5LDKの部屋数の多い平屋の間取り図

参考のプランは39坪5LDKの平屋の間取り図です。

南道路の想定ですが東玄関になっています。

南窓のある部屋を多く作るために東玄関にしたものです。

東にも部屋を多くしたい場合は間取り図を左右反転して
西玄関にすることで東向きの部屋を多くすることができます。

玄関ホールは4畳で奥に広く下足箱とシューズクローク収納つきです。

リビングダイニングキッチンは20畳の広さでゆったりしており
各部屋の中心にあって部屋をつなぐ役割もしています。

そのことで廊下のない延べ床面積を有効に使った間取り図になります。

コストや延べ床面積に対して部屋数や部屋の面積が大きく取れています。

キッチンは対面式キッチンで間取りの中心になります。

洗面脱衣室の洗濯機にも近く家事動線に配慮されています。

洗面脱衣室は収納スペースもありトイレも2箇所あります。

寝室は10畳の広さで、3畳のウォークインクロゼット付になります。

6畳の洋室は3室あり、そのうち2室は後から仕切るタイプで
新築当初は1室に広いスペースになっています。

子供部屋として使うイメージで、成長とともに仕切りを入れるため、
ドアと収納は2室になったときでも使える配置にしています。

キッチン脇の洋室6畳は引き戸でオープンになるので
主婦専用に家事室として使用することもできます。

子供の遊び場や、ペットルームや、トレーニングうルーム
SOHOなどのジムスペースなどの目的に使用することもできます。

和室は6畳で押入れと床の間付でリビングに接しています。

リビングに接した引き戸を開放することでリビングと連続し、
広いLDKを演出する効果もあります。

リビングの上部は平屋で上に部屋がないので天井を高くして
インテリアを立体的に広くすることが可能になります。

平屋上に部屋がないことで天窓の配置も自由になります。

上に部屋がないことで耐震的に強い住宅になり、
地震に強い家にすることができます。

間取りも長方形でバラスが良く屋根形状もシンプルになるため
雨漏りのリスクの少ない住宅の間取り図になります。

大きなシューズクロークのある夫婦で住む平屋の間取り図

敷地は北道路の想定で北玄関になっていますが
東道路や西道路でも窓やドアの変更で使うことができます。

(外観を整えるため)

