30坪3LDK平屋の間取り図。階段で登るロフト収納のある家。

今回のプランは30坪3LDKの平屋の間取りになります。

間取りの特徴は広いロフト収納、10畳のロフト収納のあるプランになります。
3 LDKという部屋数ですので夫婦の寝室と
子供部屋の想定の部屋とがあって家族で住むことができます。

30坪という延床面積ながら廊下がほぼない状態になってますので
リビングダイニングキッチンが20畳と広く
さらに寝室もしっかり8畳の広さがありウォークインクロゼットもあります。
洋室には1畳のクロゼットがあります。

水回りは洗面室と脱衣室が分かれており、トイレも1.5畳と広くなっています。

また、階段で登っていくことができるロフト収納があります。
扉は階段を登った奥の方につけてあります

間取りの方ですが東玄関になっています。
そしてこのプランは南の方から入って側面の東の方から入る想定にしてます。
これは東道路でもいいし北道路でも使える間取りになります。

玄関ホールの方を入っていくと3畳の広さになっています。
北のほうに行くと洋室6畳と南の方の部屋の方は6畳の部屋で
南と東の方に窓が取られて風通しも対角線上に抜ける風になります。

寝室ぼ8畳の部屋は北に面する間取りになって北方向ノマドになっています。
ウォークインクロゼットが3畳ついていてます。

リビングダイニングキッチンの方ですがダイニングとリビング
それぞれ南の方に掃き出し窓がついていて南の方に出ることができます。

ダイニングもうリビングも明るい大きな窓が付いているという設定になってます。
対面式キッチンデイダイニングとリビングを見渡せるようになっていて
ダイニングそしてリビング越しに南の庭を見るということができます。

そしてキッチンの奥の方に洗面室そしてトイレ、脱衣室とお風呂があるので
キッチンから洗濯機の方にも行きやすい間取りになります。

設定としてはこちらで洗濯して南の方もデッキをつけるとかしながら
物干しスペースを作っていくという風になります。

トイレの方は1.5畳と広く、カウンターの収納がついて
手洗い器もあって毎日ゆったりした気分で使うことができます。

洗面室と脱衣室が分かれているのでバスルームを誰かが使っている時でも
洗面台を使う事が出来ます。
また脱衣室の方にもしっかり収納が取られていて使いやすい間取りになっています。
トイレと洗面も近いのでトイレから出てすぐ手を洗うということできます。

玄関付近にトイレと洗面があった方がいいと言われる方もいらっしゃるので
水回りトイレとですねお風呂洗面脱衣の方を入れ替えるということもできます。

こちらが水回りと洋室を入れ替えた間取りになります。

そして階段を上ってロフトの収納があります。
こちらの方は屋根の高いところを利用してロフトを作っています。

リビングの上部を吹き抜けて天井を高くすることによって
ダイニングとメリハリをつけてモダンなインテリアを作っていくということができます。

玄関の部分も高くするということも可能になってきます。

今回は広いロフト収納のある平屋の間取りを紹介していきました。

平屋間取りシュミレーション

シェアハウスに使える平屋の間取り図。28坪5LDK

今回のプランは28坪5 LDK の平屋の間取りになります。

こちらのプランはシェアハウスとして使えるような平屋の間取りになります。

部屋の方は5室あり、延べ床面積が28坪なので
小さめの平屋の中に小さめの部屋がたくさんあるというような住宅です。

夫婦の寝室が大きく取られていて、小さな子供部屋というような
差別化をしている部屋ではなくて
小さめの部屋が4部屋あって共用の和室が一部屋あるというようなプランです。

