30坪4LDK家事動線に配慮した平屋の間取り図

今回は30坪4LDKの平屋の間取りになります。
敷地の方は東道路になっていて東の方に駐車場3台を確保してあります。

南の方は庭に使って横長の長方形の間取りになります。
玄関は南玄関に土間収納があって土間収納以外にシューズボックスも設けてあります。

また物入れもたくさん玄関付近にあるので収納量も豊富に確保されています。
東に寝室6畳があってクロゼットが1畳ついています。

リビングダイニングキッチンは18畳で対面式キッチンの方から
ダイニングそしてリビングの方を見渡すことができます。

またリビングの方に和室4.5畳が開放できる形で繋がっています。
リビングは南の方大きな窓から光を入れるようになっています。

リビングの方を経由してから洋室4.5畳の部屋が2つ
こちらは子供部屋の設定になっていて、現状ではお子さんが一人ということですので
必要に応じて書斎に使ったり子供の部屋に使ったりするのでいいと思います。

出来るだけ部屋が死なないようにしてダイニングと一体化しながら
オールマイティーに使ってもいいと思います。

北西の洋室4.5畳はキッチンから見えやすいとこにあるので
この辺にお絵かきコーナーとか滑り台とかジャングルジムみたいなものを置いて
遊んでもらうという風にして子供の成長に合わせて勉強部屋、
学習スペースにして、のちに個室になっていきます。

