ロフト収納のある平屋の間取り図

参考のプランは33坪の平屋の間取り図です。

東道路の想定で東玄関になっています。

南の庭に対してLDKと洋室6畳が2室面しています。
他の2室は西窓のある部屋になります。

すべての部屋はリビングを経由して入るようになっており、
家族のつながりやコミュニケーションの深まる間取りになっています。

リビングの上部は屋根なりに天井が高くなっていて
モダンなインテリアの印象をつくり出しています。

キッチンは対面式キッチンで背面の収納も広く側面にパントリー収納もあります。

洗面室と脱衣室は分かれて配置された間取りで、脱衣室は2畳で収納をおくスペースもあります。

洗面カウンターは幅が広く鏡も大きくデザイン正の高い空間です。

洗面カウンターはトイレの前に配置されているので、トイレ使用時にも重宝します。

玄関ホールにはシューズクロークと下足箱があり収納量も豊富です。

階段であがるロフト収納じゃ8畳の広さです。

普段使わないものはロフト収納に収納することで部屋が片つけられます。

間取りはシンプルで屋根形状もシンプルになることから、
外観の美しい平屋の住宅になります。

土間スペースの広い平屋の間取り図

参考のプランは28坪3LDKの平屋の間取り図です。

北道路の想定で北玄関になっており、
玄関のスペースは広く奥行きもあります。

玄関土間に続いて土間の部屋が6畳あります。
土間の部屋はキッチンへつながり様々な部屋に使うことができます。

例えば趣味の部屋として使う方法。

自転車やアウトドアなど靴のまま使えるスペースで、
キッチンへも行きやすいのでオフィスのように使うことができます。

他には家事コーナーとして使う方法。
主婦の部屋として使ったり、食事の下ごしらえのスペースでも良いでしょう。

リビングダイニングキッチンは19畳でキッチンは対面式です。
ダイニングとリビングに接して畳コーナーがあります。

ベッドルームは6畳が2室で、各部屋にはクロゼットつきです。

洗面室は1畳で脱衣室が2畳、トイレが1畳です。

収納は小屋裏収納が12畳と広いスペースがあります。

階段で上がることができるので、一部を趣味の部屋にして
半分を収納に使うこともできるでしょう。

長方形のシンプルな平面形状なので外観も美しい平屋になります。

耐震性にも優れた家になるでしょう。

玄関土間が広く土間収納のある平屋の間取り図

参考のプランは30坪3ldk、土間収納のある平屋の間取り図です。

北道路の想定で北玄関になっています。

玄関ホールは土間の広いタイプで玄関ドアは親子ドアです。

玄関土間まで自転車などを入れられるような広さです。

玄関土間の横には3畳の広い土間収納があります。

シューズクロークや納戸的な使い方ができます。

南側には16畳のLDKがあり、南の庭にダイニングとリビング画面しています。

キッチンは対面式でオープンな配置、バックカウンター収納も広いタイプです。

キッチン脇にはパントリー収納が1畳あるのでさらに収納量があります。

リビングに面して6畳の和室があり、押入れ1畳と床の間付になります。

和室の襖はリビングに対してオープンにできるようになっています。

リビングと和室画つながりのある空間になることで
さらにひろいLDKのインテリアになります。

洗面室と脱衣室は分けられており、浴室使用時でも洗面台が使用できます。

トイレを使用した後でも直ぐ洗面台を使うことができます。

寝室8畳はクロゼット2畳付きで6畳の洋室には1畳のクロゼットがあります。

廊下から隠し扉をあけると、階段があり、小屋裏収納にあがることができます。

小屋裏のロフト収納は12畳で広い収納スペースになっています。

間取りは長方形のシンプルな形状で屋根形状もシンプルです。

屋根形状が単純であれば雨漏りに対しても強く
自身に対しても安定感のある耐久性の高い平屋の住宅の間取り図
になります。

土間収納のある平屋の家の間取り図

参考のプランは31坪3LDKの平屋の間取り図です。

南道路南玄関の間取りですが東道路や西道路でも使用可能です。

玄関土間は広くシューズボックスカウンターがあります。

カウンターを小さくすれば自転車も玄関の中に入れられる土間の広さです。

リビングダイニングキッチンは18.5畳で
リビングの背面にリビング収納があるためリビングが片付けられます。

壁掛けテレビにした場合でも背面に配線などを収納可能です。

キッチンは対面式キッチンで背面の収納も広く横にパントリーがあります。

リビングダイニングの天井は高く、南の庭に面してデッキがあります。

寝室は8畳でウォークインクロゼットが4畳と広いです。

寝室の南側は物干しになっており、寝室で洗濯物をたたんだりアイロンが得kの作業もできます。

東には6畳の部屋が2室あって当初は1室で12畳の広い部屋です。
仕切った場合でもクロゼットとドアがある様な間取り図になります。

