平屋の間取り図。北リビングでも南の光が入るプラン、32坪3LDK

今回は32坪3 LDK の平屋の間取りです。
こちらの平屋の間取りは南道路の想定で玄関を入ると
ファミリークローゼットシューズクロークがあります。

こちらの中はドアなしで入って中に収納がある形になります。

オープンにしておくと中の荷物が見えてしまうので
こちらは扉付きの収納があるという形になります。

32坪のこの広さの中で収納量があるのも特徴のひとつ

キッチンの背面の所にパントリーを兼ねた広い納戸も作って
土間収納に通り抜けられるようにしています。

そして南側に洋室5畳が2室と寝室8畳を設けて
寝室の方にはウォークインウォークインクローゼットがあります。
子供部屋の予定の洋室の方には各部屋にクローゼットをつけています。

洗面室にも収納をつけて、脱衣室の方にも収納を作っています。
洗面所脱衣室は分かれていて、脱衣の方にリネン庫を設けています。

浴室は一坪タイプでトイレの方は洗面を通っていくような形で
洗面の方にすぐ行けるよいうに近くなっています。

そしてキッチンからはダイニングとリビングを眺められるような形になります。

いいえこちらの方の間取りは長方形のシンプルな間取りになっていて
部屋もベッドルームも庭に面して広く明るい部屋なっています。

ベッドルーム明るいというのはメリットなんですけれども
この平屋は南に部屋を取っているのでリビングが北側になっています。

ベッドルームが暗い間取りを作らないために、北リビングにしたり
あるいは東に寝室持ってたりするという形になるので
配置上はこのプランの通り便が暗くなってしまいます。

そこで高窓をつけて上の方からの光で補うというのを間取りで紹介はしています。

少し立体で見てみましょう。


(外観間取りシュミレーション)

こういった形で南の方の個室の窓は庭に出るようになっています。
上の窓ですねこれがリビングの方につながっている形になります。

リビングを見上げた時にこの上の方に高窓が取られてます。
こちらが外観でも南の方から見えるという形になってきます。

ですのでこの形状を作るためには横から見た時に南の屋根と北の屋根を
切妻にしないで南に光入れるという形をとっているわけです。

これによってリビングの上の方から光を入れていくということが可能になっています。

32坪平屋間取りシュミレーション

家族で住む中庭のある間取り図4LDK

今回は39坪4LDKの平屋の間取りを紹介していきます。

道路の方は南道路になっていて駐車場からキャノピー、
広いひさしをつけて入っていくというのと
中庭があるというのが特徴になります。

家族で住んで行ける4 LDK の間取りになってきます。
キャノピーは車から雨に濡れずに玄関へ入りたいというような要望が多々ありま。
そこでキャノピー、大きなひさ祖をつけています。

玄関ホールの方はシューズクロークが3畳と広く取られています。
こちらの方は玄関の土間とそしてホールの方2箇所から出入りできるので
中で靴脱ぐことがができますから玄関先に靴があふれて
雑然とするといったことが避けられます。

