通って子供部屋はいるので家族と顔を合わせて部屋に出入りします。
収納はウォークインクローゼットで両方の部屋から使うことができます。

トイレは一箇所で洗面室と脱衣室は分かれています。
浴室は一坪タイプの浴室になります。

玄関ホールに続いている収納の扉を開けると階段があって
この階段を登ると屋根裏収納に行くことができます。

屋根裏収納は六畳のスペースになっています。

こちらのスペースは平屋の屋根の高いとこを利用しているので
16畳の広いスペースにしたりとか、拡大していくこともできます。

てロフトにすると1.4メートルの高さの収納なりますが
二階建ての申請をしても別に何も問題ないので
立って歩けるような屋根裏部屋にしてもいいかなというところです。

今回は少人数で3 LDK の小さな平屋の間取り。
西玄関の平屋の間取りの紹介でした。

30坪3LDK山小屋風のロフトのある平屋の間取り図

今回紹介するのは30坪3 LDK の山小屋風の平屋の間取りです。

山小屋風って言ったのは外観ではないのですけれども
内観もインテリアもないのでもなく
リビングの上の方の吹き抜けのをぐるりにロフトスペースがある間取りのことで

それの雰囲気のことを言っています。

三角の切妻屋根で中央の部分が高くなっていて
その高いところを吹き抜けとロフトスペースにする感じです。

そして吹き抜けの上部から光が降ってくるような形で天窓をつけてあります。

ですのでこのリビング10畳のリビングのところは
天井が高くてね周りから見下ろされるような形で
光が降ってくるといったイメージです。

キッチンの方は対面式キッチンになっていて
その前の方にダイニングスペースがあります。

ダイニングの方にはま東から光が入るということと
リビングの上の方からの光を期待しています。

また洋室6畳が南側についていて引き戸で解放されるようになっているので
こちらが LDK に連続してこちらからも光を見ると言ったことができます。

この仕切りを半透明なものにしてもいいし
完全に見えないものにしてもいいと思います。

キッチンの横にはパントリー収納が1.5畳の広さであって
キッチン背面の収納も広くて収納量も豊富なプランになっています。

先ほどのロフト、屋根裏の方には階段登るようになっています。

そしてリビングから全ての部屋に出入りできるようになっていて
南の方の6畳の部屋と寝室8畳の部屋にも
全部リビングを通って出ると出入りできるようになってます。

ですのでほとんど廊下がないという形になります。

廊下らしきスペースは玄関ホールの部分だけになり
リビングダイニングを中心に各部屋に入るといった形になります。

さらに洗面室からトイレ、脱衣室からお風呂と
この辺も機能的にコンパクトにまとめられていて
必要な十分なスペースも取られています。

各部屋にはクローゼットが付いていますが
足りない場合はロフトのスペースのどこかを
収納スペースにしていくという形になります。

山小屋風といったまた第2の理由としては
この辺の部屋は人が立って移動できる高さです。

例えばここに雑魚寝、布団をたくさん敷くことができるので
人間が寝泊まりできるといった風に使うことができます。

ですからこの家は住宅として使っても良いのですけれども
別荘というプランとして使ってもいいと思います。

別荘に住むっていう感覚でこの住宅を作って使っていただいても良いですし
パーティースペースに使ってもいいし
住もうと思えば子供二人の家族が住むことができます。

ロフトのところ利用してさらに人数を増やすということも
可能になってくると思います。

今回はロフト収納広い平屋の住宅
山小屋風の住宅の間取りを紹介しました。

23坪小さな平屋の家の間取り図

今回紹介するのは23坪2 LDK の平屋の間取りになります。

小さくコンパクトで建築費を考えると建築しやすい広さになります。

そして敷地に広いスペースを必要するわけではないので
母屋の横とかそういったところに建築することができる広さのになります。

小さな平屋の住宅は2階建ての1階部分ぐらいの大きさになり
特徴は平屋ですが小屋裏の部分に8畳の広いロフト収納があります。

このロフト収納は六畳の洋室にあるウォークインクローゼット3畳から
階段で登っていくといった形になります。

この間取りの想定の人数は夫婦2人かもしか一人暮らしねといった
少人数のプランになりますです。

収納量は部屋についているウォークインクローゼットや
キッチン横の2畳の収納とリビング横のリビング収納
廊下のクローゼットなど収納量は豊富ににしてあります。

それでも足りない場合は8畳のロフト収納に納めていくということになります。

LDK の方は16畳でそんなに大きくありませんが
二人で住むという広さではそんなに不自由ない広さになると思います。

対面式キッチンで四人掛けぐらいのテーブル置いて
ソファーが置いてちょうどいいくらいの広さになります。

小屋裏収納がない部分の天井は高くすることができるので
モダンでインテリアもま広々としたスペースを作ることが可能になります。

キッチンからすぐ行ける場所に洗面脱衣とお風呂があって
家事動線はコンパクトにまとめられています。

またキッチン横に収納があるのでこちらをパントリー収納にすることができます。

リビングの横にはクロゼットがあって
こちらはリビング収納として使うことができるので
壁面収納として部屋がすっきり片付けられる
いつも片付けられるという工夫をしています。

6畳の洋室が二つあって一つのメインベッドルームにしておく方法と
夫婦が別の部屋に寝ることもできますま。

無理をすれば夫婦の寝室と子供部屋ひとつという形も取れるので
23坪という小さいスペースで上手に使って暮らすということもできます。
2階建ての2階がないぐらいのコストで建つと思います。

