22坪2LDKローコストで建つ小さな平屋の間取り


平屋 間取り 2LDK

平屋は2階建てに比べて高額なイメージがあります。
実際に大きな建物だとそのようなことはあるでしょう。
基礎の金額分コストがかかる計算になります。

小さな住宅に関しては土地の取得にも問題もなく
基礎の大きさも一般的な戸建て住宅と同じぐらい。

参考の平屋の間取りのように2LDK、22坪程度であれば
ローコストに建築可能な大きさといえます。

2LDKの大きさだとさすがに多人数の家族が暮らす大きさではないので
1人暮らしや2人ぐらいの家族が適正だと思います。

玄関にはシューズボックスと土間収納があり
リビングダイニングキッチンは19畳の大きさがあります。

対面キッチンで広く和室もオープンになるので
さらに広がりのある空間に見えるでしょう。

キッチンには2畳のパントリーがありさらに収納力が大。

キッチンから近い場所に洗面脱衣が2畳とトイレ
ユニットバスが1坪タイプが配置されています。

寝室は東窓があって明るくさわやかな部屋で
クロゼットが1.5畳廊下に物入れが1畳あります。

カテゴリー: 20坪 平屋 間取り,平屋 間取り 2ldk | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


トラックバックURL: http://xn--nbk857htzfcjcbs5i.com/22%e5%9d%aa2ldk%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%a7%e5%bb%ba%e3%81%a4%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%aa%e5%b9%b3%e5%b1%8b%e3%81%ae%e9%96%93%e5%8f%96%e3%82%8a.html/trackback

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。
平屋間取りの上へ

最近の投稿

アーカイブ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士

ブックマーク

ブログランキング
PVランキング

平屋住宅 ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村
  • SEOブログパーツ