33坪4LDK老後のための平屋の間取り

Pocket

参考のプランは33坪4LDKの平屋の間取りです。

南玄関で南道路の想定ですが、
東道路や西道路の敷地でも使用が可能です。

玄関ホールをはさんで西側がパブリックスペース
東側は個人の個室のスペースになります。

個室は洋室が3室でそれぞれ5畳6畳8畳と大きさは異なります。

8畳の部屋にはウォークインクロゼットがあり、
部屋も大きいので夫婦の寝室向きの部屋です。

南の個室は子供部屋か各自の個室、趣味室になります。

4LDKと部屋数があるので2人の家族から4人家族まで
様々な家族で使用が可能です。

リビングダイニングは19畳でキッチンは対面式でオープン

広いバックカウンター収納とパントリー収納があります。

パントリーの脇にはカウンターがあり家事コーナーとして
主婦のスペースとして利用できます。

子供の学習コーナーとしても利用可能。

和室は4.5畳でリビングに引き戸で開放できます。
ゲストルームとしても茶の間にもなります。

平屋は2階がないので上下階の移動がなく
老後の夫婦の住まいとしては最適です。



カテゴリー: 平屋 間取り | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


トラックバックURL: http://xn--nbk857htzfcjcbs5i.com/33%e5%9d%aa4ldk%e8%80%81%e5%be%8c%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e5%b9%b3%e5%b1%8b%e3%81%ae%e9%96%93%e5%8f%96%e3%82%8a.html/trackback

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

アーカイブ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士

ブックマーク

ブログランキング
PVランキング

平屋住宅 ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村
  • SEOブログパーツ