子供が大学に行くとか独立して就職とか独立した時には
書斎に戻したり、また使い勝手を変えていくという風になっていきます。

キッチンの横に洗面脱衣室があります。
こちらはキッチンから通り抜けしたいっていうことで
キッチンに隣接した配置になっています。

寝室とLDKの間に洗面とトイレの水まわりを配置して
両方から行きやすい距離になります。

30坪の4LDKの中で移動するのでそんなに距離遠くないという形になります。

和室の方が4.5畳でリビングに開放して18畳+4.5畳なので
22.5畳の部屋に見える形になってきます。

また、要望で南の庭に面した和室にしてあります。

納戸も3畳確保されていて他にも収納があるので
収納量も和室と合わせてある程度確保されています。

これでも足りないという場合はロフト収納を増やしていく形になってきます。

建物の外観については切妻屋根のシンプルな形状になっています。
南に大きい窓で全ての部屋が明るい感じになっています。

32坪3LDK中庭のある平屋の間取り図

今回は32坪3LDKの平屋の間取りになります。

玄関ホールを入ってすぐ中庭が開けて見えるということと
キッチンダイニングリビングの方から中庭が見えるようなプランになっています。

全体像ですけれども細長い敷地で南道路になっていて
南の方に駐車場3台を確保していきます。

南側にLDK があって玄関があって東側にベッドルームがあるプランになります。

ベッドルームの近くの方に水回りが配置されています。

玄関ホールに入っていくと玄関ホール入ってすぐのところに窓があって
中庭を見るような形で視界が開けて行きます。

シューズクロークをつけるような幅がありませんでしたので
長細い奥の方に長い玄関の方になっていて
収納カウンターでインテリアを作りながら収納量も確保していきます。

リビングダイニングキッチンの方に入っていくとキッチンの方からは
中庭が見えて視界が広がるという形になります。

リビングの方を横目に見ると中庭が見えます。
ダイニングの方はリビングキッチン越しに視界が開ける風になっています。

子供部屋は後から仕切るというタイプにすることもできます。

キッチンの方はアイランドキッチンになっていて中庭が見えると同時に
背面の収納も広くてそして横にパントリー収納が大きく取られています。

パントリー収納は納戸的に使える何でも収納にする予定にしています。

そして寝室は8畳で東側に窓があってウォークインクローゼットが3畳あります。

洗面室と脱衣室分かれていて浴室は1.25坪タイプで脱衣室も2畳と広くて
タオルや衣類など下着など入れるような収納ボックスも置くことができます。

トイレの方が横から入るような形になって
トイレを使った後にすぐ手を洗うということができます。

最近、玄関から帰ってきてすぐ手を洗いたいというような要望がありますので
玄関の一角に小さな手洗いを付けるのでもいいと思います。

中庭の方は建物で囲まれてる感じになっているので自分の家の壁が見えます。

ダイニングとリビングのところから中庭に視界が開けて
南の方にも窓を設けて植え込みで隠してあります。

東と北側からも光がしっかり入ってくるというような作りになってきます。

アイランドキッチンでの回遊性もあって色んな所に行きやすくなっています。
子供部屋も最初は仕切りがなければ大きな部屋として中庭に繋がっていて
当初は子供部屋を寝室に使うと広く使えます。

屋根形状はちょっと低く抑えてあるので小屋裏収納今回ないですけれども
設けたい場合は屋根の勾配を少し高くするなどの方法もあると思います。

南側の屋根を高くすると中庭に光が入りづらくなる恐れもあるので
気を付けた方がいいです。

今回のプランは32坪の大きさになっていくので2階建ての住宅よりは
若干小さめになると思います。

32坪平屋間取りシュミレーション

回遊性のある平屋の間取り図。家事室のある住宅プラン

今回は36坪4LDK の平屋の間取りになります。

北道路になっていて北側に駐車場が2台
そして玄関にシューズクロークが2畳あります。

特徴的なのは家事室と子供部屋が後から仕切れるようになっていること
和室はリビングに接して、和室が中心になって回遊性があります。

収納類が少なめになっているので2階の所にロフト収納をつけて行きます。

玄関ホールに入ってすぐのところに手洗いができる洗面のスペースがあります。
そして脱衣室の方が2.5畳、浴室が1.25坪タイプになっています。

トイレの方も家に帰ってきてすぐ使うような位置になっています。

LDK のキッチンの方から家事室の方条に抜けてさらに通り抜けて
脱衣室に行きやすいような形になっています。

リビングダイニングキッチンの方は L字型になっていて
キッチンの方から和室の方が見やすくなっています。

リビングの方のテレビがキッチンから見えるようにしています。

南の方にダイニングからリビングから外に出れるようになっていて
子供部屋は最初は12畳の大きスペースから6畳ずつに仕切っていくようになります。

部屋がが大きくなったり小さくなったり
色々変わっていくというところが特徴になります。

家族の成長に合わせて部屋を使い分けていくという形になります。

寝室は8畳でウォークインクローゼットが2畳、普通のクロゼットが1畳ついています。

こちらの寝室の方から出てすぐトイレの方にも行きやすくなってる
回遊性のある動線が確保されています。

道路側の方に切妻屋根が二段に重なるような形になっていて
軒も深いので車を横付けすると雨に濡れずに玄関に行けます。

お風呂の前と洗面の前に目隠し壁があるので、
専用庭が見えて外から見えない形になっていきます。

南の方はウッドデッキテラスがあって
各部屋から出れるような形になっています。

大きな大屋根でロフト以外のところはリビングダイニングの天井を高くできます。

ヌックのある平屋の間取り図 テレ―ワークのできる住宅プラン

今回紹介するのは35坪3LDKの平屋の間取りになります。
こちらの間取りの特徴は家の中央の所に書斎コーナー、ヌックがあります。

ヌックというのはこもれるようなスペースになるのですけれども
入口があって中に入ると学習コーナーカウンターとか敷き畳のような
ソファーのようなものが置いてあるという感じになります。

玄関の所に玄関のシューズボックスと土間収納があります。
そして奥の方入っていくとリビングダイニングキッチンがあります。

書斎コーナーがリビングの横に3畳あって、こちらの方にこもって
パソコンとかするスペースを作っていきます。

リビングダイニングキッチンは21畳でキッチンはアイランド型になっていて
パントリー収納が横にあって収納量が豊富になっています。

東の方に寝室8畳があってウォーククインクローゼットは4畳あります。
このウォークインクロゼットは脱衣室からも使えるような形になっていて
ファミリークローゼットとしても利用できます。

