39坪4LDKサンルームのある平屋の間取り図。他3パターンを比較

今回は39坪4LDKの平屋の間取りになります。

敷地の方は南道路になっています。

南道路の方から入っていくと東玄関から入るようになっていきます。
東玄関から入るというのを選んだ理由としては
南の方に部屋をたくさん配置したかったというのがあります。

また4LDK の中に一部屋はサンルームという部屋があります。
南の方に配置されたサンルームとして明るい部屋で
くつろぐ部屋にしてもいいし部屋干しのスペースとして使うのも良いでしょう。

梅雨などの雨の時期に部屋干しすることができるというスペースなります。

外で干す季節ではない日々が続くという時には
洗濯物のようなものが部屋に干されますから、
部屋干しのできる部屋があれば見た目が良くないのも避けられます。

間取りはリビングとダイニングと寝室が3部屋あるような形になります。
各部屋の寝室は8畳のスペースが確保されて
それぞれウォークインクローゼットやクロゼットがあります。

比較的収納も各部屋に分散して多めに配置されている形になります。

そしてリビングを中心に色んな所に行けるようになっていますが
リビングとダイニングが一体化するようにも仕切れるようにもなっています。

仕切ることで例えばダイニングの方で食事をしている時に
リビングの方に臭いが行かない、油っこい空気が行かないとか
洗い物してる時の音がリビングに聞こえにくいメリットがあります。

逆にリビングのテレビの音がダイニングで拾わなくて
静かに食事ができるなど分けられることでメリットもあります。

玄関ホールの方にはシューズクロークが2畳あります。
玄関を入ってシューズクロークを抜けて廊下に出るということができるので
シューズクローク内で段差を設けて靴を脱げるので
家族用の玄関にすることもできます。

そのことで玄関ホール方に靴がたくさん並んで雑然としない
非常に綺麗なペースを保つことができるというのがあります。

リビングの方に入って行くとソファがおけてゆったりと出来るような
10畳くらいのスペースになってきます。

光の方はサンルームを経由して入ってきます。
もし光の量が足りないという場合は天窓を設けていくことができます。

リビング収納には家に帰ってきてカバンや洋服を方付けることができます。
洋服やいろんなものがリビングに散らからない習慣をつけることが可能になってきます。

壁面収納がありますので雑誌や小物が散らからない部屋にすることができます。

洗面室と脱衣室は分かれていて洗面室の方は1.2メートルの広い洗面台になります。
トイレにすぐ近いのでトイレを使用した後にすぐ使えるというメリットもあります。

脱衣室にはウォークインクローゼットが付いています。
こちらの方には下着とかですねいろんなものを入れておくことができるので
リネン庫的に使うことができます。

リビングダイニングキッチンを真ん中にした配置にしてみます。

中央のスペースをLDKすると対面式キッチンのダイニングリビングを中心にして
両側にベッドルームがあるという配置になります。

寝室8畳を南側の方に配置して、ウォークインクローゼット4畳を配置、
リビング収納だった場所はパントリー収納にして
キッチンに近い位置での使い方をすることができます。

前者のプランはリビングダイニングを分けるメリットか特徴の一つではありました。
後者は広い部屋とウォークインクローゼットがついたという感じになります。

さらに5LDK にしたいという場合には和室の6畳と洋室6畳に先ほどの
寝室8畳を入れ替えてみます。

リビング収納的なものやパントリー収納がなくなったりはしています。

和室の方はリビングに対して開放できるような形で隣接しているので
オールマイティに色々なスペースに使えるものになります。

この部屋の配置だと 家族4人か5人とかは最大6人ぐらいまで
住んでいるような感じになります。

ちょっと調整でクローゼットをまとめたり洗面台を広くしたりしてます。

(39坪5LDK 平屋間取りシュミレーション)