子供部屋の想定の洋室が東側に二部屋あってクロゼットがついていいます。

玄関ホールからリビングダイニングに入っていくと
ダイニングのスペースそしてリビングのスペースから中庭が望めます。

中庭は目的は和室のところに南から光を入れるために作られたものですけれども
ダイニングとリビングからも景色が眺められるという形になります。

たリビングの南側に広い窓がありますので、
ダイニングとリビングにも明るい光が入ってきます。

リビングとダイニングは連続しているけれども少しずれることによって
別々のエリアに感じられるようになっています。

平屋の間取りですので上に部屋がありませんから
天井を高くすることができて開放感のあるモダンなリビングを作ることができます。

アイランドキッチンは奥の方に洗面室とゆったりとしたトイレがあります。

脱衣室と浴室の方と洗面台のエリアも離れているので
家族他の人が使っていても洗面台トイレの方が使えるという便利なプラです。

寝室奥の方に10畳で広く確保されています。

和室6畳は床の間と押し入れもあって色んなイベントにオールマイティに使えます。
和室ならではのインテリアになるので日本のアイテムが美しく見えます。

外観のキャノピー部分は雨に濡れずにドアを開けて入っていけるために
大きく張り出しています。

ホテルでよくあの車寄せのような形で付けられているものを
住宅にも作っているという形になります。

これで雨に濡れずに入っていけるという形になってきます。

この間取りの特徴の中庭は和室のところに光を入れるというのと
リビングそしてダイニングのところにまんべんなく光と景色を入れています。

L字型の平屋の間取り図で中庭デッキ庭をつくる

35坪3DKの平屋の間取りになります。

特徴は L字型の間取りでデッキ庭を囲んでいく形になります。

家事室とアイランドキッチンで家事をしやすいようなプランになっています。
またその家事室に対してファミリークローゼットと洗面脱衣室に繋がります。

玄関側にシューズクロークがあるとかリビング収納があるなどの
収納に関しても工夫をされています。

玄関の方は南道路で南玄関になっていて目隠し壁で
ウッドデッキ庭を囲んで行くようになってきます。

玄関ホールを入っていくとシューズクロークがあります。
トイレの方には手洗いがついていて少し広めな感じになってます。

寝室8畳が東に向いてあって窓は2箇所に付けられています。
ウォークインクローゼットが3畳あります。

そしてリビングの方に入っていくと24畳の広さのスペースになっています。
ダイニングとリビングデッキの庭を囲んで行くような形になります。

アイランドキッチンからダイニングに行きやすく
またリビングを見渡すことができます。

カウンターを広くして行くなどして行けばキッチン付近で
お茶を飲むようなスペースをつくっていくことも可能です。

洋室6畳の二部屋はリビングに入ってから各部屋に入っていくという形になります。
各部屋には1畳のクローゼットがついています。

またリビング収納の方は一畳あります野で部屋が方付けられます。

北側の部屋は平屋の住宅ですので天窓とをつけられますから
南の光を天窓から補うということも可能になってきます。

キッチンのそばに洗面室の方があります。

洗面脱衣は3畳になっていて収納スペースもあります。
また浴室の方に繋がっていきます。

そして洗面の横にすぐファミリークローゼットがあるので
着替えやタオルとかを収納することができます。

それに連続して家事室があります。
こちらの方は主婦専用の部屋として使ってもいいし
部屋ではなくて物干し専用の部屋にしてもいいと思います。

この家事室とファミリークローゼット洗面が一列につながることで
またキッチンのすぐそばにあるということで家事動線ができています。

回遊性のある動線計画ができて家事動線もコンパクトで
使いやすいような状態になっています。

玄関のポーチの部分に少し目隠しの壁が立っていて
デッキの庭と建物を L字で囲んで行くような形になっています。

そのことで中庭のように囲まれたようなスペースを
玄関のそばのデッキのスペースが持つことができています。

平屋ですので天井を高くするなどしてインテリアを作っていくことも可能です。

パントリー収納と部屋干し室のある平屋の間取り図

今回は40坪3LDKの平屋の間取りになります。

特徴としては前庭があってあと玄関ポーチのところが広く
奥の方に中庭がある形になります。

またパントリー収納や部屋干し室など家事動線にも気を使っている家になります。

玄関ホールは東道路になっていて南の方から入っていくような形になります。
そしてこの前庭に目隠し壁があって内部が見えないようになっています。

玄関ホールに入っていくと前庭の部分が少し見るような細長い窓がついています。
玄関ポーチの部分に少しベンチスペースもあります。

玄関ホールにはシューズクロークが2畳あって
2箇所から出入りできるようになっています。

玄関付近に洗面とトイレもありトイレもゆったりとしたスペースになっています。
帰ってきて手を洗ってトイレを使うことができます。

東側の方に寝室があってウォークインクローゼットが4畳あります。
寝室からは前庭が見えるようになっています。

リビングダイニングキッチンの方は25畳のスペースになっていて
キッチンは対面式でリビングとダイニングを見渡せるようになっています。

ダイニングとリビングでL字型に包み込むように中庭が配置されています。
そしてリビングから出入りできる子供部屋の想定の部屋が2室あります。

キッチンは対面式で横にパントリー収納があります。
4畳の広いスペースなのでキッチン以外のものも入れて納戸的に使う形になります。

キッチンのそばに洗面とお風呂があります。
そしてで横にクローゼットのスペースがあって着替えも置いておくことができます。

またトイレも二か所あり玄関付近のトイレがバッティングして使えない時でも
こちらのトイレを使うことができます。

またキッチンと洗面脱衣室のそばに南側に部屋干しのスペースがあります。
洗濯物は乾燥機で乾かすことはできるのですけれども
それだけでは家の中に洗濯物が散乱したりとかほしっぱなしになることがあります。