リビングダイニングキッチンは20畳と広く
キッチンはアイランドキッチンになっていて
ダイニングと連続したような作りになっています。

部屋は小さめでたくさんの人数が入れるようになっています。

家族で使用する場合には各部屋をベッドルームとして
4人ぐらいの想定で住むことができます。

水回りの方は洗面脱衣室が2畳で、バスルームが2畳トイレが1畳です。

トイレの方はもう一つ欲しいところですけれども
28坪という面積に収めていきたいというところも意図しています。

なるべく延べ床面積を増やさない設備のコストを増やさない
という意味で一つになっています。

間取りの使い方ですが和室4.5畳を夫婦の寝室にして
4部屋を子供部屋にするということであれば
最大6人の家族で住むということも可能になってきます。

実はその場合には洗面と脱衣を分けた方がいいとか
トイレを増やした方がいいとかそういった要望も出てくると思うのですけれど
もできるだけコストを抑えて廊下をなくしていきたいという意図もありますので
28坪におさえています。

その代わりリビングダイニングキッチンが広く20畳となっています。

平屋の間取りですので天井を高くすることができます。
プランの中央にありますので屋根の頂点のところであれば
かなりの高さの天井高さ ことができます。

また収納量が少ない場合、ロフト収納を作っていくことができます。
天井裏にハッチを開けて階段が出てくるタイプのものを使えば
かなりの広さのロフト収納を作って収納量を増やすことも可能になってきます。
玄関ホールなども天井を高くすると、より見栄えの良い住宅になると思われます。

ほぼ正方形でシンプルな形状になっていますので
屋根などもシンプルになって雨風の影響を受けにくい住宅を作ることはできます。

最近は集中豪雨や記録的な風を伴う台風などの災害もありますので、
できるだけシンプルで災害に強い住宅にするのに平屋の住宅は適していると言えます。

2階に比べて風圧を受けにくくなっていますので
風圧にも強く2階に重量を乗せて地震力を受けるということではないので
耐震性も2階に比べると負担が少ないと言えると思います。

今回は平屋の住宅を紹介してきました。

シェアハウスに使えるような間取りですので
これをアレンジして実際にシェアハウスを作っていく
というのもできると思います。

投資やシェハウス運営にも参考になれば幸いです。

玄関から中庭の見える平屋の間取り図。35坪4LDK

今回のプランは35坪4LDK の平屋の間取りになります。

玄関ホールを入ってすぐ玄関ホールの方から中庭が見えます。
中庭は4.5畳の広さで玄関ホールを明るく広く見せることができています。

この中庭にはトイレと浴室そして洋室からも見ることができるので
一つの中庭に4つの窓が付けられて各部屋から光とそして景色を楽しむことができます。

玄関ホールの東側には洋室8畳、洋室6畳が配置されています。
8畳の方が夫婦の寝室になる予定になっています。

玄関ホールにはシューズボックスとそして広い土間収納があります。
土間収納の方は3畳の広さがあります。
また廊下に共用の物入れが2畳分ぐらい確保されています。

南に向かって洋室6畳が配置されています。
こちらの方は1畳のクローゼットがついています。

リビングダイニングキッチンは18.5畳の広さで対面式のキッチンになっています。

キッチンからダイニングとリビングを見渡すことができます。
ダイニングリビング越しに庭の景色が見える明るい窓になります。

リビングに対して6畳の和室が隣接していて
引き戸を開放するとリビングと一体化することができます。
和室には一畳の押入れがあります。

キッチンの背面にパントリー収納が4畳ついています。
パントリー収納は非常に広いスペースになっています。

洗面脱衣室は3畳と広く壁面に収納が付けられています。

平屋の間取りですので玄関やリビングなどの天井を高くすることができます。
天井を高くすることでモダンなインテリアを手に入れることができます。

また収納が足りないなと思った場合でも小屋裏に収納を作ることができます。

家族で住む3LDKの平屋の間取り図

今回のプランは32坪3LDK の平屋の間取りになります。

西道路の想定で西玄関から住宅の内部に入っていきます。
玄関ホールは3畳でシューズクロークが1.5畳あります。

また玄関ホールには物入れがあるので収納量も多く使いやすくなっています。

リビングダイニングキッチンは18畳で対面式キッチン
キッチンからリビングとダイニングキッチンから見渡すことができます。

リビングダイニングキッチンはダイニングもリビングも南の庭に面しており
掃き出し窓が大きく取られて明るいプランになっています。

平屋の間取りですのでリビングの天井は高くすることができます。

屋根勾配なりに高くなった天井は開放感のあるインテリアを作って
モダンでゆったりとしたスペースを作り出しています。

洋室6畳は子供部屋の想定で南側に面して二部屋あります。
リビングを通って必ず行くようになっているので
家族と顔を合わせてから必ず部屋に入るというような部屋の構成になります。