35坪4LDK平屋の間取りシュミレーション、3パターン

今回の間取りは35坪4LDK の平屋の間取りになります。

間取りの方は南玄関で南道路になります。南東から玄関に入ってきます。

奥の方に洗面とトイレがあって途中にコートをかけるクロゼットと物入れがあります。
玄関ホール付近にシューズボックスがあります。
天井までのいっぱいの収納でもいいと思います。

玄関を入ってすぐ手を洗うことがすぐできる配置になります。
洗面とバスもその近辺に配置されていてキッチンからも動線を確保してあります。

リビングの方は17畳のスペースでリビングが南側に配置されていて
奥にダイニングそしてキッチンの配置計画になっています。

リビングのスペースを経由して奥の方に行くとベッドルームが3部屋あります。

和室の方はリビングに接して配置されていて床の間と押入れがあります。
和室の引き戸を解放するとリビングが広く使えるといった計画になります。
和室を例えば学習コーナーのスペースにしてもいいと思います。

キッチンは対面式キッチンで背面の収納も非常に広くて
パントリー収納も横にあるので収納量も非常に多いキッチンです。

個室の方は子供部屋の想定の洋室が二部屋で各部屋にはクローゼットがあります。

寝室の方は8畳でウォークインクローゼットが3畳、
廊下の突き当たりの方には洗面台とトイレもあります。

玄関から入ってトイレがありますけれども
こちらの方はベッドルームから行くのに遠くなっているので
寝室付近にトイレを配置しています。

家族4人ぐらいいる想定になっているので
2箇所のトイレでて混雑を避けるといった狙いがあります。

納戸が2.5畳つあって収納量も多めに確保するといったことができています。

2階建ての住宅でリビング階段という考え方がありますけれども
それに近い考え方で玄関を入って必ずリビングを通って個室に行く
個室・ベッドルームに行くのに必ず通過していく配置になっています。

この間取りのメリットはリビングを通ってベッドルームに行くという流れや
35坪で家族で住める広さになっていること
トイレも2箇所あってですね使い勝手が良い良くなっている事です。

この間取りは和室とリビングの関係性を重視しているために
玄関が南東の玄関にしてあるという状態です。

和室とリビングの関係性というのを止めて独立した和室にすれば
玄関ホールをリビングと個室の間のスペースに変えることができます。

それで失われる事は個室がリビングを通って行かないといけないことです。

こちらのように玄関と洗面をリビングのスペースを入れ替えました。
そのことによって和室とリビングの関係性、
和室をリビングに開くということが失われました。

そして先ほどリビングを通って各個室に行くという関係性もなくなっています。
ですがこれでベッドルームかからリビングを経由せずに
お風呂に行くことができるという配置になりました。

リビングを通らないという選択をすると変わっていくということになります。

前者のプランは逆に必ずリビングを通させる通るというのが良いところでした。

玄関から入ってすぐ各部屋に行けるのも良いところです。

和室がリビングと一体化できると死んだ部屋にならないという
使い勝手ができるということになります。

和室との関係性だけなんとかしたいということであれば
この玄関と和室を入れ替える配置もあります。

玄関ホールと和室を入れ替えてみました。

このことによっては玄関ホールに入ってリビングは遠くなってますが
和室とのリビングの関係性は良くなりました。

リビングを経由して各部屋にいくっていう配置はなくなっています。

このパターンは和室がリビングと一体化して
各部屋からもう洗面脱衣には行きやすい配置になっています。

今回は間取りシュミレーション作り方で3パターン変える
35坪の平屋の間取り例を紹介してきました。

各プランにデメリットメリットが入り混じったようなのが伺えたと思います。

実際に家を建てるプランを考える上でも
何を優先すべきかで変わってくるってのが分かっていただけたと思います。

(35坪4LDK平屋間取りシュミレーション)