間取りは長方形で張りや欠けのない間取りプランで
屋根形状もシンプルになるため美しい外観を作ることができます。

部屋数は3LDKになっており
そのうち8畳の寝室と6畳の洋室がベッドルームの想定です。

イメージ的には子供が大きくなって独立後の夫婦で
洋室は子供部屋かたまに帰ってくる子供の部屋の予定です。

玄関ホールには広めのシューズクロークがあり
天井も屋根なりに高くなって広がりのあるスペースです。

円窓をつければ明るさもより得られるでしょう。

リビングダイニングキッチンは18畳に広さで
ダイニングもリビングも南の窓があり庭に面して明るい部屋です。

キッチンは対面式になっていて、ダイニング越しに庭を見ながら
気分が良く作業のできるキッチンになります。

リビングとダイニング、和室まで見えるので
キチンからの家族とのコミュニケーションの良い間取りにもなっています。

キッチン脇には2畳のもの入れがありパントリー収納に使用できます。

キッチンのバックカウンター収納も幅広で
収納の充実した間取りになっています。

和室の6畳は利便リビングに接して配置され、
引き戸を開放することでリビングと一体化してLDKが広くなります。

和室はゲストルームや趣味の部屋や書斎につかいます。

寝室は8畳で南と東窓付きで風通しと日当たりの良い部屋です。

洋室6畳はクロゼット1畳で窓が二箇所あるので
自然に風が通る快適な部屋になります。

玄関付近にはクロゼットもあり収納力も大です。

収納が足りない場合は平屋なので小屋裏収納を増やすことができます。

洗面脱衣室は2畳で浴室が2畳1坪タイプで
トイレは1箇所になっています。

33坪4LDKパントリー収納のある平屋の間取り図

参考のプランは33坪の4LDKの平屋の間取り図です。

南道路の想定で南玄関になっています。

リビングダイニングは広く18畳の広さです。

キッチンは対面式でダイニングとリビングを見渡すことができます。

各部屋にはリビングを通って入る形になり
廊下というスペースがなために無駄な空間がなくなっています。

その分収納などに割り当てられています。

33坪という広さの延べ床面積ながら
納戸や収納スペースが作れるのも
廊下や階段がないためです。

玄関ホールには1畳の土間収納、物入れがあり、
スポーツ用品や靴などを収納することができます。

下足入れは別に玄関にあるのでプラスアルファの収納スペースです。

キッチン脇には4畳の広い納戸があります。
勝手口もあるのでパントリー収納としても利用可能です。

洗面室と脱衣室は別になっているので
バスルームを使用の場合でも洗面室を利用できます。

トイレにも近いので手洗いに便利です。

洗面カウンター幅も広いので身支度に十分な広さです。

ベッドルームは6畳が2室と8畳が1室で
各部屋にクロゼットがあります。

和室は6畳でリビングに接して開放できる引き戸と
玄関から出入りできる引き戸があります。

玄関からも出入りできるので客間としても使用できます。

35坪4LDK坪庭のある平屋の間取り図

参考のプランは35坪4LDKの坪庭のある平屋の間取り図です。

西道路の想定で西玄関になっています。

リビングダイニングキッチンは建物の中央で20畳の広さです。

リビングを中心に東側に3部屋のベッドルームがあります。
各部屋は5.2畳でクロゼット付です。

子供部屋になる予定の部屋で東窓で学習などに快適な部屋になります。

朝日が入る場所になるので規則正しい生活にもよいでしょう。

玄関付近には和室の8畳があります。
和室の8畳は夫婦の真意sつになる予定です。

床の間が1畳と押入れが1畳あります。

洗面室は2畳で幅の広い洗面台カウンターがあります。

脱衣室は2畳で収納の億個とのできる広さです。
バスルームは1.25坪タイプのユニットバスです。

脱衣室と廊下から出入りのできるファミリークロゼットが5畳あり
衣裳部屋としても利用可能な広さです。

南側に面して2畳の部屋干し室があります。

部屋干し室から坪庭に出ることができます。

坪庭は屋根つきの外部テラスで物干しも可能です。
リビングからと和室からも窓があります。

冬の時期や梅雨や雨降りの日、花粉の多い日などに重宝します。

共働きの風雨のアイテムとして便利な部屋です。

長方形のシンプルな形状の間取りなので
屋根形状もシンプルで外観の美しい住宅になります。

収納を増やしたい場合小屋裏に収納を作ることも可能です。

家族の人数の変動に対応できる平屋の間取り図

参考のプランは28坪3LDKの平屋の間取り図です。

南道路の想定で南玄関ですが、東道路でも使用可能です。

玄関ドアは引き違いの和風のドアです。
アルミのドアなので耐久性も高くスムーズに開閉します。

玄関ホールは奥に広く5畳ほどのスペースがあります。

平屋の住宅は上の階に部屋がないので天井も高くすることができます。

リビングダイニングキッチンは18畳です。

ダイニングとリビングは南側に面して明るい窓があります。

キッチンは対面式でオープンなプランになっており、
背面にはバックカウンター収納のほかにパントリーが2畳あります。

和室は6畳で床の間と押入れ付です。

リビングに面して配置されているのと
リビングに対して開放できる引き戸があるので
リビングと一体化したスペースにすることができます。

ゲストルームにも普段使いの寝室としても利用可能です。

ベッドルームは東側に2室で5畳と6畳の部屋が引き戸で仕切られています。

家族の数の変動に対応できる間取り図です。

仕切りを開けることで広い部屋にすることもできます。

洗面脱衣室は3畳と広く、収納をおくことができます。

洗面室の南には部屋干しのできる物干し室があります。

新面脱衣室はキッチンから行きやすい場所に配置されて、
家事動線をコンパクトにしています。

部屋干しスペースは共働きの夫婦が物干しして外出するのにも便利で
雨の多い時期や冬の時期、花粉の時期などにも重宝します。

トイレはベッドルームとLDKの中間に配置されています。

収納が足りない場合は小屋裏収納を増やすことも可能です。

