平屋 間取り 3ldk

今回のプランは30坪3LDKの浴室に庭のある平屋の間取りです。

間取りは北道路の想定で北玄関になっており、
玄関付近にトイレやバスルームが配置されています。

窓が玄関に近いため位置が気になるところですが
壁に囲まれたプライベートな庭を持つことで
外部からの視線の遮断と内部からの景観を手に入れています。

玄関ホールに入るとシューズクロークが2畳あります。
内部には可動棚が配置され、壁面一杯に収納することができます。

リビングダイニングキッチンは22畳と広く
キッチンは対面式でアイランドキッチンになっています。

アイランドは島状に周囲を歩くことができるので
移動がしやすいので便利な間取りです。

キッチンには背面収納のほかにパントリー収納も2畳あり
収納量も豊富なので使いやすくなります。

リビングには壁面にリビング収納もあるのでリビングを方つけやすく
物が散乱しないので美しいインテリアを保つことができます。

リビングの一角には学習コーナーパソコンコーナーに使える
作り付けのカウンターがあるので子供の宿題などもすることができます。

キッチンに近い場所で各ベッドルーム寝室から近い位置に
洗面脱衣室とバスルームがあります。

バスルームからは外から見えないプライベートな庭があり
バスルームの窓から眺めながら入浴することができます。

脱衣室にはリネン庫収納もあるので下着やタオルや洗剤など
様々なものをストックすることが可能です。

各ベッドルームはLDKの東側に配置されており
寝室8畳でウォークインクロゼットが3畳の広さがあります。

子供部屋の想定の洋室は5畳で各部屋にクロゼットがあります。

明るく加須と押しの良い部屋で健康的な生活を送ることができます。

平屋の住宅ですので2階がないのでロフト収納などの
小屋裏収納を増やすことも可能な間取りになります。

また、屋根勾配なりに天井を高くすることもできるので
インテリアも美しく開放的につくることができます。

36坪3LDK家事室とパントリー収納のある平屋の間取り図

今回紹介するのは36坪3LDKの平屋の間取りです。

特徴としては家事室そしてパントリーもあって
主婦の目線で使いやすい間取りになっています。

玄関ホールは小さめで玄関の入り口は東の方にあります。
敷地は南道路の想定ですが南の方に必ず入り口がなければいけない
と言ったことはありませんので今回は東の方に配置しています。

玄関に入って行くとカウンター式の下足箱と土間収納があります。
土間収納の方には外で使ったスポーツ用品などを入れることもできます。

例えばサッカーボールとか野球の道具とかです。
靴も入れることもできます。

例えば虫取り網とか外に出しておいたりとかせずに中に入れることができます。
大量にある傘も入れておくこともできると思います。

広い LDK が25畳の広さで実質的には24畳ぐらいになります。
キッチンはアイランド形式になっていて、
キッチンを中心にぐるぐると回るようになってるので
動線的にはどこにも行きやすくて便利な配置になります。

キッチンからはダイニングとリビングが見渡せるようになっています。

特にリビングの方のテレビまでキッチンから見やすい位置にあるので
例えばここに大画面でですね好きなアーティストのライブ見ながら
キッチンで作業することができます。

ダイニングとリビングの南側には広い大きな窓がありデッキに出るようになっています。

ウッドデッキがあることでフローリングとウッドデッキが連続して
部屋が広く見えるという感じになります。

リビングには家事室が隣接しています。
こちらの方は主婦専用の部屋になっています。

ダイニングの方で作業をしても途中で片付けなければいけないこともあるので
家事室で引き続き作業することができます。

買い物に行って中断しても、ここにおきっぱなしで行ける。
子供の送り迎えの時に出ても置いておけるといったメリットがあります。

キッチン背面に収納とパントリー収納もあります。
パントリー収納は大量の収納量があります。

そしてリビングに接してリビング収納があります。
リビング収納があることによってダイニングテーブルの上や
リビングのテーブルの周りに物が散乱せず片付けができるようになります。