31坪3LDK中庭のある平屋の間取り図

今回の間取りは31坪3LDKの平屋の間取りになります。
道路は南道路になっています。
南の方に道路があって駐車場とって庭もあって奥に建物といった感じになります。

玄関ホールを入っていくと左側に中庭が見える窓がついて
明るく光も入って視界も広がります。

そしてシューズクロークが2畳あります。
シューズクロークの他に下足箱もありますので
こちらはカウンター式にしてもいいし天井まで高くしてもいいです。

どちらかというとカウンター式の方が玄関ホールが広く見える効果が狙えます。

リビングダイニングキッチンは22畳で先ほど玄関から見えた10畳の中庭が見えます。

大きな窓からダイニングとリビングに光が入って視界も中庭に向けて広がります。

リビングダイニングキッチンの方は対面式キッチンで
キッチンからダイニングとリビングを見渡すことができます。
またリビングに接して和室6畳が配置されています。

和室には床の間と押入れがついています。

引き戸を解放することで LDKと一体化するので広く見せることができます。
LDK のリビングの一角には学習コーナーカウンターもあります。
家事コーナーとしても使うことができます。

子供部屋の想定ですが趣味の部屋や二人で住む場合はゲストルームにつかえます。
引き戸を開けるとリビングに解放できるようにしています。

トレーニングルームやベッドルームそとかね学習コーナーに使うことも可能です。
和室を洋室にしても結構です。

寝室の方は中庭に面して出れるようにしてあります。
8畳のスペースで南から光と東から光が入るスペースになります。

寝室にはウォークインクローゼットが2畳あります。
そしてリビング収納が2畳あって収納量を確保しています。

リビングとかダイニングとかキッチンは収納がないと
掃除機とか新聞紙とか雑誌とかいろんな物が散乱して
せっかく作ったインテリアが台無しになるとたことが起きかねません。

そんなことが起こらないようにあらかじめリビング収納を作って
中に洋服とかコートや鞄とかなんでもで収納していきます。
洗面脱衣室の方は洗面室と脱衣室に分かれて配置されています。

洗面室の方はホテルのように鏡が広くてカウンターも広くておしゃれな感じです。
幅が広いのでふたり立てるという形になります。

脱衣室の方は2帖で収納のもついているので便利に使うことができます。
浴室は一坪タイプこのタイプはショールームに行くと一番多いパターンです。

デザインもいろいろ選べる一坪タイプになるので
このデザインであればショールームを回ると好きなものが見つかりやすいでしょう。

トイレの方は横に洗面台があり使用後にすぐ使える位置にあります。

脱衣室と洗面が分かれているので、誰かが着替えとかでお風呂を利用している時に
洗面台がつかえるので身支度できないと言うことが起きません。

平屋の間取りは2階に部屋がないので天井を高くすることができます。
ですのでメリハリをつけてモダンなインテリアを作ることはできます。

特にリビングの上の一番の屋根の頂点で高くできるので
開放的な天井高さにすることができます。

ドアを開けた時のインパクトも良くなり
住んでいる時の開放感も非常に良い形になります。

リビングと同様に玄関ホールの天井高くすることもできます。

20坪1LDK一人暮らしのための平屋の間取り図

今回のプランは20坪1LDK の平屋の間取りになります。

南道路の想定で南から敷地の方に入ってきます。
そして建物の横を通り抜けて西側から入っていく西玄関の間取りになります。

20坪と非常に小規模の平屋の住宅になります。
実際には19.5坪の大きさで部屋数も1 LDKと小規模なので
一人暮らしの住宅を想定しています。

寝室に二人寝るということであれば二人で暮らすということも可能です。
全体的な大きさも小さいので一人が一番適切かなといったところです。

ただし人を招いたりする機能もあるので四人掛けのテーブルとか
対面で食事ができるようなカウンターのついた面白みを含めて
インテリアを作りながら実用的なスペースを作っています。

