23坪ロフト収納のある2人暮らしの平屋の間取り。

今回のプランは23坪2LDK の平屋の間取りになります。
道路は南道路の想定で南玄関から入ります。

玄関の東側に6帖の洋室があって西側の方に
17畳のリビングダイニングキッチンがあります。

リビングダイニングキッチンは対面式のキッチンになっていて
ダイニング越しにリビングを見ることができます。

リビングの方は南に掃き出し窓がついていて明るく広くなります。
室内も明るく健康的なスペースになります。

ダイニングの方にも腰窓がついていて、広く明るくなっています。

キッチンは横に勝手口がついていてゴミなどを外に出すことができます。
キッチンの背面には納戸が3畳あってパントリー収納的に使うことができ、
また納戸収納として使うこともできます。
いろんなものをしまうことができます。

東側には洋室が2部屋でベッドルームが2つあるという感じになります。
小さい規模の平屋の住宅ですので夫婦二人で住む家とか一人暮らしの家になります。

一つは寝室一部屋は趣味の部屋やゲストルームに使ってきます。

部屋にはウォークインクローゼットが3畳ついていて
両側の部屋から使うことができます。

ウォークインクロゼットの内部から階段でロフト収納へ上がることができ
屋根の高いところに6畳のロフト収納を作って
収納量を増やすことに成功しています。

水回りは脱衣室2畳と浴室が2畳一坪タイプになっています。
トイレの前に洗面台があります。

トイレは1畳のスペースで洗面台のすぐ横にあるので
使った後にすぐ手を洗うことができます。

このプランの一般的なプランと違うところは
一戸建ての住宅でありながら脱衣室と浴室に窓がないプランということ

窓がないプランになっていることで脱衣室と浴室の方を
家の中央に配置することができています。

マンションで良く採用されるセンターコアの間取りです。

ですので脱衣室と浴室の日当たりというのを
全く期待していないというプランになります。

その分間取りの自由度が増してプランのパターンも増えてきます。

玄関の方向も北側にすることで北玄関の間取りを作ることもできます。

(23坪2LDK平屋間取りシュミレーション)

28坪3LDK細長い敷地に建つ平屋の住宅の間取り図


(28坪3LDK平屋間取りシュミレーション)

今回のプランは28坪3LDKの北玄関の平屋の間取り図です。

北道路の想定で北玄関になっています。
比較的細長い敷地に建築が可能になります。

リビングダイニングキッチンを中心に南北にベッドルームを配置、
キッチン近くに洗面脱衣室を配置して家事動線を
使いやすいような配置計画にしています。

マンションや二階建ての住宅の間取りと
決定的に違うことは上の階に部屋がないことです。

そのことで中央に配置したリビングは天井を高くして
南の上部の高窓から光を取り込むことが可能になります。

南の高窓からは日中は明るい光が降り注ぎます。

また、天井の高いリビングは開放的でモダンなインテリアとなり
高窓や間接照明などを使って演出効果も抜群です。

南の個室は南に面して明るい部屋となります。

また、北側の部屋も東に窓があり日当たりは良いです。
各部屋2つの窓があるので風通しも良くなります。

キッチンは対面式でリビングダイニングを見渡す位置にあり
洗面脱衣室にも近いため使いかってが良いです。

玄関にはシューズクロークと下足箱があり収納量も豊富です。

階段で登ることのできるロフト収納も9畳と広いため
収納量の多い家族で使うことのできる間取りになります。

細長い形状の間取りのため細長い敷地で利用可能な間取りになります。
(細長い敷地に建つ平屋間取りシュミレーション)