西の方には洋室6畳二部屋でこちらの方各部屋にクローゼットがついています。
道路は西道路の方から入って行きます。

土間収納は扉をつけずに入るような形にしてあります。
奥に視界が広がって玄関を広く見える効果もあります。

リビングダイニングキッチンの北側の方に洗面室、脱衣室、
浴室が1.25坪タイプがあります。
お風呂も広めで脱衣室も広めで、収納も豊富になっています。

洗面は二人並ぶことができて混雑したら一人歯磨きして、
一人は洗面するということができます。

リビングの一角に座れるソファのような
漫画喫茶とかにある合革張りの寝転がれる部があります。

こちらはテレワークなどをするスペースにすることもできます。

そういうスペースは自由に好きな壁の柄を作っていくという感じです。

リフォームして内装を定期的に変えていっても良いでしょう。

ベッドルームは東側に8畳、個室は6畳が二室あります。

35坪3LDK広い屋根裏部屋のある平屋の間取り図

今回紹介するのは35坪3LDKの小屋裏収納のある平屋の間取りなります。

またこの平屋の間取りはシューズクロークが3畳、
ランドリースペースも広くてトイレ洗面も広く壁面収納も
パントリー収納もある収納の多い間取り図になっています。

敷地の方ですけれども旗竿地で北側の方から入っていきます。
西側の玄関になっていている玄関ホール入っていくと
広がりがある幅も奥行きもある玄関になっています。

そしてシューズクロークが3畳、玄関土間側からとホール側から
出入りができるようになります。
このことによってシューズクロークを家族用の玄関に使うことが出来て
玄関ホールのところを綺麗に保つことができます。

玄関には入ってきてすぐ手を洗うことができてトイレもうすぐ使うことができます。
トイレには手洗い器付き収納があって収納量もあります。

そしてリビングダイニングキッチン21畳になっていて、キッチンは対面式キッチン、
キッチンの横にパントリー収納が2畳があります。

壁面収納は壁の方にびっしりととられていて、収納も豊富になります。
南側リビングとダイニングの方、南側にはウッドデッキのテラスが付いています。

キッチンの東側の方には脱衣室兼ランドリー、
部屋干しのできるような脱衣室があって1.25坪タイプの広いお風呂があります。

リビングの一角には4.5畳の和室がついていてリビングに開放できるなっています。
この和室は玄関ホール側からも使うことができます。

南側の方に寝室8畳とウォークインクローゼットが4.5畳があります。
4.5畳の一角に小屋裏収納に行く階段があります。

これは廊下の方から使っていくようになります。
また洋室6畳ぐらいのスペースがあってクローゼットが取られています。

小屋裏収納の方に登っていくとこちらの方に10畳ほどの屋根裏部屋があります。

寝室の上、クローゼットの上、玄関の上あたりを使って
屋根の高いところ利用して屋根裏部屋のにしてあります。

外観はあの遠くから見えないのですけれども
切妻屋根が二つ重なっているような形になって
ボリュームもそんなに大きくなく抑えている形になります。

LDK のところは屋根なりに天井を高くしてあげれば、
それだけでインテリアが美しくかっこよくなると思います。

切妻屋根の三角屋根の部分を天井高くしてあげてあげれば
シンプルで開放的で快活な間取りになっていくと思います。

35坪3ldk平屋間取りシュミレーション

リビング収納と中庭のある平屋の間取り図

今回は41坪4LDKのリビング収納と中庭のある平屋の間取りになります。

玄関の方は北道路北玄関になっていて、北側に駐車場配置していきます。
玄関付近には3.7帖の広いシューズクロークと洗面室トイレがあります。

家から帰ってきてすぐに手を洗って支度をすることができます。
帰ってきてすぐに手を洗うというのは重要視されてるのでこちらの配置になります。

リビングダイニングキッチンは22.5帖リビングとダイニングのスペースは
一緒の空間ですが別々のエリアに分かれています。

リビングの南側の方に中庭があります。
そしてダイニングの方からもう中庭のところが見える形になっていて
中庭から光が入ってきますのでリビングにもダイニングにも光が差し込んできます。
間接的に反射しながらでも入ってくるという形になります。