玄関ホールを入るとシューズボックスと南リビングに入る入口があります。
玄関ホールは平屋の住宅で上に部屋がありませんから天井の方は高くできます。

狭いので上の方に高くしてスペースを大きく見せるというアイデアにしています。

リビングダイニングキッチンの方に入っていくと17畳の広さのスペースがあります。
南の方にはデッキ庭があって6畳のデッキのスペースの庭があります。

玄関ホールから入ってリビングダイニングをの向こう側にある東側の面は
長い造作のカウンターがあってその下を収納にする形にしています。

正面のところはレンガとかタイルとか石とか自分の好きな素材を貼って
間接照明を当てるなど演出した壁になります。

玄関を入ってすぐ正面の壁を演出した空間、
ダイニングとキッチンのスペースの辺の天井も間接照明などで演出します。

リビングの上部というのは屋根の一番高い所になってきますので
天井を高くして屋根勾配なりの高さにしていくと
インテリアも非常に開放的でモダンな造りになってきます。

寝室の方リビングダイニングキッチンから入っていくようになります。
デッキ庭の方にはLDK と寝室8畳から出るようになります。

寝室の横にはウォークインクローゼット4畳が付いています。
洗面室の方は広めの洗面台があって奥の方にタンクレストイレがあります。

タンクレストイレにするために少し小さめの手洗い器が設けてあります。

脱衣室の方は2畳で収納スペースがあり奥に浴室が2畳があります。
最小限の機能を備えているような小さな平屋は人気のある間取りになります。

現在インターネットとかの普及によって仕事はどこでもできます。
例えばこういった小規模の住宅であればマンションよりも建築費用は安く済みます。

土地の方も都会の方だと非常に高額です建築費と合わせると
マンションでより安いということにはならないかもしれませんけれど
場所によっては土地を非常に安くですね購入できるのではないかと思います。

一人で住む庭付きの平屋で住むということは
現実的には不可能なことではないでしょう。

38坪3LDK中庭のある平屋の間取り図 周囲を囲まれても光が入る

今回は38坪3LDKの中庭のある平屋の間取りになります。
玄関ホールに入ると正面に中庭が広がっています。

窓としてはそんなに大きくありませんけれども、
玄関ホールの大きさに対しては十分床から天井まで窓を設けていけば
中庭から光が入ってきてそして視界も広がってきますので
広く感じるという効果があります。

敷地の方は北側の道路になっていて北側から入っていくようになります。

玄関ホールにはカウンター式のシューズボックス
そして納戸に使うシューズクロークがついています。

玄関ホールを入って左側、東側の方にはリビングの方に入って行くことになります。

そして右側の方に西側の方に行くと洗面室とトイレがあります。
家に帰ってきてすぐで手を洗うことができます。

トイレの方は1.5畳で手洗い収納カウンターもついて
タンクレストイレになっているのでゆったりと広いトイレになります。

洗面室と脱衣室の方は分かれていてトイレを使った後に洗面のところで
手を洗うこともできるので便利ということと
浴室を使っている時に洗面を他の人が使うことができるので
便利だ使いやすい間取りになっています。