屋根形状もシンプルで遠くから見た時に
屋根が目立つような美しい外観を作ることができます。

平屋の特徴としてはシンプルで美しい屋根が遠くから見える
ということになるので軒の深い屋根をかけてあげれば
切妻や寄棟など美しい外観なると思います。

片流れでも良いと思います。

今回は少人数で住む小さな平屋の間取りの紹介でした。

アイランドキッチンとデッキ中庭のある平屋の間取り図

参考のプランは31坪3LDKの中庭のある平屋の間取り図です。

北道路の想定で北玄関になっています。

玄関ホールにはシューズボックスと土間収納があります。
土間収納は玄関土間から靴のまま入ることができる収納になります。

リビングダイニングキッチンは22畳の広さになり
光と広がりを得るために2つのデッキ庭があります。

ひとつはリビングの南側でひとつはダイニングの南にあります。

中庭に窓が面することで内部のスペースはより広く見えます。

キッチンはアイランドキッチンになり
洗面脱衣室やダイニングやリビングに行きやすい配置になっています。

キッチン近くにはパントリー収納になっています。

リビングは南にでき庭があり、
ダイニングキッチンとスペースは分けられていますが
それぞれ別なスペースに分かれています。

ダイニングは東と南に中庭があり洋室やリビングなどに行きやすく
それぞれのスペースとつながっていきます。

LDKから寝室8畳にも行きやすく洋室6畳にもつながります。

寝室は8畳の広さでウォークインクロゼットは3畳あります。

洋室6畳は各デッキ庭につながり、視覚的に広い部屋になっています。

洗面室と脱衣室はそれぞれ別の部屋になっており
バスルームを使用している場合でも洗面台を使用することができます。

洗面室はトイレも近いのでトイレ使用後に手洗いをすることができます。

リビング首脳として納戸もあり部屋を方つけることができます。

平屋の間取りは天井を高くすることができるので
開放的でモダンなインテリアをつくることができます。

バーカウンターと屋根裏部屋のある平屋の間取り図

参考のプランは32坪のバーカウンターのある平屋の家の間取り図です。

敷地は北道路の想定で北玄関になっています。

玄関には下足箱カウンターと1.5畳の土間収納があり
収納量も豊富に確保された間取り図になります。

土間収納には靴の他に屋外で使用したスポーツ用品なども収納します。

クロゼット収納もあるのでコートなども収納することもできます。

リビングダイニングキッチンは20畳で
キッチンは対面式でバーカウンターがリビングに接してあります。

ダイニングとリビングは同じ空間でありながら
緩やかに分かれている別なスペースになります。

リビングの上部は屋根裏部屋になり、
学習コーナースペースを経由して上に上がる階段があります。

屋根裏部屋は屋根の高い場所を利用して
8畳の広いスペースで収納やロフトなど多目的に利用できます。

東側には寝室8畳と洋室5畳が2室あります。

寝室8畳にはウォークインクロゼット3畳があります。

洋室5畳は10畳のスペースになり将来的に仕切る予定になっています。

洗面室と脱衣室は別にあり、LDKから出入りするようになります。

トイレは1.5畳と広く、ゆったりとしたスペースになっています。

脱衣室にも収納のスペースがあり便利な間取りです。

間取りはほぼ正方形でシンプルなので屋根形状も美しく
外観の美しい平屋の住宅になります。

25坪2LDK南にデッキ庭のある平屋の住宅の間取り図

今回は25坪2 LDK のデッキ庭のある平屋の間取りです。

デッキ庭は南の方についていて LDK が南に面しているので
そちらからデッキを通じてデッキテラスから庭に出るといった形になります。

リビングダイニングキッチンは平屋ですので天井が高く
すっきりしたインテリアのインテリアになります。

リビング収納もありとリビングのテレビも壁面にビルトインされているので