リビングの一角には学習コーナーカウンターと
リビングの一角にリビング収納3畳があります。

家に帰ってきてコートやカバンやいろんなものを収納することができます。
こういうのがないと例えばソファーの上とかにジャケットが投げたままになるとか
テーブルの上に何かおきっぱなしになる、
部屋の一角には何かが新聞やダンボールとかが積まれていくことになってきます。

最近ではA通販で買った箱類も散乱してくるので
一時的にシューズクロークやリビング収納に入れておく場所も必要になってきます。

ダイニングのそばには脱衣室とそして浴室があります。
脱衣室の洗濯機の横は収納にしてありますが、
こちら洗面台に変えてももらっても結構です。

浴室の方は1.25坪タイプのお風呂で広めのタイプになります。
南側の方にベッドルームのエリアが設けられています。

寝室8畳ウォークインクローゼット2.5畳、洋室6畳が3部屋あります。

ベッドルームのエリアに洗面所トイレが配置されています。

中庭からの光で南側からの光を取り入れながら
リビングの天井を高くしてダイニングの天井高くしていきながら
屋根の高いところはロフト収納に使ってもいいかなというところです。

リビングダイニングキッチンは平屋ですので
天井は屋根なりに高くすることはできますから
インテリアは快適で広々とした雰囲気になります。

南の方はベッドルームのエリアになっていますが
南の庭の方に廊下から出れるようにしてあります。

また廊下の一角を膨らみを作って広くして
テーブルや椅子が置けるぐらいの3畳のスペースがあります。

こちらの方は天井に物干し竿をつけて
一時的に部屋干しができる工夫していってもいいと思います。

家族で住む中庭のある平屋の間取り図

今回紹介するのは45坪4LDKの平屋の間取りです。

敷地は東道路をから入っていきます。
東の方の駐車場と門扉とゲート、ポーチの方から入ってきます。

ポーチは屋根付きポーチになっていて駐輪場も設けてあります。
玄関に入っていくと東に土間スペース7.5畳があって
自転車とか趣味のもの入れても良いし収納にしていただいてもいいと思います。

玄関の土間スペースには土間収納2.5畳がついています。
またシューズボックスもあります。

玄関の洗面台ですぐ手を洗うことができます。
また広いトイレもあります。

玄関に入ってすぐに手を洗うということが大事になってますので
玄関付近に洗面所、もしくは土間スペースに
小さな手洗いをつけていくのも大事になってきます。

リビングダイニングキッチンの方へ入っていくとアイランドキッチンが
テーブルとダイニングが繋がってるので使いやすくなっています。

リビングに学習コーナーカウンターそしてキッチンの背面の収納も広くて
パントリー収納も付いているので収納量も充実しています。

リビングダイニングキッチンから各部屋に入って行くようになって
南側に子供部屋の想定の6畳の部屋が二部屋あります。

こちらの方は最初はしきりなしで12畳の部屋にして使ってもいいと思います。

リビングダイニングキッチンの方は29畳と広くなっていて
リビングの方は天井高も高くなっています。

リビングから10畳の寝室に入っていくとウォークインクローゼット4畳があります。
寝室の方からとリビングの方からはウッドデッキの中庭に出ることができます。

また各部屋は全て南の方の庭二出ることができ、明るく快活な生活を送ることができます。

リビングの横にユーティリティ、こちらの方は部屋干しのスペースにしてもいいし
自分専用の部屋にしてもいいと思います。

ユーティリティに連続して洗面室があってその横にトイレがついています。
トイレを使った後にすぐ洗面台を使うことができます。

また洗面台の横には脱衣室と浴室3畳のスペースがあります。
浴室からは坪庭が見ることができて、庭にはトイレからも窓があります。
またユーティリティーから出ることもできますので
専用庭としてちょっと明り取りの庭として使うことができます。