玄関の奥の方には和室8畳があって、先ほど玄関から見た中庭8畳に対して
窓が開いていて外のウッドデッキに出ることができます。

和室8畳には押入れ一畳があります。

また床の間の上に吊り押入れを表記をしています。

こちらの方は例えば1 M まで床の間にして
高さ1メートル以上を押入れにすると上の方だけ収納にするとことで
風通しを確保しながら収納量も増やすことができます。

リビングの方に入っていくと8畳のスペースがあります。

奥の方にダイニングの14畳で広がっているといます。

リビング収納が3畳あってリビングがいつも片付けられるように納戸にしてきます。

雑誌や新聞などリビングで使ったもの、電気機器とか DVD とか掃除機とか
いろんなものを収納してきます。

ダイニングキッチンの西側の方に中庭に面して大きく窓が開いています。

キッチンで庭を見ながら作業できる事とカウンターのところに
対面式でカウンターの所で食事することも可能になります。

ダイニングテーブルも造作で一緒に使っても良いでしょう。
ダイニングキッチンの方から東側の壁を見ると非常に広い背面収納があります。

こちらは特注で作ったほうが見栄えが良くてカウンター背面を好きな素材で、
石とかレンガやタイルにして間接照明をつけて演出することができます。

背面の収納だけではなくパントリー収納があり、こちらの方にも
缶詰などの食料とかホットプレートの家電類もしまっておくことができます。

ダイニングの南側には洋室6畳があってこちらの方は南側に窓があります。
子供がいる場合は子供部屋にしていくという形にします。

趣味の部屋とかペットルームとかですねトレーニングルームとか
色々使い方を変えることのできるオールマイティーなスペースです。

で引き戸を解放してダイニングと一体化することもできます。

ダイニングキッチンの奥に入っていくと引き戸で仕切られたトイレと
そして寝室10畳があります。

寝室の方は先ほどダイニングやリビングや和室玄関ホールから見た中庭の
北側に窓を取って見ることができます。

また掃き出し窓で中庭に出て行くこともできます。

ですので中庭に対して玄関や和室リビングダイニング寝室から出入りできる形になり
真ん中のデッキ中庭のスペースから全室に光を入れていく形になります。

周囲を家に囲まれた場合でも主要な部屋には光と眺望と広がりを
全て中庭から取り入れているという形になります。

寝室の方には広い6帖のウォークインクローゼットが付いています。
衣装部屋として使えるような広さになりますです。

収納量としてはリビング収納パントリー収納シューズクロークとか押入れ
衣裳部屋になるウォークインクローゼットと
そして個室のウォークインクローゼットがあるので十分と思います。

これでも足りない場合平屋で2階建てではありませんので
好きなところにロフト収納庫を一階の面積の1/2まで増やしていくことができます。

あまり上に重量乗せるとですね耐震的には不利になっていくので
これだけ収納がありますので上に収納部屋を作らないという方法もあります。

屋根形状は四角い整った形をしているので外側に雨を落とすか
もしくは中庭側に雨水を落としていくという形になります。

中庭に落とした場合は中庭に水が集中していくので
万が一詰まった場合を想定しながら排水経路を多く作っていく必要もあります。

日当的には中庭側の屋根を下げたほうが光が入りやすくなるということになります。

38坪で広めの平屋の住宅なりましたが2階建ての住宅に比べれば
各部屋も広くてで階段の分スペースがありませんし
廊下もほとんどなくて有効利用できているのといったところです。