和室16畳もリビングに面しており、引き戸で開放できるようになっているため
リビングと一体化したインテリアを作ることができます。

床の間と押入れがあるので日本の行事などに使うのに適した間取りになります。

寝室8畳は東側に面しており、4畳の広いウォークインクローゼットが付いています。

東西に長方形の間取りになっており、
屋根形状もシンプルなスタイルになっています。

そのことで美しい外観が得られていることと
構造的にも安定した住宅になっています。

屋根がシンプルになっていることでゲリラ豪雨などの集中豪雨にも耐えられるほか
シンプルな屋根形状で台風などの災害にも強い住宅を作ることができます。

また平屋ですので2階まで登ることがありませんから
上下階の移動がないので、足腰の弱い方や老後の住まいなどにも
適した住宅になっていきます。

32坪3LDKの平屋の間取り図。家族の変化に対応するプラン。

今回のプランは32坪3LDKの平屋の間取りになります。
こちらの間取りは3LDK になっていて一室がリビングダイニングキッチンに
開放できるような形で、多目的に使うことできるプランになっています。

敷地の方は東道路の想定になっていて東側の方に
並列で駐車していくようなプランになります。

東玄関になっていて玄関ホールに入っていくとシューズクロークが広く
シューズクロークは3畳とシューズボックスがあります。

シューズボックスは普段使うのでカウンター式にして
ものを置くカウンターにしてもいいと思います。

そして玄関のホールに靴が散乱しないように
シューズクロークの中で靴を脱げるというような想定にしてあります。

ですので中で段差があって靴を脱いでというようなイメージになります。

そうするとこの玄関ホールに靴が散乱しなくて
いつでも綺麗な状態を保てるというようなプランになってきます。

洋室一部屋は独立して玄関付近にあります。
そして寝室8畳はウォークインクローゼット付きで西側にあります。

こちらの寝室の方にはウォークインクローゼット3畳だけでなく
1畳のクローゼットもついて収納量の多いプランになっています。

また、リビングダイニングキッチンの方はキッチンから
ダイニングのスペースとリビングのスペースを見渡せるようになっています。

洋室の1つはダイニングの方に解放されているので
一体化して使うことができます。

こちらの方は例えば子供が小さい時お絵かきとかあとは遊具ですね
毎回片付けてもらってもいいんですけれども滑り台や
子供のテントみたいなものとかを散らかしておくことができます。

毎回片付けずに引き戸を閉めてしまえば片づいたところで
くつろぐ。ご飯を食べれるといったことも可能になっています。

こちらの方で勉強テーブル置いて勉強スペースに使っていくという時期もあり
さらに個室が欲しいとなった場合はもう一部屋があるので
小さい子がだんだん成長してこちら個室にしてしまうという時期が出てきます。

独立して大学に行くとか就職してまた一人とですね独立していった場合に
部屋が空いてきますから、帰ってきた時のベッドルームや
普段使いにして書斎とかペットルームとかトレーニングルームにできます。

家族の成長や変動に合わせてね使い勝手の変えていけるようなスタイルになります。

キッチンの方から洗面脱衣室の方もすぐ入れるというのと
あとはリビングから入ることができます。

収納スペースもあって浴室も使いやすい位置になっています。

玄関から帰ってきてすぐ手を洗いたいという要望も多いと思うので
玄関付近に広いカウンターの洗面台があります。

またトイレの方はカウンターの収納付きのトイレで広いスペースとなっています。
毎日トイレを使って行くのにちょっとだけでも広くしておくと
ゆとりのあるあの気持ちの良いトイレを使う時間を作っていけるので
お風呂とか洗面キッチン以外にもこちらのトイレも力を入れていきたいところです。