掃除用具とかあるいは書籍雑誌などです。

特に新聞が積まれていたりするとインテリアを作った意味がなくなってしまうので
リビング収納の方に入れていくという感じになります。

少し出っ張っている部分はアクセントで仕上げを変えることによって
インテリアもデザインされたものになってきます。

例えば石貼りにして真ん中にニッチ、くぼみをつけると
暖炉みたいな形になっていいかもしれません。

子供部屋の方はリビングに接して配置されています。
将来的に仕切る形になって12畳の部屋なっているので
当初はこちらは寝室にしても良いと思います。

遊び場として作っ使っていくとか趣味の部屋にして
トレーニングみたいにするなど使い勝手はあると思います。

こちらの部屋には将来的に仕切られた時に
各部屋に収納が付けられるように分割されています。
一つの方は大きなウォークインクローゼットになっています。

メインのベッドルーム寝室の方は8畳の部屋になっていて
ウォークインクローゼットが3畳あります。

こちらの方もリビングから出入りするという形になります。

必ずリビングを通って各部屋に入っていくということになるので
家族と顔合わせてから部屋に入るのでコミュニケーションが
密になっていくといった効果を狙っています。

洗面と脱衣室が別になっているので、浴室バスルームを使って
着替えている時に他の人が洗面をつかうことができるので
家族間のストレスが軽減されていきます。

またトイレに近くなっているので洗面台をより有効に活用できる配置計画になります。

トイレの方はタンクレスのトイレで1.5畳の広いスペースになります。

手洗い付きのカウンター収納があって上部に間接照明あんど
インテリアを作っていくこともできます。
壁のところに何か好きな素材を貼って演出するといったこともできます。
各部屋でもアクセント壁は使うことができます。
一面に何か特殊な素材を使って色を変えるとかです。

全部白い壁でも一面だけ何かアクセントをつけることで部屋がデザインされます。

キッチンの所だけ天井を低くするとかダイニングを天井を低くして
リビングの天井を高くして広く見せメリハリをつけることもできます。

キッチンだけ天井下げた場合この天井だけ素材や色を変えることもできます。

シンプルで同じ間取りで何の変哲もない間取りでも
素材をイメージするだけで非常に見え方が変わってきます。

32坪3LDK一人暮らしのための平屋の間取り図

今回紹介する間取りは32坪3 LDK の平屋の間取りになります。

この平屋の間取りの特徴は玄関の土間に入ってから
キッチンの方のパントリーに入ることができます。

玄関土間からパントリーに入ることによって
買い物して玄関から収納の方からキッチンに移動することができます。

通常だと玄関ホールに入ってリビングを経由して
そしてキッチンの方に行くと、そこからパントリーに入ると形になります。

靴のまま入っていくように内部は半分土間にしてもいいでしょう。

パントリーの中には食品とかレトルトを収納することができます。

玄関ホールの方には広い3畳の土間収納があります。
土間収納の方は外部で使ったものスポーツ用品とか一輪車とかを
中に入れることができると思います。

もちろん靴もこの中に収納していくことはできます。

他の収納とのバランスを考えるとこの辺は
納戸的な扱いになってくるのではないかと思います。

LDK の方は19畳のスペースでリビングとダイニングが緩やかに繋がっていて
キッチンの方からはまテレビを見るような配置になっています。

そして東の方には学習コーナーカウンターも付いています。

東には部屋が二部、6畳程度の部屋があるので
そちらの方に近い学習コーナーがあるといった感じになります。

リビングにはリビング収納物入れがあります。
これがあることによってリビングが雑然としなくて
いつも片付けて片付けられるという形になります。

南西の方には寝室8畳があります。
ウォークインクローゼット3畳が付いているので収納量も豊富になっています。

キッチンは対面式で背面の収納と先ほど玄関から入った
パントリー収納が3畳があるので広い収納になります。

洗面室と脱衣室は分かれていて、
洗面室の洗面台も非常に広いものになっています。

1メートル70センチぐらいの広さのスペースになります。
トイレを使ってすぐ洗面の手洗いの所に出るので
トイレを使った後に使うことができる使い勝手も良い洗面のスペースになります。

