親と同居の平屋の間取り 30坪3LDK間取りシミュレーション

【土地の大きさ】

間口15M×奥行き50M

【接道】北

【用途地域】

第一種低層住宅

【壁面後退】
不明
【階数】
平屋

【建物の規模】
30坪程度

【必要な部屋】

・両親の寝室が8畳
・ファミクロ
・リビングに仏壇を置ける和室
・私の部屋と書斎

【間取りの要望】

・日射が取れるリビング
・部屋干しできる洗面所
・玄関横に土間収納
家事導線優先
・パントリーあり

・自家用車3台

【家族構成】
私と両親の3人

老後一人暮らし用の平屋の間取り 20坪1LDK間取りシミュレーション

 

 

敷地の大きさ:

間口19m×17.5m南西道路、

100坪強の長方形の土地、

敷地部分は道路面より約50cm盛り土されています。

建物の規模:20坪1LDK

基本1LDKで、たまに帰省する息子の寝る場所として、
和3畳かロフトが必要。

料理はほぼしないのでキッチンは簡素でOK、
パントリーは必要。

寝室に2~3畳のウォークインクローゼット。

室外に屋根と適度な目隠しのある喫煙スペース。

シニアカー又は電動三輪車収納スペース。

駐車場2台(台風で隣家のカーポート屋根が飛散して
被害を受けた経験があるので露天駐車とします)

裏庭は人工芝を敷き、
ドッグランにします。

大型犬1匹と70歳老人が15年程度暮らせる
15~20坪の平家を造りたいのです。

周囲の家の半分サイズかと思いますので、
貧相に見えない外観を希望致します。

 

親と同居の平屋の間取りシミュレーション 仏間のある家

間取りの要望

間口37.3 M 奥行17.7 M 196坪

広いですね北道路

平屋の要望で30坪前後

必要な部屋

夫婦の寝室8畳のウォークインクローゼット付き

和室6畳か4.5畳

LDK

間取りの要望

和室は独立リビングに接しなくても良い

仏間と押入れ

3畳ぐらいの畳の小上がり

リビングか寝室にほしい

ウッドデッキ

南側広いのでリビング続き

キッチンはアイランド

パントリー

キッチン裏回遊動線

お風呂広め 大きめ1.25坪タイプ

洗面所と脱衣所は別々

できればランドリールームユーティリティのような

部屋を通って南側の外に出られるように

トイレを和室近くがベター

できれば声等収納ウォークインクロゼットからって書いてあるねはてな

東玄関引き戸

玄関に土間収納シューズクローク

勾配天井

できれば高窓

屋根は瓦 軽量

家族3人で夫婦と母親 三人

 

高窓なし

 

収納の多い平屋の間取り リビング収納と土間収納 35坪4LDK間取りシミュレーション

今回の間取りは35坪4LDKの平屋の間取りです。

玄関は北玄関で玄関から入ると4.5畳の広い土間収納があります。
さらに3畳の納戸があり収納が十分に確保されています。

玄関付近に帰ってきてすぐ手を払うことのできる
1.2 m の幅の広い洗面台があります。
トイレも広くて手洗いカウンター付きのトイレになっています。

洗面脱衣の方には玄関側と寝室側から両方からで利用できます。

リビングダイニングキッチン20畳は南にあって
キッチンの横にリビング収納が2畳あり通り抜けて使うことができます。

リビングに接して和室6畳が二部屋、
二つの和室はリビングに引き戸を開いて
解放することができて一体化することができます。

東の和室二は仏間がついており、
西の方にも押入れ付きの和室になって寝室に使うことができます。

洋室が二部屋あって、こちらは子供部屋に使うことができます。

各部屋6畳の4部屋になっていますけれども
家族の変動に合わせて使い勝手を変えていくような間取りで

納戸や土間収納、リビング収納など収納力も十分に確保されている
平屋の間取りになってきます。

家族で住む東西に長い平屋の間取り図畳コーナー付き30坪4LDK

 