28坪3LDKシューズクロークのある平屋の間取り図

今回のプランは28坪3LDKの北玄関の平屋の間取りになります。
30坪を切った28坪の延べ床面積になっているので広くないプランになります。

リビングダイニングキッチンを中心に洋室6帖、4.5帖、8帖のスペースがあって
3人ぐらいもしくは多くて4人ぐらいの家族で住める間取りです。

老後二人でするとか、若い夫婦が住む。
1人から4人ぐらいまでの家族の想定をしています。

30坪台の広い平屋ではなくてこじんまりとしたイメージです。

あまり面積を増やさないという意図もあるので
リビングダイニングキッチンを中心に廊下のないプランになっています。

玄関ホールの方にはシューズクロークが3畳があって
こちらの方は納戸的な使い方もでるシューズクロークになります。

壁に可動の棚があり、パイプハンガーにコートをかけたり
靴を入れたりあるいは外で使ったものなどを入れていきます。

スポーツ用品とかそういうものも収納ができます。

シューズクローク以外に普段使いの靴を置くスペースが欲しい場合は
玄関に下足箱をつけるのもいいかもしれません。

玄関ホールの方は3畳の大きさになります。
玄関を入ってすぐのところには4.5帖の洋室があります。

3人家族の場合は趣味の部屋とか書斎に使って行きます。
和室にしても構わないと思います。

そして LDKは18.5畳でアイランドキッチンになっています。
キッチンは対面式で庭を眺めながら作業するという形で
明るく健康的な配置計画になっています。

平屋のプランですので天井を屋根なりに高くすることが可能です。
開放感があって広い LDK を演出できます。

そしてキッチン背面の収納も広くて、
キッチンのそばには洗面と脱衣浴室などの水回りも近くなっています。

キッチンの方はダイニングもリビングが見渡せるような配置計画になり
さらにウッドデッキがフローリングと一体化してみえるように
広がりを持ったインテリアを実現できている形になります。

テレビの方は壁掛けのテレビを置くような形になります。
6畳の部屋は引き戸でリビングに開放的にして使うこともできます。

ゲストルームやトレーニングルームベッドルームなど趣味の部屋や
遊び場、プレイルームなどに使うのでもいいです。

日当たりも南側にあって明るい部屋になります。

寝室の方はダイニングリビングの奥の方になります。
8畳のスペースで東の窓と南の窓があって明るい部屋になります。

ウォークインクローゼットが3畳あって広い収納スペースです。

洗面と脱衣室を分けることによってお風呂と脱衣室を
自分以外の誰かが使っている時で洗面台を使うことはできます。

幅の広いカウンターですのでホテルの洗面台よりも豪華で
見栄えの良いインテリアにすることができます。
トイレを使った後にもうすぐで手を洗う用途にも使うことができます。

キッチンが南に向かってオープンなので、
広角に庭を見ながら作業するということができます。
明るいところで開放的で気分が良い作業スペースになります。

寝室洋室も玄関も天井を高くしようと思えばできます。

今回は北玄関の平屋になりますが、
東道路や西道路に対して横から入っていくように使用できるプランになります。
(28坪3LDK平屋間取りシュミレーション)

22坪2LDK小屋裏収納のある平屋の間取り図

今回の間取りは22坪2LDK、東玄関の平屋の間取りです。

敷地の方ですが東道路の想定になっており東側の玄関から入ります。

玄関を入ると土間収納が2畳そして下足箱があります。
こちらの方はカウンター収納でも天井までの収納でもいいと思います。

南の方にリビングダイニングキッチンがあり
こちらの方は対面式キッチンにでダイニングのスペースと
リビングのスペース両方を見渡せるようになっています。

リビングの方は南の方に掃き出し窓が付いていて
ダイニングの方にも掃き出し窓があります。

そのため南の庭に出ることができます。

ウッドデッキスペースを作っておいてもいいと思います。

ベッドルームの方ですけれども6畳の洋室が二つあります。
各部屋にはウォークインクロゼットが付いていて
こちらの方ファミリークローゼットとして一緒に使うような形になります。

キッチンに近い所に洗面脱衣室そして浴室があります。
トイレの方は音の問題があるのでスペースを区切って
2枚ドアを挟んで音がダイニングに漏れないようにする形です。

間取りは22坪の小さいプランで人数としては一人暮らしか
もしくは二人暮らしを想定しています。

老後の住まいとか夫婦二人ぐらいまでの人数を想定しています。

一人暮らしの場合は玄関土間収納があるのと
ファミリークロゼットで十分収納があるのですが、
さらに収納量を確保するためクロゼット内部にロフトへの階段があります。

階段を上がっていくと高いところ切妻屋根で
高いところに10帖のロフト収納があるという間取りです。

ロフト収納10帖と広いので普段使わないものを
こちらの方にしまっておけばだいぶいろんなものが入ります。

こちらの方は南の部屋からも北の部屋からも使って行けるます。

平屋と言うと豪華なものとか高いものイメージもあると思います。

母屋のそばに別棟として建てたいとか
もうマンションには住みたくないとか
いろんな理由で小さめの平屋の需要があり人気の間取りです。

(22坪2LDK平屋の間取りシュミレーション)