脱衣室とかダイニングとか土間のスペースなどは上からの光、
高窓をつけて上から降り注ぐような光を入れています。

平屋の間取りで2階にあの部屋がありませんから
上の方にロフト収納を作って行くこともできます。

また各部屋の天井を高くすることもできますので
その辺は天井屋根の高さに合わせて作っていただきたいなというところです。

駐車場のところにゲートをつけて門扉で中に庭に入れないようにしてあります。

リビングダイニングキッチンを中心にいろんな部屋に行けるところと
キッチンの横にパントリー収納まったり収納量もあって
キッチン中心に使いやすい感じになっています。

キッチンに立った時にこの学習コーナーが見えて、
子供部屋にも声がかけやすいです。

キッチンから脱衣室の方にも入っていきやすくトイレ、洗濯機とか
あとユーティリティの方にも行きやすくなってます。

ユーティリティからウォークインクローゼットに通り抜けることもできます。

45坪平屋間取りシュミレーション

家事室と土間書斎、坪庭のある平屋の間取り図

今回は39坪4LDKの趣味の土間スペースそして家事室、
シューズクロークが連続している間取りを紹介していきます。

また坪庭があってその坪庭に対して浴室からと家事室から眺めることが出来ます。
またキッチンからも眺めていくことができます。

この平屋の間取りの方は南の方の道路から入っていきます。
南の方のインナーガレージガレージを通過してポーチへ
そして玄関のほうに入ってきます。

玄関ホールの方には帰ってきて手洗いができるという風に手洗いをつけています。

書斎土間からもうすぐ手を洗うということができます。
シューズクロークののそばにカウンター式のシューズボックスもあります。

シューズクロークからは家事室に連続しているので
シューズクロークを経由して家事室に物を運び入れることもできます。

この土間のスペースは旦那さんの趣味の部屋という風に考えてるのですけれども
こちらにも帰ってきてすぐ荷物を運び入れることができます。

家事室は奥さんの部屋、旦那さんの部屋が土間というようなイメージで
趣味の部屋を充実していくというところになっています。

リビングダイニングキッチンは23畳のスペースになっていて、
リビングダイニングキッチンに対して洋室6畳が引き戸で開放できるようになります。

アイランド型キッチンになっていてリビングダイニングキッチンの
天井のところが高く開放的になっています。

キッチンの背面のところ坪庭が見えるようになっていて、
ひかりと景色を取込むことができます。

キッチンの横には家事室があるのでパントリー的に使うことができます。

背面の収納も広くダイニングのテーブルとキッチンが一体化して
アイランドなってることでグルグルと回遊性のあるスペースになっています。

リビング収納も一角にあってさらに学習コーナーのカウンターもあります。
西の方に寝室9畳そしてウォークインクローゼットが3畳があります。

南の方に先ほどの洋室6畳ともう一部屋、子供部屋の想定の6畳があります。
6畳の方はウォークインクローゼット1.5畳がついています。

洗面室、トイレ、脱衣室お風呂の方は寝室と子供部屋、
リビングダイニングの中間のところに設けてあります。
洗面室と脱衣室が分かれているので、
脱衣室やバスルームを使ってる時でも洗面室を使うことができます。

またトイレを使った後にすぐ手を洗うことができるので便利な配置計画になります。
浴室の方は2.5畳1.25坪タイプで広くなっています。

またバスルームに対して大きな窓が取られていて
景色を楽しみながら入浴することができます。

脱衣室の方には収納スペースもあって便利で使いやすいスペースになっています。
洗面室の横にクローゼットが付いていますので
こちらの方に下着とか洗濯に必要な洗剤とかストックを入れておくことができます。