現段階では、平屋の長い家の間取りなのですが、
外観が公民館みたいにならないか不安もあります。

玄関も戸を開けるすぐ道路というのもきになりますし、
玄関も家の中に引っ込んでいる感じにしたいです。

北側に川があり、建物が無いため、

外が見られる窓があればいいなぁ。
と思っています。

土地の大きさ 180坪
接道 東道路
建物は平屋で30坪くらい。

LDKは20畳くらい
和室3畳?4畳くらい
子供部屋は4.5畳くらい2部屋
夫婦の寝室1部屋 6畳くらい

間取りの要望

玄関に自転車が1台置ける広さが欲しいです。

キッチンは対面キッチン。浴室は1.25の広め。

和室はリビングに接する様にしてほしい。

子供部屋と夫婦の寝室にはクローゼットなしで、
ファミリークローゼット3 ~4畳。

パントリーあり。

家族構成
家族 4人
夫婦と子供2人

 

階段で登る小屋裏収納のある平屋の間取りシミュレーション

敷地の大きさ:

15M×15M 南道路

建物の規模:
29坪3LDK

必要な部屋:

LDK 18畳
寝室 8畳 ウォークインクロゼット3畳
洋室 6畳 クロゼット
洋室 6畳 クロゼット
パントリー 2畳
洗面室 脱衣室 浴室 トイレ
小屋裏収納

間取りの要望:

階段で登れる広めの小屋裏収納

対面式キッチン

リビングを経由して子供部屋に入る
子供部屋の一つをリビングに接して開放することにして
多目的の部屋を作る
子供の成長に合わせて用途を変えられる

洗面室と脱衣室を分ける
パントリーと洗面室を接して通り抜けられる
キッチンからの家事動線を考慮して洗濯機へ近くする
寝室は南に窓をつける

トイレ1か所で良い

リビングの南に庭を作る

太陽光発電設置

駐車場1台

家族構成:

夫婦子供二人

細長い敷地に建つ平屋の間取りシミュレーション

28坪3LDK の家族で住む平屋の間取りです。

間取りの特徴は南北に細長い敷地になっていることです。
北玄関になっていることで南側に2室配置すると
リビングが間取りの真ん中になるために東と西からの窓になるのですけれども
高窓をつけることによって日当たりを解消していきます。

 

敷地の方は北道路で北側に並列駐車場2台と駐輪場、
そして北側に洋室、7畳の寝室の部屋にはウォークインクローゼット3畳があります。

玄関付近にシューズクローク、そしてトイレには手洗い付カウンターがあります。

リビングダイニングキッチンが真ん中にあって
南側に洋室6畳二部屋で、収納が1畳、
収納で部屋を隔てて挟んであるという感じになってきます。

キッチンは対面式キッチンでキッチンのすぐそばに脱衣2.5畳と
浴室があることによって家事動線もコンパクトになっています。

さらにこのキッチンの横の収納、物入れがあって
これがリビング収納とパントリーを兼ねているような感じになります。
勝手口もあり、背面収納は一般的な広さです。

リビングダイニングキッチンのリビングとダイニング部分、
この辺が吹き抜けているので見た目よりも広く感じるようになってきます。

南からの光はこの上の勾配天井から取るハイサイドライトと
あと洋室の一つが引き戸を開放して光を入れられるようになってるので
この部屋経由で光が入ってきます。

この多目的に使う部屋は子供の成長に合わせて
勉強スペースになったり遊び場になったりして
一時期は LDK が26時に拡大するという感じです。

キッチンの背面の階段のところを登っていくとロフト収納があって
上からリビングを見渡せるようになっています。

サーキュレーター、天井扇をつけて、
空気を攪拌すると暖気が下に降りるようになります。

 

40坪4LDK平屋の間取りシミュレーション 半屋外ウッドデッキ庭と中庭

20坪4LDK の家族で住む平屋の間取りです。

玄関付近には4畳の広い土間収納があります。

玄関入ってすぐに洗面手洗いスペース、トイレが一畳、
北側に中庭の見える7畳のベッドルームとウォークインクローゼット3畳
和室4.5畳は押入れ床の間付きでさらにお風呂空も中庭が見えるようになっています。