平屋ですから2階の方には部屋がありません。
ダイニングとかリビングも天井を高くすることができます。
屋根の勾配に合わせて天井高くしてインテリアをモダンに
そして開放的に作るということができます。

またあの収納が足りないなと思った時に小屋裏収納を
屋根裏に作っていくことも可能になってきます。

長方形でシンプルで雨漏りのリスクの少ない屋根形状にしていけば
最近ではゲリラ豪雨とかそういった記録的な雨量の台風もあるので
そういうシンプルで耐久性の良い家が望まれるのではないかと思います。

今回は32坪3LDKの家族の成長に合わせて変わって行ける
平屋の間取りを紹介していきました。

二人暮らしで住む廊下のない平屋の間取り図30坪3LDK


今回のプランは30坪3LDKの南玄関の平屋の間取りになります。
玄関は南玄関になっていて南道路の想定になっています。

玄関には広いシューズクローク3畳がついていて
玄関ホールの方からとそして玄関土間の方から2箇所から出入りができます。

シューズクロークの中で靴を脱ぐことができるので
玄関の方に靴が散乱しないというのを狙っています。

シューズクロークだけだと玄関ホールは広く見せることができます。
玄関にシューズボックスも置くということも可能になってきます。

こちらのような形でシューズボックス置いて開き戸でリビングに入ります。

玄関付近には帰ってきてすぐ使えるようにトイレの方も配置されています。

リビングダイニングキッチンは18畳のスペースになっていて
キッチンは対面式キッチンになっています。

寝室は8畳でウォークインクロゼットが3畳になります。
リビングにはリビング収納の物入れがついています。

リビングに接して和室6畳があり、引き戸で開放できるような形になります。

キッチンの背面にはパントリー収納が2畳の広さであって
細長い感じに使うようになっています。

リビングダイニングキッチン18畳以上という要望でしたので
LDKを20畳に増やしていきたいときはこの洋室6畳を少し小さくして
パントリーを移動するということも可能になってきます。

