33坪ペットルームのある平屋の間取り


間取り ペットルーム

老後の住まいに、二人暮らしの住まい、一人暮らしに
平屋の間取りが人気があります。

家族が少ない場合で特に老後の住まいの場合
ペットといっしょに住むというケースが見られます。

ペットと住むことによりうつが改善されるなど
心のケアに非常に有効であることは聞かれるところです。

老人の住まいだけでなく一人住まいや家族の住まいでも
ペットを中心に間取りしている例はなかなか見られません。

注文住宅とはいえ多くのメーカーが規格のプランのため
ペットの部屋をリビングのそばに配置するところまで
親切に間取りされていないといったところ

でもペットと暮らす間取りは意外に簡単に出来ます。
リビングのそばに開放できる引き戸でペットルームを作り
換気扇やエアコンなどを設置していくだけ

犬や猫をはじめさまざまな動物がリビングのそばに感じられます。

いっしょにリビングですむという方法もありますが
寝る時はペットルームにいて場合に便利なスペースです。

参考の平屋の間取りは老後のためにトイレを広くして
寝室もリビングと廊下からいけるようにしています。

和室8畳はゲストルームですがペットルームとつなげて
洋室にする等、趣味のスペースを拡大してもよいでしょう。

カテゴリー: ペットルーム 間取り,平屋 間取り 4ldk,間取り シュミレーション | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


トラックバックURL: http://xn--nbk857htzfcjcbs5i.com/%ef%bc%93%ef%bc%93%e5%9d%aa%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e5%b9%b3%e5%b1%8b%e3%81%ae%e9%96%93%e5%8f%96%e3%82%8a.html/trackback

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。
平屋間取りの上へ

最近の投稿

アーカイブ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士

ブックマーク

ブログランキング
PVランキング

平屋住宅 ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村
  • SEOブログパーツ