リビングダイニングキッチンのところは天井が屋根なりに高くなっているので
家の中心の天井高いところを利用して開放的にインテリアで楽しむことができます。

また坪庭に対してキッチンと家事室からとお風呂から窓が付いているので
3方向から楽しむことが可能になってきます。

リビングダイニングキッチンを中心に家事室へ
そして子供部屋のスペースと寝室、玄関土間
東側の旦那さんの趣味の部屋土間スペースとか
アイランドキッチンを中心いろんなところに行きやすい配置になっています。

洋室の方は引き戸を設けてあるのでリビングと一体化することができます。
子供の成長に合わせて学習スペースとかプレイルーム、遊び場とか
トレーニングルームとかに使って最終的に個室にするなど
成長に合わせて作り変えていくということも可能になってきます。

外観の方は駐車場ビルトインガレージの方から入っていくので
少しは玄関見えにくい感じにはなっていますけれども
ビルトインガレージからも少し中庭的な庭が見えて
玄関からもうこの庭が見えて旦那さんの書斎である土間からも見えます。

リビングの南側には掃き出し窓大きな窓が付いています。

キッチン中心で回遊性のある平屋の間取り図

今回は40坪5LDKの平屋の間取りになります。
書斎を入れて5LDK なので実質は4 LDKの広さ部屋数になっていきます。

家の方は西道路になっていて西側から入ってきます。
玄関ポーチの方入っていくと玄関の方3畳ぐらいのスペースがあります。

シューズクロークが2.7畳そして玄関の付近に手洗い付きのトイレがあります。

リビングダイニングキッチンの方に入っていくと
キッチンはアイランド型キッチンなっていて
テーブルとキッチンが一体化したようなデザインになっています。

キッチンのそばに学習コーナーのカウンターがあって、宿題とか
子供の成長に合わせてお絵かきコーナーとかパソコンコーナーとかに使ってきます。

家事コーナーはキッチンの横にパントリーと別日ありますので
リビングの方は24畳と広くなっていて、
キッチンの方からダイニングリビングを見渡すことができます。

リビングの横に和室6畳がついていて床の間、押入れがあります。
引き戸を開放するとリビングと一体化することができます。

洋室6畳二部屋は南の方にあります。
この辺は子供のスペースに想定しています。

寝室8畳は東向きの部屋で書斎2畳がついています。
ウォークインクローゼットが3畳があって、収納も充実しています。

キッチンの近くに洗面と脱衣室が配置されています。
洗面台のすぐそばにトイレがあって、
トイレを使った後にすぐ洗面を使うことができます。

脱衣室と洗面室は分かれていて洗面台を使いたい時に
お風呂と脱衣室を使っていても別になっているので他の人が使うことができます。

そのため家族へのストレスを軽減していくことができます。
バスルームは2.5畳と広くて1.25坪タイプ、風呂も浴槽も広くなっています。

また専用庭に対して広い窓が設けられていて
外を見ながら開放的な雰囲気で入浴することができます。

そのため外から見えない目隠し壁にしてあります。
この専用庭はシューズクロークから出入りできるし
トイレからも見ることができます。

シューズクロークを換気したい時に、この勝手口ドアを
少し開いてあげるだけで中の空気を入れ替えることもできます。

シューズクロークだけで足りない場合は玄関にカウンター式の
シューズボックスをつけて行ってもいいと思います。

リビングダイニンキッチンは壁面収納とかそういうものもあって
背面収納パントリー収納などの収納量も充実しています。

平屋ですので2階がありませんから小屋裏を作って収納していく
収納増やすことも可能になってきます。

脱衣室の収納もしっかり取られています。

外観の方ですけれども先ほどはのトイレとお風呂から見えた
目隠しの壁で覆われているので上から光は入ってきます。

ただ視線は外から見えない仕様になっています。

並列で2台駐車で南の方にウッドデッキのテラスが付いています。
リビングダイニングキッチンと和室子供部屋のところは
掃き出し窓になっていて外に出ることが可能になって明るいスペースになります。