脱衣室の方は収納を置くことができるぐらいの広さになるので
こちらも使い勝手は良く広くは気持ちの良い脱衣室になります。

今回の間取りは3 LDK の椅子ので家族で十分に住むことが出来、
寝室には夫婦が寝て子供二人が個別の部屋に入るといったことが可能になります。

平屋ですので2階の部屋はありません。
そこで収納が足りない場合は2階に小屋裏収納などを作る
といったことも可能になります。

土間収納とかパントリーやクローゼット、リビング収納もあって
これでも十分収納は足りるかなというところではありますが
足りない場合は小屋裏収納を増やすという形になります。

また屋根の勾配なりに天井を高くすることができます。

例えば例えばリビングのところは一番屋根が高い所になるので
ここを天井高くすると言ったことができます。

寝室や子供部屋の方も屋根勾配なりに高くすることも可能です。

間取りは長方形になっていて整然としているので
もシンプルになってきますね。

シンプルな形状の屋根は雨漏りのリスクも少なく
台風とかの時に風の影響も受けに行くことになります。

2階建てと比較すると壁の面積も少ないので
風の影響も少なくなっていくのが平屋の住宅の特徴になってきます。

また遠くから見て屋根が見えるので
屋根がシンプルな方が美しく見える外観が作りやすいです。

33坪3LDK中庭のあるおしゃれな平屋の間取り図

今回のプランは33坪3LDKの中庭のある平屋の間取り図です。

南道路の想定で南玄関になっています。

玄関に入ると玄関の奥に広い8畳のラウンジのスペースがあり
セカンドリビング的にくつろぐスペースになります。

ラウンジからは中庭が見えて光も天窓と中庭から取り入れています。

ラウンジからLDKをはじめ子供部屋の洋室6畳と
洗面トイレやバスなどの水周りへアクセスすることになります。

廊下のスペースをなくしながら
各スペースのハブ的な中継地点の役割をします。

リビングダイニングキッチンは南側に配置され

ダイニングとリビングには掃き出し窓があり
明るく広いスペースになっています。

キッチンは対面式になっており、リビングとダイニング越しに
庭を眺められる快適な配置になっています。

キッチンは背面収納も広く横に1畳のパントリー収納があり
収納量をより多くすることができています。

キッチンの北には寝室8畳が配置され、
ウォークインクロゼットが3畳あります。

ウォークインクロゼットから7畳のロフト収納へ登る
階段が設置されているのでさらに収納量があります。

子供部屋は南と東窓で明るくウォークインクロゼットがあります。

洗面室は幅の広い洗面台でデザインも良く
脱衣室は収納もある広い部屋で中庭が見えます。

トイレからも中庭を見えうことができるので
プライベートな庭を十分に楽しむことができます。

浴室は1坪タイプのユニットバスになっています。

リビングとラウンジは屋根なりに勾配天井になっており
2階のない平屋を生かした開放的でモダンな間取りになっています。

30坪3LDK大きな蔵収納のある平屋の住宅の間取り図

参考のプランは30坪3LDKの蔵収納のある平屋の間取り図です。

蔵収納は間取りの北東側の子供部屋の下にあります。

子供部屋は二人で使う仕様になっており、
リビングから半階上がって入るようになっています。

リビングには屋根勾配を利用した吹抜けがあり
1.4Mほどリビンうからあがった位置から見下ろすようになります。

1.4Mほど子供部屋がリビングよりもレベルが上がることで
その下は蔵収納として使うことができます。

蔵収納は12畳ほどの広いスペースになるので
かなりの量のものを収納することができます。

30坪と一見コンパクトな平屋の間取りに見えて
家族で住むことのできる広さと収納を備えているのです。

LDKの南側には6畳の和室のスペースがあります。

和室はLDKに引き戸を開けることで開放することができ
LDKと一体化したスペースになります。

客室として使える他に、ダイニングキッチンと近いことから
茶の間としての利用も可能になります。