花粉の季節や梅雨の時でもタオルとかを乾かしておくことができるのが便利です。
主婦も共働きの夫婦にも喜ばれるスペースになっています。

平屋の間取りですのでリビングとキッチンの天井は
屋根の部分の高いところを利用して天井を高くすることが可能になってきます。

リビングダイニングを開放的に高くしていくことができます。
玄関に入ってリビングに行くと天井が高い感じになってきます。

シンプルな切妻は寝室の部分とリビングの部分があります。
屋根が重なって引きがあるような外観になってきます。

色も落ち着いた色の住宅の外観です。

収納の多い平屋の間取り図

今回のプランは42坪4LDK の平屋の間取りになります。
特徴は坪庭と玄関に深く屋根がかかっていること
そして収納が多いというところになります。

玄関は南道路から入ってきて東玄関になってきます。
南側のポーチから入っていくような形になります。

玄関ポーチの奥に入っていくと玄関ホールがあって
シューズクロークが1.3畳あります。

玄関付近には納戸2.3畳と壁面にクローゼットなどの収納があります。
入口付近に和室8畳、押入れと床の間がついています。

こちらの方は玄関から見えた坪庭が和室からも見えるという形になります。
玄関ポーチ入ってホールに行くとスカッとですね坪庭が見えて光が入ってくる、
突き当たりがあの明るいという形になってきます。

毎日爽やかな庭を通ることができます。
洋室8畳のところに東窓をつけることができています。

洋室8畳の方はクロゼットが2畳、
そしてこのプランは共用の物入れファミリークローゼット
衣装部屋が6畳あります。

洗面室のすぐ横にあります。

洗面室の横には広いトイレ1.5畳があって
手洗い収納付きになって広くなっています。

脱衣室2畳収納がしっかり取れていて浴室が2畳あります。
洗面と脱衣分かれているのでバスルームを他の人が使っている時でも
洗面台を他の人が使えるのでストレスの軽減ができます。

またトイレを使った後にすぐこちらも洗面台を使うこともできます。

リビングダイニングキッチンは南側の方にあります。
南側の方に20畳の広さであってキッチンは対面式キッチンで
ダイニングとリビングを見渡すことができます。

また東側の窓と南に窓に対して5畳の洋室が二つ取られています。
こちらの方は子供部屋の想定をしていており
必ずリビングを通ってから部屋に入るというような配置になります。

また東側の窓と南に窓に対して5畳の洋室が二つ取られています。

こちらの方は子供部屋の想定をしていて必ずリビングを通ってから
部屋に入るというような配置になります。

家族が使う場合でもリビングから入るというところに
メリットを感じて配置している形になってきます。

各部屋には収納があってさらにファミリークローゼットがあるので
収納量も十分取れている形になります。

また収納が少ないなと思ったらさらにロフト収納を付けることができます。
例えばロフト18畳を間取りの中心の部分に配置することも可能です。

玄関の上部は吹き抜けにして天井を高くすることでもいいと思います。

リビングの南側には掃き出し窓が付いていて庭に出ることができます。
こちらの方は広く明るく開放的な間取りになります。

ロフトの部分とは被らないところにリビングが配置されているので
天井を高くすることができます。
開放的でモダンなインテリアを作ることができます。

吹き抜けほど空調的なデメリットはなくて
少しだけ天井が高くなるというところで
少し能力の高いエアコンでカバーできるかなというところです。

外環の方は白い漆喰のような外観になってきます。
西洋漆喰などで汚れにくい自浄作用があるというものも販売されています。
よく聞かれるのはカルクくウォールなどの西洋漆喰になります。