リビングダイニングキッチンのところこの辺は天井高くして
開放的に高くしていくとインテリアも開放的で広く感じて
それだけでインテリアデザインになると思います。

家事動線もコンパクトでキッチンを中心にアイランドキッチンになってます。
回遊性もあるようなプランになります。

キッチンのスペースを中心にいろんな場所に行きやすいプランになります。

坪庭のある収納の多い平屋の間取り図

今回紹介するのは41坪4LDK の平屋の間取りになります.

敷地の方は東道路になっていて東側の方玄関が入っていきます.
そして特徴は坪庭があって風呂から眺められる
そしてトイレからも見えるプライベートな庭になります。

またこのプランは学習コーナーカウンターとかリビング収納
パントリー収納シューズクロークなど収納力も充実したプランになっています。

部屋数も4LDKとを家族で住んでいくこともできます。
東の道路の方に車1台とあと駐輪場があります。

東の玄関の方へ入っていくと玄関ホールの方にシューズボックスと
さらにシューズクロークがあります。

リビングダイニングキッチンは24畳と広く、
学習コーナーカウンターや対面式キッチン、リビング収納、
パントリー収納などがあります。

またこのパントリー収納からは先ほど玄関から入った
シューズクロークで通り抜けることができるので
荷物をシューズクロークからパントリーに一時置きして
後でキッチンから取りに行くということも可能になってきます。

玄関ホールの方にはコートをかけるクローゼットも付いています。
リビングの東の方に洋室6帖が2つあって子供部屋の想定になっています。

そしてリビングの横に和室6畳がついていて床の間と押し入れ付き
こちらは引き戸を開放していくとリビングと一体化して広く見せることができます。

また平屋ですのでリビングダイニングキッチンは天井高くすることも可能になります。

リビング収納は家に帰ってきて鞄とかコートもなんでも入れられる
リビングで使うような小物とか普段使わない家電類なども入れることができるので
普段リビングが散らかったりすることも避けることができます。

またダイニングとリビングから見えそうな所に学習コーナーカウンターがあるので
家族の見えるところで子供もお絵かきしたり勉強したり
次の日の準備をしたりとかいうこともできます。

子育てにも配慮したプランになっています。
寝室の方は10畳で広くなっていて、
さらにウォークインクローゼットも5畳で広くなっています。

脱衣室と洗面室の方は分かれていて、
脱衣室の方も収納がたっぷりあって
洗濯機の横にいろんなものを収納することができます。

お風呂は2.5畳1.25坪の広いお風呂になっています。
その広いお風呂から坪庭の方が見え植栽と壁で外から見えにくい
プライベートな庭になっていくと思います。

そのプライベートな庭に対してトイレからも視線が抜けるようにしてあるので
浴室とトイレが開放的でゆったりくつろげるスペースになります。

洗面台も広くてトイレの近くにあるので
トイレを使ってすぐ洗面台を使うことができます。

南の方に明るい掃き出し窓があり
リビングとか和室、寝室の方からも掃き出し窓でデッキ庭に出ることができます。

屋根勾配は今一寸勾配にしてあります。

平屋であの長方形の間取りですのでさらに風圧も受けにくい形で
二階建てと比較すると風圧も受けにくいシンプルな屋根形状で
雨漏りに対して台風などの災害にも強い形状になっていると言えます。

に全体的に明るい部屋も多くて明るく快活な生活を送っていける住宅になります。

42坪4LDK の平屋の間取りシュミレーション

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

画像・記事の転載禁止

出典の記載に関わらず、画像・間取りの一切の転載を禁じます。