22坪2ldk一人暮らしのための平屋の間取り図

今回の間取りは22坪2LDKの平屋の間取りになります。
小さい規模で一人暮らしもしくは二人で住む間取りになります。

小規模の平屋の間取りは需要が多く、日本人の感覚としては
平屋というのが高級とか富裕なイメージ、洒落とかですね。

そういうイメージもあります。

例えばマンションも多くなってますけれども
ハイクラスな建物というのは横に面積が広いんですね。

より高くっていうことではなくて離宮とかですね
庭が広くて建物はそんなに大きくなくても整備されてるようなイメージ。

そしてこの間取りの方ですが南の方に道路があって
南側の玄関から入っていく間取りになります。

部屋数は寝室8畳と6畳あとは小さめの LDK が付いていますので
スペースは最小限という形ですね。

あまり大きく面積をしないで必要最小限の予算で作ればいいとか
のんびりスローライフを楽しみたいですから
一人でこじんまりとするというイメージですね。

もちろん二人で住むこともできます。

寝室8畳の方には2畳洋室にはクローゼットがあります。
洋室6畳はゲストルームにも趣味の部屋にも使うことができます。

玄関ホールの方には土間収納があり土間の方には外で使ったものを収納します。
靴が下足箱に入りきらなかった場合は土間収納に首脳するイメージです。

LDK の方は対面式キッチンで横に小さなダイニングのスペースがあります。
ダイニングのテーブルをソファーのある場所に置くということでもいいと思います。

洗面と脱衣はキッチンのすぐそばにあり使いやすくなってます。
脱衣室には収納スペースが二つあって使い勝手の良い形になります。

洗面のそばにトイレがあって使いやすくなります。
お客さんが来てですねバスルームを使ってる時でも
洗面と脱衣が別になっているので洗面台を使うことができます。

納戸から上るロフト収納は隠し部屋のようになって忍者屋敷のようです。
キャンプ用品とか年に何回かしか使わないものとかでもたくさん収納できます。

33坪3LDKの回遊性のある平屋の間取り図

今回のプランは33坪3LDKの回遊性のある平屋の間取りなります。

回遊性とはぐるぐるとキッチンの周りをぐるぐる回れるいいこと
二つ目は洗面のところ
トイレと洗面のところを回遊できるいうことです。

玄関ホールから入ってシューズクロークから
収納のパンとパントリーも通りも抜けて回遊できる。

いろんな場所がぐるぐる回ることができるということです。

玄関ホールを入るとベンチ収納はあります。

この間取りっていうのは東道路で北側から入って
東に道路駐車場取って、北から入っていくプランで
東や南にあたりの日当たりの良いスペースを確保していきます。

年齢の高い層の住む人を想定してるので、
ベンチに座りながら靴を脱いだり履いたりすることもできる
ベンチ収納が設けられてられています。

シューズクロークの方は靴を脱いで中に入って行き
パントリー収納へつながっていきます。

リビングが22畳の広さでリビングとダイニングのスペースは
緩やかにつながって別なスペースに分けてあります。

キッチンからはリビングのスペースもダイニングも見えるようになりま

す。

リビングの方には和室が繋がっていてダイニングにも引き戸を解放する

と連続するような茶の間的な使い方ができます。

ゲストルームとか遠い家族が来た時に泊まるスペースになれるように
押入れに布団を収納できるようになっています。

リビングの一角には壁面収納があって、リビングが散らからないように

なります。
新聞とかいろんな収納に使えるので、物が散乱しないようになります。

キッチンからはリビングのテレビを見えるし、
作業して気持ちの良いスペースになります

そしてキッチンから行きやすい所に洗面室と物干しがあります。

洗濯機の所にも回遊していけ、脱衣棚、収納、壁面収納というのもあっ

トイレの方は横から引き戸で開けて入っていくようになります。

部屋干しのスペースがあるので干しっぱなしにして外出することもでき

ます。

キッチンのすぐそばに収納があるのでパントリー的に使ってもいいし、

納戸的に使っても良い形になります。

寝室にウォークインクロゼットがあるので各部屋の収納こちらの方を使っていきます。

比較的に物を増やさないようなイメージで作ってるので、小屋裏収納は作っていません。
作りたい場合は屋根の高いところして増やすという方法もあります。

各部屋に別々に寝て自分の部屋にするイメージです。

シューズクロークを広げてパントリーと一体化することも可能です。

アイランドキッチンで様々な場所にいきやすく
長方形に近いので屋根もシンプルで外観も遠くから見て美しい屋根の形状も見えます。

階段で上がる小屋裏収納のある平屋の間取り図

参考のプランは35坪4LDKの小屋裏収納のある平屋の間取り図です。

プランは南道路の想定で南玄関になっています。
北玄関や西玄関の使用も可能です。

玄関ホールは4畳でシューズボックスと土間収納があり
収納量も豊富で靴をたくさん入れることもできます。

玄関ホールは屋根なりに天井は高くなって広がりがあります。

リビングダイニングキッチンは22畳でキッチンは対面式です。

キッチンからダイニングとリビングを見渡せるようになっており
ダイニングとリビングの天井は高くなっています。

キッチン背面の収納は広く、横にパントリー収納があります。