東や南や西に隣の家が迫って全部閉じられても
光が入れられる中庭のある平屋の間取りでした。

26坪2LDK一人暮らしのための平屋の間取り図

今回のプランは26坪2LDKの一人暮らしのための平屋の間取りになります。

部屋の構成としては玄関ホールとリビングダイニングキッチン和室があり
寝室は8畳ですから二人で住もうと思えば住める間取りです。

基本的には小さな一人暮らしの平屋の間取りと言うな想定です。

敷地の方は東道路の想定で東に道路があり駐車場を並列で配置し
北側から入っていくというような計画になります。

玄関ホール入るとシューズクロークがありさらにシューズボックスもあります。

シューズクロークの方は2箇所から出入りして土間の収納と
ホール側から靴を脱いで入ってくような形になります。

非常に広い4畳のスペースになってるので収納量もたっぷりとしたスペースです。

寝室は8畳で南側に窓があって4帖の広いウォークインクローゼットがあります。

ウォークインクローゼットが4帖ですので収納量も豊富で
洋服もかけられていろんな物が入れられます。

お布団とかそういったものもストックしておきます。

リビングダイニングキッチンは18帖で対面式キッチンがあり
キッチン背面の収納も広いスペースになります。

キッチン背面の収納だけではなく、キッチン脇にパントリー収納もあります。

キッチンからはリビングのテレビまで見渡せるような広い
一体化したスペースになります。

また平屋の間取りですので天井を高くすることができます。

切妻の屋根とした場合、窓側から中央に向けて天井を高くすると
屋根なりの天井高にすることができます。

斜めの天井にすることでモダンで開放的なインテリアを獲得することができます。

ダイニングキッチンとリビングの南に掃き出し窓がついていて
キッチン、ダイニング、リビングから南の庭に出ることができます。

そして和室の方は引き戸を開放することでリビングと一体化することができます。

平屋の間取りですので上に2階がありませんですから
仏間の上を踏むようなこともないので仏間も自由にレイアウトすることができます。
キッチンのそばに洗面室と脱衣室か2畳ずつあり奥にバスルームがあります。

トイレも洗面の方に近いのでトイレを利用した後にすぐ洗面台を使うことができます。

脱衣室と洗面室が分かれているので、風呂を使っている時に
洗面台を一人が使うことができるのでストレスがない間取りができます。

間取りは全体的に長方形になっているのでデコボコがあまりありません。
屋根形状も非常にシンプルにすることができて外観もシンプルで美しくなります。

また、シンプルな屋根形状は雨漏りのリスクに対しても強くなります。

台風とか集中豪雨などの災害にも強い住宅をつくっていくことができます。

25坪2LDK細長い敷地に建つ平屋の間取り例

今回紹介するのは25坪2LDKの細長い敷地に建つ平屋の間取りになります。

敷地の方は南道路の想定で南の方に駐車場を取ってあります。
そして二部屋のベッドルームがあってリビングがあるという形になります。

細長い敷地の場合こちらのように部屋を南に配置してしまうと
部屋には光を入れられるけれどもリビングには光を入れにくくなります。

今回の場合は中庭を設けて北側の方の部屋にも光を入れる工夫をしています。

このデッキ庭は玄関ホール入るとすぐ見え
家に帰ってくる時は家から出て行く度に庭を通って行くので
気分が快適に良くなるといった効果を狙っています。

庭を見ながら毎日出勤や帰宅するという形になってきます。

南の方の部屋ですけれども6畳二部屋があって将来的に仕切る予定で
2部屋を一緒にしていますが最初から部屋を別々にしても構いません。

夫婦が別の部屋に寝るということであれば別にして、
一緒のスペースでもいいだろうということであれば
当初一部屋にして曖昧な使い方をしてもいいと思います。

玄関は東側から入ってきます。シューズクロークがあって
土間側からと廊下側からホールから2箇所から出入りできるので
途中シューズクロークの中で靴を脱ぐことができます。

奥の方にトイレがあり

リビングダイニングキッチンの方に入っていくと対面式のキッチンがあり
ダイニングとリビングを見渡すことができます。

リビングの南側にデッキ庭があり明るく広いスペースになります。

平屋ですので上の階に部屋がありませんから玄関や
リビングダイニングキッチンの天井高くすることもできます。

屋根の傾斜に合わせたり天井は任意で好きなように調整できるすることができます。

洗面脱衣室の方は2畳で浴室が2畳、洗面脱衣の横にはウォークインクローゼット、
ファミリークローゼットが3畳の広さで付いてます。

部屋についてるクローゼットは個別のもので
こちらは家族みんなのものをしまっておくとスペースになります。

キッチンは背面収納も広くて横に納戸収納がありますので
こちらをパントリー収納に使ってもいいと思います。

二人暮らしですのでキッチンの関係の品物っていうのもそんなにないですから
キッチン背面で十分収納できるので納戸的な扱いで
いろんなもの入れていくという形になってきます。

平屋ですので天窓とか高窓を取ることができるので
中庭を取らなくても光を入れるということは出来るのですけれども
今回の場合は中には庭を見ながらの生活スタイルにしてあります。

この間取りはですね南道路の想定にしていましたけれども
例えば北道路も想定にする間取りにすることができます。

個室の前も専用の庭みたいな状態になって
プライバシーも確保できて快適な感じになってきます収。

収納納の方は各部屋にとシューズクロークやファミリークローゼットがあり
二人暮らしであれば十分かなといったところですけども
足りない場合はロフト収納などを増やすことができます。