洗面室と脱衣室は別で、幅広いか洗面カウンターがあります。

トイレ使用時でも洗面が使えるのとバスルーム使用時でも洗面が使えるので便利です。

バスルームは1坪タイプで浴槽も洗い場も広く快適です。

脱衣室は収納を置くスペースもあり広くて快適です。

収納量も確保されている平屋の間取り図ですが、
収納が足りない場合は小屋裏に収納を増やしていく間取りもあるでしょう。

長方形のシンプルな間取りで、屋根もシンプルで雨漏りのリスクのない外観になります。

耐震的にも負担の少ない平屋の住宅は、災害にも強くなるでしょう。

シューズクロークと家事コーナーのある平屋の間取り図

参考のプランは28坪3LDKの平屋の間取り図です。

東道路の想定で東玄関になっています。

玄関には3畳の広いシューズクロークがあります。
玄関土間とホールの2箇所から出入りできる間取りです。

ベッドルームは南側に6畳が2室で西側に1室の3室あります。

リビングダイニングキッチンは18畳で南側の庭に面しています。

キッチンは対面式でリビングダイニング越しに庭が眺められます。

キッチン脇にはパソコンコーナーにも家事コーナーにもなる
作り付けのカウンターのスペースがあります。

洗面脱衣室は3畳で収納スペースのある使い勝手の良い間取りになっています。

浴室は1坪タイプで浴槽も広く快適なバスルームです。

ロフト収納は階段で登る仕様になっており、
階段の入り口は扉で隠す様な隠し部屋のようになっています。

労と収納は7畳で収納量も多くなっています。

トイレは1畳で廊下から引き戸で入ります。

間取り図は長方形で安定した平面形状で耐震性も高くなっています。

単純な形状の間取り図は屋根形状もシンプルになるため
雨漏りのリスクも少なくなっていきます。

最近の強い台風やゲリラ豪雨にも耐久性を高められます。

小屋裏収納に階段で上がる平屋の間取り図

参考のプランは32坪4LDKの小屋裏収納のある平屋の間取り図です。

敷地は南道路の想定で南玄関になっています。

東道路や西道路の敷地でも使用可能な間取りです。

玄関には1畳のシューズクロークとカウンタータイプの下足箱があります。

リビングダイニングキッチンは18畳でキッチンは対面式です。

キッチンはバックカウンター収納も広く、1畳のパントリー収納があります。

バッドルームは洋室6畳が3室と8畳が1室あります。

寝室8畳はウォークインクロゼット付で
ウォークインクロゼットには小屋裏収納へ上がる階段がついています。

小屋裏収納は4畳で階段で上がるので使い勝手はよいです。

リビングの上部は屋根なりに勾配天井になっているので広く感じます。

洗面室と脱衣室は別になっており、浴室使用時でも洗面台を使うことができます。

また、トイレ使用時にも手洗いとして使うことができます。

間取りは長方形で屋根もシンプルになるので美しい外観の平屋になります。

シンプルな屋根はゲリラ豪雨などにも強く雨漏りのリスクを軽減します。

ロフト収納と中庭のある平屋の間取り図

参考のプランは33坪4LDKの中庭のある平屋の間取り図です。

リビングとダイニング、そして和室で中庭を囲む家の間取り例になります。

玄関は東側で南道路や北道路、東道路で使用できる間取りです。

リビングを中心に各部屋が配置されており、そのうち2室のベッドルームへはリビングから出入りできるようになっています。

和室と洋室6畳のうち1室は玄関側から出入りする配置計画です。

リビングには作り付けの学習コーナーカウンターが設置されており、
明日の学校の準備や宿題などを親の目の届くところで行うことができます。

リビングのテレビは壁掛けのタイプで背面物入れがあるので、
裏側に周辺機器や、DVDブルーレイや書籍、新聞などを収納することができます。

配線なども背面にかくすことができるので便利です。

リビングの天井は屋根なりに高くなっており、モダンなインテリアを作っています。

キッチンは対面式でリビングとダイニングを見渡すことができます。

ダイニングへの配膳もしやすく、作業しながらテレビを見ることもできます。

ダイニングとリビングは空間はつながりながら個別の空間として分けられ、緩やかにつながっています。

和室は独立して玄関側からの出入りになります。

和室からは中庭と南の庭が見えるのでゲストルームや親と同居の部屋
寝室に使うことも可能になります。

洗面室と脱衣室は分かれているのでバスルームを家族が使用時でも洗面台を使うことができます。

又、トイレ使用時も手洗いとして使えるので便利な間取り図です。

玄関にはシューズクロークと下足箱があり収納量も豊富で、
天井も高く開放感があります。

天窓をつけるなどの工夫で明るさも確保できます。

ロフト収納へは廊下からの階段で登ることができます。

ロフト収納は6.5畳と収納量も豊富で収納力をアップさせています。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村