キッチンの上部に階段であがる小屋裏収納が6畳あります。

LDKの一画に書斎コーナーがあり、お絵かきや
学習スペースに使うことができるスペースがあります。

リビングの南側は広い掃き出し窓でデッキ庭に出ることができます。

和室6畳がリビングに引き戸で開放できるようになっており
押入れが2畳で布団などを収納することができます。

LDKの東側にはベッドルームのエリアがあり
洋室5畳と6畳、8畳の寝室があります。

寝室には3畳のウォークインクロゼットがあります。

キッチン近くに洗面室が2畳と脱衣室が2畳、バスルームが2畳あります。
洗面台の近くにトイレが配置されています。

水周りはキッチンに近く家事動線がコンパクトにまとめられています。

屋根形状もシンプルになるような四角い間取りなので
屋根形状も美しくシンプルに仕上がり

雨漏りが少なく耐久性の高い家になります。

20坪2LDK小さな面積の平屋の間取り図

今回のプランは20坪2LDKの小さな平屋の間取り図です。

北道路の想定で北玄関になっていますが
東道路や西道路でも使用可能な間取りになります。

間取りは20坪と小さな面積の家になりますから
少人数の家族用の住宅になります。

想定の人数は1人から2人程度で
母屋の横に建てるのも良いでしょう。

親世帯だけで住む家でもよいですし
ディンクスや一人暮らしのための平屋にしてもよいでしょう。

玄関ホールは3畳のスペースで玄関土間に連続して
3畳の広い土間収納があります。

リビングダイニングキッチンは12畳で
対面式キッチンになっています。

平屋の住宅の間取りですので、上に部屋がなく
リビングの天井も屋根形状に合わせて高くすることができます。

ベッドルームは2室あり、各部屋は6畳になります。
それぞれの部屋にウォークインクロゼットがついており
収納も各部屋にあります。

洗面室と脱衣室は別になっていて、
バスルームを使用しているときでも洗面台を使用できます。

トイレのそばに洗面があるのでトイレ使用後の
手洗いに使うこともできるので便利です。

小さな延床ですのでコストも抑えられる間取りになります。

31坪3LDKの離れの書斎がある平屋の間取り図

参考のプランは31坪3LDKの離れの書斎がある平屋の間取りです。

このプランの特徴は書斎と納戸が離れになっていることです。

書斎は自宅のオフィスにもなるので
自営の方やインターネットなどで家で仕事をされている方に
便利な間取りになっています。

玄関ポーチに上がると奥にデッキ庭があり、
屋根のかかったスペースになります。

デッキ庭を挟んで書斎が離れであり
靴で出入りできるようなスペースになります。

ポーチ付近には自転車置き場と納戸のスペースが3畳あります。

玄関ホールを入ると下足箱と土間収納があり
ホールは奥に長いスペースになっています。

南側には広い20畳のリビングダイニングキッチンがあり
リビングに面して6畳の洋室があります。

キッチンは対面式キッチンになっており、
キッチンからダイニングとリビングを見渡すことができます。

北東に7畳の洋室があり3畳のウォークインクロゼットがあります。

洗面室と脱衣室は別のスペースになっており、
バスルームを利用しているときでも洗面室を使用することができます。

また、トイレに洗面台が近いので、トイレ使用後直ぐ使うことができます。

廊下に面して共用の物入れもあります。

想定の家族の人数は2から3人の予定です。

33坪3LDK家族で住む平屋の住宅の間取り図

今回は家族で住む33坪3LDKの平屋の間取り図です。

南玄関で玄関の西側にLDKのスペースで東側にベッドルームが配置されています。

LDKは20畳でウッドデッキテラスをダイニングとリビングで囲みます。

ダイニングとリビングからウッドデッキに出ることができるので
明るく開放的なインテリアが得られます。

キッチンはアイランドキッチンになっており
キッチンカウンターとダイニングテーブルが一体化された
造作カウンターになっているのでインテリア的にも美しいです。

キッチン背面収納はカウンターで長くなっており
ダイニングスペースへ連続してインテリアを作っています。

キッチン脇にはパントリー収納もあります。

玄関ホールは4畳のスペースでベンチ収納があります。
シューズクロークも3畳で玄関土間と廊下から出入りができます。

ベッドルームは3室あり、6畳が2室と8畳が1室あります。
8畳の寝室には3畳のウォークインクロゼットがあります。

6畳の部屋は南側の明るい庭に窓があり明るい部屋になります。

寝室8畳は東に窓があってさわやかな光が入ります。

脱衣室とバスルームはキッチンとベッドルームエリアの間にあり
両方から行きやすい場所に配置されます。

洗面室と脱衣室は別になっており、バスルームを使用しているときも
洗面台を使うことができるので、ストレスが軽減されます。

また、トイレを使用した後に洗面台を使うことができるので便利です。

リビングダイニングキッチンや玄関ホールなどは
天井を屋根なりに高くすることができるので
開放的なインテリアを得ることができます。

収納が足りない場合は小屋裏収納を作ることができるので
収納量を確保することができます。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村