南道路で道路に車を停めた場合には駐車場が寝室に近い状態になってきます。

体が弱くなった時にベッドをのせて車で乗り付けて
窓からそのまま部屋に入るということも可能になってきます。

45坪7LDK家族の多い場合の平屋の間取り図

今回紹介するのは45坪の7LDKの平屋の間取りになります。

玄関は西側にあり、玄関を入るとシューズクロークが3畳あります。
奥に入っていくと洗面室と広いトイレ1.5畳があります。

洗面台は1 M 20 CM の広いタイプになります。

トイレはタンクレストイレと手洗いカウンターがあり
ゆったりとしたスペースになっています。

さらに奥に行くともう一つ目のトイレがあります。
家族が多いので混雑しないためです。

リビングダイニングキッチンを中心に各部屋が配置されており、
洋室が6部屋と和室が一部屋あります。

洋室は6帖の部屋が6部屋あり、
5つの部屋はリビングから出入りするようになっています。

一つの部屋だけ廊下を介して入っていくという形になります。
他の部屋と比較してリビングから遠いということありません。

キッチンは対面式のアイランド型キッチンになっており、
ダイニングのスペースは8人掛けのテーブルが置ける広さのスペースになっています 。

キッチンはアイランド式なのでキッチンを中心に作業動線がスムーズに
移動することができ、回遊性のある間取りになっています。

リビングの南側には広い大きな掃き出し窓があって、
明るい LDK にすることができています。

キッチン脇には和室6畳があって引き戸を解放することで
LDK に連続することのできるスペースになります。

和室には床の間と押入れ一畳がついています。

間取りは正方形に近い長方形なため屋根形状もシンプルになることから、
外観も美しくなることが予想されます。

またシンプルな屋根にすることで雨漏りなどのリスクを減らすことができます。

台風や集中豪雨の多い近年においては、シンプルな建物形状と
シンプルな屋根をつけることで災害に備えることができます。

また平屋ですので上の階に重量が2階と比較すると乗りません。
そのことで耐震的にも有利に働くことから
地震にも強い家ができるということができま。。

形状もシンプルで力の伝わり方も均等なために
より地震に強い家を計画できてるということになります。

33坪3LDKお風呂から中庭に出る平屋の間取り図

今回の間取りは33坪3LDKのお風呂から中庭二出ることのできる平屋の間取りになります。
この間取りの特徴はお風呂の前の坪庭にお風呂からと洗面室、
あとはキッチンの方から中庭に出ることができます。

お風呂は裸で庭を見ることになるので、外から見えにくいように
建築で高い壁をつけて見られないようにします。

さらに窓には見えない工夫をします。
ブラインド入りサッシというのがあって、
窓のガラスとガラスの間にブラインドがあります。

それはの掃除も非常に楽でワンタッチでブラインドを閉じると
外から見えなくするといったことができるので
見られたくない人はブラインドを閉めた状態で入浴することができます。

庭を見たい人はワンタッチでブラインドを開放して
露天風呂のように外を見ながらお風呂に入るとことができます。

間取りの方ですが南道路の想定で東玄関の方から入ってきます。

こういったのドアまで通路があると雰囲気が出て、
庭の作り方によっては非常に雰囲気が良くなる効果を狙います。

玄関を入っていくと南側に6帖の洋室そして北東側に8畳の寝室があります。
寝室は3帖のウォークインクローゼットがついています。

玄関ホールの方にも三畳のシューズクロークがついていて
玄関の土間と廊下側の2箇所から出入りすることができます。

シューズクロークの中で段差をつけて靴を脱ぐことができるようになります。

リビングダイニングキッチンは20帖でキッチンはアイランド式になっています。

リビングダイニングキッチンの方に接して6畳の和室があります。
和室の方は引き戸を解放するとLDKと一体化して広く感じることのできます。

和室は床の間とあと縁側があり、押入れあります。

縁側はですね南の庭に面しているので古き良き日本のスタイル
ドラマで見たようなラウフスタイルをここで楽しむということも可能です。

縁側に座ってですねスイカを食べるなんていうことも可能になってきます。

ダイニングの南側にはデッキ庭が付いています。
アイランドキッチンにいるとみんなの顔がみんなの生活が見える形で
何処に行くにも移動しやすいといったメリットがあります。