リビングダイニングキッチン22畳は半屋外の屋根付きのウッドデッキに面しています。
南側に部屋干し室2畳があって、
キッチンはアイランドキッチンで回遊性があります。

背面の収納以外にパントリー収納は1畳あります。

洗面と脱衣は分かれていて2畳ずつのスペースになっています。

トイレが1畳、寝室のそばにあって、
寝室は10畳でファミリークローゼットが6畳と広く、
衣装部屋のようになっています。

南の洋室六畳はファミリークローゼットを兼用して使うような形になってきます。

平屋の住宅ですので上に部屋がありませんから
リビングダイニングの天井は勾配天井で高くすることができます。
インテリアも広く見せることができます。

和室4.5畳がリビングに隣接して開放できるので
さらにリビングが広く感じられるようになっています 。

 

25坪の小さな平屋の間取り 隠し部屋のあるローコスト住宅

25坪2LDK の家族で住む平屋の間取りです。

玄関ホールには2畳の土間収納があってシューズクロークの役割をします。

リビングダイニングキッチンは20畳で、
キッチンはアイランド型ダイニングのテーブルと一直線になっていて
ダイニングテーブルを作業スペースに使うことができます。

キッチンからはダイニングとリビングを見渡すことができて
リビングの南側にはウッドデッキのテラスがあります。

寝室8畳には4畳の広いウォークインクローゼットが付いており、
6畳の個室には一畳のクローゼットが付いています。

キッチンの北側の方に洗面と脱衣室があって
洗面と脱衣室は分かれています。

ダイニングの東側に引き戸を開けると階段でロフト収納に登るようになっており、
隠し部屋のようなスタイルになっています。

ロフト収納15畳と広くなっていて、収納だけではなく
書斎のような部屋に使うこともできます。
東と西の方に窓を設けてあるので、ある程度の風通しができます。

リビングの上部を勾配天井にしているので
場合によってはロフトとリビング空調的に一体化して
上からリビングを覗けるようにするという配置計画もあると思います。

屋根は切妻屋根で勾配は南に対して平入になっており
屋根の高いところを利用してロフト収納を作るという計画になります。

 

階段で上がるロフト収納のある平屋の間取り 土間収納、パントリーキッチンへ通り抜けできる住宅プラン

32坪4LDK の平屋の間取りを紹介していきます。

間取りの特徴は北道路になっていて北側に駐車場、

南北に部屋が配されていて、リビングを中心に入っていくプランになります。

 

また平屋ですがリビングの天井が高くなっていて

南から光が入るようになっています。

さらにロフトの収納もあるプランになっています。

 

北側に4台駐車するスペースがあって玄関ホール入っていくと

シューズクロークそしてパントリーを通ってキッチンの横に出てきます。

帰ってきて荷物を一時置きして後でパントリーからとることもできますし

宅急便も一時おきすることが可能になってきます。

 

LDK が20畳で東側に坪庭的な少し広い庭があって

ここから光を取り入れていきます。

 

和室6畳は北側についていて引き戸で開放できるようになっています。

南側に6畳3部屋があって各部屋にクローゼットが付いています。

 

南の掃きだしの窓からデッキの方に3部屋から出ていくという感じになります。

ランドリースペース2畳、浴室2畳と洗面とトイレ

和室には押入れと床の間がついています。

 

リビングダイニングに階段がついていて、

階段を登って行くとリビングの勾配天井が高くなっていてロフトがあります。

 

勾配天井はリビングと一体化した空間になっているので

この天井の高いところから光を取り入れています。

 

このことで南の窓から光も入ってくるよという感じになってきています。

 

廊下無い無駄のないプランなので

延べ床面積32坪の割に4 LDKで充実して使っていけます。

 

 

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOUTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

画像・記事の転載禁止

出典の記載に関わらず、画像・間取りの一切の転載を禁じます。