アイランドキッチンのある平屋の住宅の間取り図

参考のプランは30坪3LDKの平屋の間取り図です。

東道路の想定で東玄関の間取り図になっています。

リビングダイニングキッチンを中心に
ベッドルームや洗面脱衣室に移動できる間取りで
廊下が少なく無駄のないプランになっています。

リビングの一角には書斎コーナーがあり
勉強したりパソコンを使ったり
家事コーナーとしても使用可能です。

キッチンはアイランドキッチンで
キッチンを中心に回遊して移動可能です。

友人と一緒に談笑しながらの料理も可能です。

キッチンはバックカウンター収納も広く
さらに2畳のパントリー収納があるので収納量が豊富です。

ベッドルームは8畳と6畳と4.5畳の部屋があります。

8畳の寝室には3畳の広いウォークインクロゼットがあります。

洗面室と脱衣室は別の部屋になっており
バスルーム使用時でも沿面台が使用可能になります。

長方形の平屋なので屋根もシンプルで美しい外観になります。

天井を高くすることも可能です。

また、小屋裏収納も作ることができるので
さらに収納量を確保することができます。

階段で上がるロフト収納のある平屋の住宅の間取り例

参考のプランは30坪3LDKのロフト収納のある平屋の間取り図です。

南道路の想定で南玄関の間取りになっています。

玄関ホールには中で靴の脱ぐことのできる2畳のシューズクロークがあります。

リビングダイニングキッチンは20畳と広く、
対面式キッチンでオープンなプランになります。

ベッドルームは3室で8畳のベッドルームは夫婦の寝室、
6畳のベッドルームは子供部屋の想定です。

8畳のベッドルームには3畳のウォークインクロゼットがあり、
収納量も豊富な部屋になっています。

6畳のベッドルームにもクロゼットがついています。

洗面室と脱衣室は別々になっているので
バスルームが使用時でも洗面を使うことができます。

バスルームとトイレは各ベッドルームから行きやすい配置で、
ストレスのない距離になっています。

リビングを通らずに洗面やトイレやお風呂へ移動可能です。

水回りはセンターコアになっていて
各ベッドルームやリビングの採光や通風を優先しています。

廊下から屋根裏のロフト収納に階段で上がれるようになっていて、
8畳の小屋裏収納に行きやすい配置になっています。

ほぼ正方形の間取りになっているので屋根形状もシンプルで
美しい外観の平屋の住宅になります。

またシンプルな屋根形状の住宅は雨漏りのリスクを軽減します。

構造的にも平屋の住宅が有利なのは
二階建てのように上に重量が載っていないためで
地震にも強い家になっています。

センターコアの平屋の間取り図

参考のプランは33坪の平屋の間取り図です。

敷地は南道路の想定で南玄関になっています。

リビングダイニングキッチンと玄関を南に配置しているため
ベッドルームは東と西、北窓の部屋になります。

水周りはセンターコアの間取り図になっていて、
建物の中心に配置されています。

センターコアはマンションなどで多く見られる間取りで
戸建て住宅では洗面脱衣室や浴室に窓をつける場合
外周側に水周りを配置する間取りが一般的に作られます。

ベッドルームに窓をつけたい場合、
センターコアの間取りは窓のある部屋を確保することが可能です。

ユニットバスなどは換気戦野浴室暖房機などで
部屋の湿気を調節することも可能なので
換気などは設備で補うことができます。

トイレは広めで手洗い付のゆったりしたスペースで
窓のある間取り図になっています。

玄関付近にはシューズクロークと納戸もあるので
収納量も豊富な間取りになっています。

ベッドルームの光が足りない場合や南の光が欲しい場合、
平屋の住宅は上に部屋がないので天窓をどこにでも配置できます。

そのことで廊下やベッドルーム、その他の部屋も
上からの光を確保することができます。

小屋裏収納のある平屋の住宅の間取り図

参考のプランは27坪3LDKの平屋の間取り図です。

西道路の想定で西側玄関の間取りになっています。

間取りは3LDKで2人ぐらいか3人ぐらいの家族で住むのに
ちょうどよい広さの住宅になっています。

リビングダイニングキッチンは18畳で南窓付き
対面式キッチンでフルフラットキッチンです。

オープンなキッチンなのでダイニングとリビングを見渡すことができます。

ベッドルームは3室で各部屋は6畳の広さです。
各部屋には1畳のクロゼットがついています。

玄関ホールは 4畳と奥に広くカウンター収納もあります。

また、廊下にクロゼットもあるのでコートやスポーツウエアなど
普段使いの上着を収納することができます。

洗面室と脱衣室は別になっているので、
バスルームを使用時でも洗面台を使うことができます。

光を入れたい場合は平屋なので廊下に天窓も付けられます。

収納は階段で登れる小屋裏収納が7畳あるので
普段使わないものは小屋裏に収納することができます。

パントリー収納のある平屋の間取り図

参考のプランは30坪3LDKの平屋の間取り図です。

北道路の想定で北玄関の間取りになっています。

玄関ホールは奥に広く4畳ほどのスペースになっていて
幅の広い下足入れがあります。

部屋を広く見せたい場合はカウンター収納にして、
収納力重視の場合は天井まで収納にしてもよいでしょう。

リビングダイニングは19畳で南の庭に面しています。

リビングもダイニングキッチンも明るく
対面式キッチンからはダイニング越しに庭が見えます。

また、キッチンからはリビングもダイニングも見渡せます。

キッチンの背面iは3畳の広いパントリー収納があり、
収納量も多くなっています。

リビングを通って洋室の5畳と6畳に行くので
子供部屋などのベッドルームには最適です。

寝室は8畳で3畳のウォークインクロゼット付きです。

共用の納戸も2畳あって収納量があります。

収納が足りない場合はロフト収納が作れます。

四角いプランですので屋根もシンプルになり、
雨漏りのリスクのない住宅の間取りになっています。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村