この6畳の部屋というのは家族構成上独立してしまったお子さんが
実家に帰ってきた時に使うという想定でした。

そんなに大きくなくても良いということであれば
リビングを広くしてパントリーを移動するということも可能になってきます 。

全体的にあの廊下もなくコンパクトなプランになってまとまっているので
30坪の大きさで3LDK の広さの間取りを確保することができています。

和室はゲストルームの他に普段リビングと一体化して使う配置です。
押入れも2畳付いているのでゲストルームに使って布団を敷いていくと
いうことも可能になってきます。

今回の間取りは夫婦二人で住むの想定にしてるので
そんなに人数は多くないというプランになっています。

寝室と他はとゲストルームという形になりますので
夫婦二人が住むのに丁度いいぐらいの収納スペースがあります。

収納はシューズクロークが納戸に使えるスペースになり
ウォークインクローゼットリビング収納、
パントリー後はクロゼット、押入れなどがあります。

分散して収納があるということでキッチンの背面収納もあります。

二人暮らしで住む廊下のない平屋の間取り
30坪3LDK平屋間取りシュミレーション

家族で住む4LDKの平屋の間取り図。回遊性のあるアイランドキッチン。


今回のプランは36坪4LDK平屋の間取りになります。

玄関ホールは奥に広がりがあって、土間スペースも広い間取りになります。
土間収納が2.5畳ほどあって玄関土間とホールの2か所から出入りすることができます。

個室は洋室6畳が3部屋と寝室8畳が一部屋あります。
寝室8畳にはウォークインクローゼットが付いています。

リビングダイニングキッチンは南側に配置されていて
リビングとダイニングをキッチンから見渡すことができます。

キッチンはアイランド型のキッチンなっていて
キッチンの奥の方に洗面と脱衣室があります。

洗面室の方から寝室につながっていた
ウォークインクローゼットにに出入りすることができます。

また洗面室の横に収納スペースがあるので使い勝手の良いプランになっています。

脱衣室は2畳で収納スペースもあるので便利です。
浴室は2畳一坪タイプになります。

リビングダイニングキッチンは壁面収納もあって
片付けやすいような店になります。

玄関ホールの付近にも壁面収納があっていろんなもの入れることができるので
収納量が非常に多く確保されているイメージになります。

個室は3部屋で子供用の想定になっています。
こちらの方には1畳のクローゼットが付いています。

平屋の間取りは2階に部屋がありませんので
リビングダイニングの天井も高くすることができて
スタイリッシュで開放的なインテリアを作ることができます。

また個室である洋室や寝室も屋根勾配なりに天井高くすることができるので
インテリアを面白くしたいと思う方や開放的にしたい方は
ベッドルームも天井高くしても良いと思います。

収納量が足りなかったらロフト収納などをつけることもできます。

間取りは長方形でシンプルな形状なので屋根形状もシンプルになります。
その事で雨漏りなどのリスクがない間取りを作ることができています。
2階建てに比べて風圧などの影響を受けにくいので
台風などの災害にも強い間取りになっています。

平屋の間取りは上の階に重量を載せて地震起きることにはならないので
2階建てと比較すると耐震的にも有利な面が多く
台風や地震など災害に強い住宅と言えることができます。

中庭のある小さな平屋の住宅の間取り図。24坪2LDK

今回のプランは24坪2LDKの中庭のある平屋の間取りです。

道路の方は西道路になっています。
この敷地は42坪の大きさになっていて細長い敷地
東西に細長い敷地の設定になっています。

敷地は細長いですけれどもなんとか南から
光をリビングに入れたいというところです。

暫定的に駐車場1台取りましたけども南の空き地を作って
寝室に光を入れるなどの工夫と
それから中庭からリビングに光を入れるなど
光の取り方を少し工夫した住宅になっています。

玄関ホールに入るとシューズボックスがあって
正面のところに中庭があり中庭側に窓が取られています。

リビングダイニングキッチンに入っていくと広さが19畳ぐらいで
リビングとダイニングのところにから中庭を見ることができます。

ですのでこちらは南の方に隣地の建物が接近していても
こちらの中庭から光を入れていくことが可能になってきます。

対面式キッチンの背面の方には洗面室そして洗面脱衣室と浴室があります。

水廻りトイレの方もまとめられているので
キッチンから近いということもあって使い勝手の良い
家事動線のコンパクトな間取りになっています。

洗面脱衣室の横にウォークインクローゼットが付いているので
収納に下着とかタオルとかですねいろんなものを入れる
リネン庫のような使い方ができています。

そしてキッチンのすぐ側のところに洋室6畳があります。

そしてメインベッドルームの方は南の窓が取られていて
ウォークインクロゼットが3畳あります。
こちらの方は広い部屋になっています。

寝室の前は空き地で南の光を入れられるようになっているので
こちらの方と先ほど紹介した洋室は中庭から光が入ります。

そしてリビングダイニングのところも南から光が入る間取りになっています。

場合によっては3LDK に中庭を和室にしてしまってもいいかもしれません。
その場合は光の方は上から高窓をつけざるを得ないプランになってしまうので
光とか風通しの面で2LDKのプランの方がいいかなといったところです。

小さい平屋の間取り図。1LDKと2LDKの一人暮らしの住宅。

今回は21坪1LDKと2LDK二つの間取り合計3パターンの
小さな平屋の間取りを紹介していきます。

こちらの方は1 LDK の小さな平屋の間取りになります。
主に小さい21坪の面積の間取りを重視して作っています。

東道路の想定で北玄関になっています。
北玄関にしてあるのは南の方に部屋を配置したかったというのがあります。

南の方にはリビングダイニングキッチンと寝室があり、
南の庭に対して大きな窓が取られているので
明るく健康的に住むことのできる部屋になっています。

また平屋ですから2階にあの部屋がありませんので
天井も高くすることができてモダンで開放的なインテリアを作ることができます。

北側の方に水回りそして物入クローゼット類などが配置されることになっています。

一人暮らしの想定にしてあるので部屋は広くなっていますが
ベッドも二つ充分置ける広さになります。

洗面脱衣室の方は3畳と広く洗面台と収納
そして洗濯機を置けるスペースになっていますいます。

家族で住むということでなくて一人暮らしの感じのイメージをしているので
トイレの方も洗面脱衣から入っていくようなプランになっています。
お風呂も全てこちらにまとめられているという形になります。