キッチンはアイランド型の対面式キッチンになります。

リビングダイニングを見渡すことができ
子供部屋や寝室や和室にも目が届く位置にあります。

キッチン近くには洗面と脱衣室やお風呂などの水回りもあり
キッチンを中心に各部屋への移動がスムーズになります。

寝室は北側になりウォークインクロゼットが2畳あります。

ダイニングキッチンを中心にしながらすべての部屋につながり
移動しやすく家族もLDKに集まりやすい平屋の住宅の間取りです。

25坪2LDK夫婦2人で住むL字型の小さな平屋の住宅の間取り図

参考のプランは25坪2LDKの夫婦で住む平屋の間取り図です。

敷地は東道路の想定で東玄関になっています。

庭を確保するために家の形状はL字型になっており、
空いたスペースから各部屋に光を取り入れる間取りになります。

玄関ホールは3畳ほどの広さになり
シューズボックスのほかに土間収納とクロゼットがあります。
玄関付近での収納量も多く確保しています。

リビングダイニングキッチンは18畳のスペースで
南の庭との間に広いウッドデッキがあります。

キッチンは対面式になっておりダイニングとリビグを見渡すことができます。

また、キッチンは背面の収納も広い上に
パントリー収納も2畳あるので収納量も豊富になります。

ウッドデッキに対しては広い掃き出し窓があるので
明るく快活な間取りになっています。

リビングを経由して各部屋に入るようになり
南の方にはクロゼットが2畳ある寝室8畳があります。

和室6畳はリビングに対して引き戸で開放できるようになっており
LDKと一体化したスペースの間取りにすることができます。

和室には押入れ1畳と床の間1畳があります。

トイレは1箇所と洗面室と脱衣室は別に分けれています。

平屋の住宅は2階がないので収納が少ない場合は
ロフト収納を作って収納量を増やすことが可能になります。

26坪3LDK屋根裏部屋のある平屋の間取り図

今回は26坪3 LDK の平屋の間取りです。

想定する家族構成は3人ぐらいを想定しています。

両親と子供一人とかですね。
あるいは両親だけとか二人暮らしとかです。

寝室一つを二人の部屋にして子供二人という形で
四人家族で住むということが可能になります。

26坪という小さめのプランですので最小限のスペースになっています。
道路は西道路を想定していて西側から入ってきます。

玄関を入るとシューズボックスがあって奥の方にも物入れがあります。

南側に6畳の部屋とリビングを通って東側に6畳の部屋が配置されています。

リビングダイニングキッチンを中心に東の部屋に入るようになります。
対面式キッチンで背面の収納も広くなっています。

そして横には1.5畳のパントリー収納があって
さらに収納量が多く確保されています。

リビングの南には掃き出し窓が取られていて、
この窓はさらに大きくすることができます。

そしてダイニングとリビングの方キッチンから眺めることができます。
キッチンの横には学習コーナーカウンター、
作り付けのカウンターがあります。

キッチンからはリビングダイニング越しに庭を眺めて作業ができます。

リビングを通って子供部屋はいるので家族と顔を合わせて部屋に出入りします。
収納はウォークインクローゼットで両方の部屋から使うことができます。

トイレは一箇所で洗面室と脱衣室は分かれています。
浴室は一坪タイプの浴室になります。

玄関ホールに続いている収納の扉を開けると階段があって
この階段を登ると屋根裏収納に行くことができます。

屋根裏収納は六畳のスペースになっています。

こちらのスペースは平屋の屋根の高いとこを利用しているので
16畳の広いスペースにしたりとか、拡大していくこともできます。

てロフトにすると1.4メートルの高さの収納なりますが
二階建ての申請をしても別に何も問題ないので
立って歩けるような屋根裏部屋にしてもいいかなというところです。

今回は少人数で3 LDK の小さな平屋の間取り。
西玄関の平屋の間取りの紹介でした。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村