キッチンから洗面と脱衣室の方もお風呂にも行きやすいという動線計画になっています。

脱衣室と洗面室が分かれていて風呂を誰かが使っている時でも洗面を使うことができます。
トイレの方にすぐ近いのでトイレから出て後に、すぐ手を洗うこともできます。

収納量ですけれどもリビングダイニングキッチンの横にもリビング収納があって
シューズクロークや押入れや各部屋のクローゼット、脱衣室にも収納があります。
キッチンのバッグ収納、背面の収納も広く使いやすいようになってます。

坪庭に対してお風呂から見えるというのが特徴になってきますけれども
実際にこういった間取りを作るとお風呂からの景色が良いということになります。

冬場であれば寒い空気とですね浴槽に入っている温かいお風呂との
温度差を楽しむ 感じ方もできます。

露天に近いような形も楽しみ方で空気に当たるっていうのも良いところです。

洗面から見えることも非常に気持ちが良くて、
洗面台に立った時に横に庭があると雰囲気を感じられて
庭が横にあるだけで開放的で気持ちの良いスペースになります。

キッチンお作業場も視覚的に広がりのあるスペースになります。

平屋の間取りですので玄関ホールとかリビングダイニングキッチンとか
天井を高くするとよりモダンでインテリアの良い開放的なスペースを得ることができます。

2階に部屋がありませんので屋根勾配なりに高くしていくことができます。

また光が足りない部分というのは窓や屋根形状の工夫で
上から光を取り込むことができます。

屋根の組み方一つで上部の横から光を入れられるので面白いですし
インテリアも楽しむことが出来るのでお勧めの方法です。

今回は坪庭のあるお風呂から庭の見える平屋の間取りを紹介してきました。

30坪4LDKデッキ中庭のあるおしゃれな平屋の間取り図

今回紹介する間取りは30坪3LDKの中庭のある平屋の間取り図です。

東道路の想定で東側の玄関になっています。

玄関ホールを入ると天井は高く、
正面にウッドデッキの中庭が見えます。

玄関にはカウンター式の下足箱と
玄関のタタキから靴で出入りのできる1畳の土間収納があります。

北側にはリビングダイニングキッチンがあり
リビングの南側には玄関から見いえていた中庭があります。

北側に配置されていても中庭があるので南から光を取り入れ
採光と風通しを確保していくことができます。

キッチンは対面式となっており、キッチンから
ダイニングとリビングを見渡すことが可能になります。

玄関の南側には6畳のベッドルームがあり、
8畳の寝室ともうひとつの6畳のベッドルームへは
LDKと中庭の見えるスペースを通って出入りしていきます。

毎日様々なシーンで中庭を見るので
とても気持ちの良い生活を送ることができます。

寝室には3畳のウォークインクロゼットもあり
収納量も十分に確保されています。

洗面室と脱衣室はリビング付近にあり、
主寝室から行きやすい場所にあります。

洗面室と脱衣室が別の部屋になっているので
浴室と脱衣室を家族の一人が利用している場合でも
洗面室を他の家族が使用することができます。

洗面台は1200mmの幅があり広くゆったりしています。

トイレは1.5畳と広く手荒いカウンター収納付になっています。

平屋の住宅ですので玄関だけでなく、リビングダイニング、
そして洋室や寝室は屋根勾配なりに高くすることが可能です。

天井を高くすることでモダンで開放的なインテリアを得ることができます。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村