できるだけ廊下をなくして無駄なスペースを作らずに
部屋にするということにして21坪の大きさにしていくことができます。

こちらの方が2LDK にした小さな平屋の間取りになります。
寝室6畳とクローゼットが1畳、そして洋室の6畳とクロゼット
一人で二部屋を使い分けるといったようなプランになります。

また二人で住むと言った場合二人別々の部屋を使うことができます。

対面式キッチンのリビングと洗面室トイレ浴室も配置
物入れの配置などは一緒のプランになります。

長方形の間取りですので非常にシンプルでロスも少なく
2階建ての一階の部分の基礎面積ぐらいしかありません。

そういった意味でもコストを抑えながら平屋を作るということができると思います。

こちらの間取りは一室を和室にして一人で住むという間取りになります。

収納スペースが足りないのを玄関の土間収納から
階段で登るロフト収納で補っています。

先ほど洋室だった部屋を和室にして和室の方に押入れを設けています。
また引き戸を開放することはできるのでリビングと一体化することもできます。

2階に部屋がないので天井を高くしてモダンな造りにすることができます。
収納が少ないようなイメージを持たれると思いますが
1 LDK のウォークインクロゼットがなくなっていますので
そういった意味合いも込めてロフト収納を作るのも良いでしょう。

30坪2LDK一人暮らしの平屋の間取り図

今回のプランは30坪2LDKの一人暮らしのための平屋間取りになります。
玄関は東側で東道路の想定になっています。

玄関ホールには3畳の広いシューズクロークがあります。
玄関の土間側と玄関のホール側の方から2箇所から出入りすることができます。

シューズクロークの中で靴を脱ぐことができるので家族用の玄関
自分用の玄関として使うことができます。

玄関ホールに靴が並ばないようにシューズクロークの中に靴を脱ぐ
ということができますので玄関が散らかりません。

シューズクロークの中には土間部分があるので外で使ったもの、
スポーツ用品などサッカーボールを収納することも可能になります。

くつだけでなくコートなどもかけておくことができる便利なスペースです。

寝室は8畳あってウォークインクローゼットが3畳あります。
廊下にも1畳のクローゼットと共用の物入れのスペースが0.5畳あります。

リビングダイニングキッチンは18畳でリビングとダイニングの両方から
庭に出入りすることのできる大きく広い掃き出し窓がついています。

キッチンは対面式でリビングとダイニングの方を見渡すことができます。

また背面の方にパントリー収納4畳があるので
非常に広い収納スペースが確保されています。

洗面室と脱衣室の方は分かれており、洗面のスペースは2.5畳あり
トイレの近くにあるのでトイレを使用した後に
洗面手洗いを使うことができます。

洗面室の横にはファミリークローゼットが2.5畳あり
洋服を入れること以外にタオルや様々な備品などを収納することができます。

脱衣室からも近いので移動距離が短くするというのが特徴です。
またキッチンの脇から出入りすることができるので
キッチンからファミリークローゼット洗面室脱衣室という家事動線が確保されています。

家事動線がコンパクトになることで少しでも毎日の作業がしやすくなる
と言ったことに配慮されている間取りになります。

間取りは長方形になっており屋根形状もシンプルなので
雨漏りがしにくいゲリラ豪雨や台風などの集中豪雨に
耐えられる形状になっています。

平屋ですので風圧を受ける面積も2階建てに比べれば
小さくなっているので災害に強い間取りを住宅をつくる
ということが可能になっていきます。

耐震的にも2階に重量を乗せて見れることがないので
2階建てと比較すると有利に働くことになります。

地震や台風などに強く災害に強い平屋の間取りになっています。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村