非常にすっきりした印象のインテリアになります。

ベッドルームは東の方に向けて寝室の窓が明るい8畳のスペースになります。

ウォークインクローゼットが3畳で寝室についています。

もう一つの部屋は6畳で西側と北側に窓がついています。

クローゼットは1畳のスペースになります。

玄関ホールは北側になり玄関にはシューズボックスとコート掛けがあります。

洗面脱衣室の方は洗面室と脱衣室が分かれていて
トイレは引き戸で横から入るようなタイプになります。

脱衣室の方にも収納が2箇所あるので壁面に大量の物が収納できます。

収納が多いことで使い勝手の良い間取りになります。

浴室は2畳で南の庭の方に窓が付いているので
お風呂から庭を眺めると言ったことができます。

収納が足りない場合は屋根の高い場所を利用してロフト収納
小屋裏収納を作っていくと言ったことも可能になってきます。

今回は25坪2 LDK と小さめのプランで想定としては一人とか二人
もしくは夫婦子供一人とか3人ぐらいの人数を想定しています。

少人数の家族で住む小さめ平屋の間取りになります。

今回はデッキ庭のある平屋の2 LDK の平屋の間取りの紹介でした。

31坪4LDKの土間収納のある平屋の間取り図

今回紹介するのは31坪4LDKの平屋の間取りです。

玄関ホールには1畳の土間収納そして下足箱があります。

奥に広い玄関ホールで4畳ほどのスペースになっています。

南の方には洋室が6畳が3部屋あり、
各部屋にはクローゼットがついています。

一つの部屋だけクローゼットが2畳分ついてる部屋になります。

リビングダイニングキッチンも南側の方にむいてあり
18畳のスペースになります。

リビングダイニングキッチンは東の方にも窓があって
明るいようなスペースになっています。

他の方には共用の物入れもあって
奥の方に行くとリビングに入るという形になっています。

LDKは対面式キッチンになっていて
キッチンからダイニングとリビングを見渡せるようになっています。

キッチンには勝手口もついていて
外にゴミとかを置くようなスペースが取ることができます。

洗面脱衣室の方は3畳と広く収納スペースがあって
使い勝手の良いような形になっています。

西側の方にも一部屋6畳の部屋があります。

ですので個室は4室あります。
四人家族で各自各自に部屋が割り当てられているといったイメージです。
もしくは5人で住むことも可能になってきます。

トイレは1箇所になりますが
できればもう一箇所どこかに配置したい場合は
物入れのところをトイレにするということも考えられます。

そういった場合に収納スペースがなくなるので
小屋裏収納とか水でスペースを利用して
収納増やすといった方法があります。

平屋の住宅なので2階に部屋がありませんから
屋根の高いところ利用して大面積の屋根裏収納を確保することができます。

その場合は階段登れるようにしたほうが
使い勝手が良いので階段で登れるプランにすることをお勧めします。

間取りの方は長方形でシンプルになっています。
シンプルな形状のものにすることで屋根もシンプルになってきます。

平屋の場合はシンプルな形状の屋根の方が
美しい外観が作れるメリットがあります。

できれば凹凸のないプランを作った方が良いということになります。

そして最近では集中豪雨やゲリラ豪雨とか
記録的な雨量や風が非常に多くなっています。

平屋の場合は2階建てと比較して風圧を受ける面積が少ないので
台風などの災害にも強い家づくりができるということになります。

今回の平屋の間取りは4LDK でバランスの取れた形で31坪の広さです。

そんなに大きくない坪数にまとめられたプランです。

4LDKの場合二階建てだと階段も含めて34坪ぐらいが多くなります。
それより少ない面積で平屋で4LDK が作れると言った参考になります。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村