玄関の付近は軒が深いという形になっており、
全体的に軒が深いですので漆喰などの材料を使った時に
壁にあの雨がかかりにくくなってます。

汚れにくい配慮というがされていく形になってきますが。
こういったあの自然素材を壁に使う場合は軒を深くするというのが
非常に大事なことになってきます。

今回は4LDK の少し大きめの40坪ぐらいで
平屋で坪庭があるタイプの間取りを紹介しました。

部屋数が4部屋あるというのと収納が広いということで大きめになってます。

半屋外リビングのある平屋の間取り図

今回紹のプランはは29坪3LDKの平屋の間取りになります。

特徴は屋根付きのウッドデッキのテラスがあることになります。
半屋外のリビング空間になります。

南玄関で南道路の方から入って行きます。
3LDK になっていて寝室と洋室6畳が3室という構成になります。

玄関ホールの方は4畳になっています。
シューズボックスがあってこちらの方はカウンター式でも
天井まであってもいいと思います。

廊下の一角には物入れがが二つあります。

東の方に洋室6畳そして寝室8畳があります。
それぞれウォークインクローゼットがあり各部屋から使うことができます。

6畳の洋室の方が北向きの部屋になりますけれど
取りの関係上こちらの方はリビングに開いていません
習コーナーを設けてありますのでここを壁にしてあります。

こちら学習コーナーをやめれば引き戸をつけて
リビングに解放できるようにして一体化するということもできます。

開放できるようにした場合には部屋はオーriマイティーに使用できます。
子供が小さい時は遊び場などにして滑り台とか
ジャングルジムみたいなものを置いて成長に合わせて
学習コーナーにして行ったりします。

最終的には個室に変えて行くと言った使い作り方もできます。

リビングダイニングキッチンの方は20畳のスペースになります。
キッチンは対面式キッチンでダイニングとリビングは同じ空間ですけれども
L 字になってて違う空間にエリア分けされる形になります。

このリビングとダイニングでデッキを囲んでいくような形になっています。

リビングは南の方に庭に大きな窓が付いていて
また西側のデッキの方にも掃き出し窓はついて出るようになっています。

ダイニングの方はデッキのテラス、
屋根付きのウッドデッキのテラスの方に出れるようになります。
ダイニングのスペースの北側の方に洗面室とトイレへ
そして脱衣室と浴室があります。

こちらの方は洗面室と脱衣室が分かれていることによって
脱衣室とお風呂を利用している時でも洗面室の方を使うということができます。

またトイレを利用してその後にすぐ手を洗うということも可能になってきます。

3人家族ぐらい歩いは四人家族ぐらいの想定になっていて
必要最小限で30坪以下の大きさにいろんなものが凝縮されている間取りです。

収納量が足りないなと思ったら平屋ですので上の階に部屋がないので
中央部分屋根の高い所にロフト収納などを取って行ってもいいと思います。

ロフト収納の広い平屋の間取り図 階段で登る12畳の小屋裏収納

今回のプランは32坪3LDKの平屋の間取りになります。

玄関は南玄関になっていて、南道路の敷地になっています。

南側に洋室6畳と寝室8畳リビングダイニングキッチンが19畳あります。

リビングダイニングキッチンには学習コーナーや
パントリー収納など収納と子育てのための学習スペースが充実しています。

キッチンは対面式で背面の収納もしっかり取れているので
使いやすい間取りになっています。

西側に洋室6畳の部屋もあり、部屋数も3部屋あるので
家族で住むことができる間取りです。

ウォークインクローゼットなどの収納も充実しており、
さらに廊下から階段で上がるロフト収納が20畳確保されています。

洗面室と脱衣室別になっておりバスルームを使用している時でも
他の人が宣伝を使うことができるのでストレスが軽減されます。

トイレを使ってすぐ洗面台を使うことができるので
配置もとても使いやすくなっています。

玄関から水回りが見えることはなく、
各ベッドルームからも行きやすい距離で、
帰宅してすぐ使える洗面台とトイレになっているので
使いやすい水回りになています。

建物の形状は長方形でシンプルになっており、
屋根形状もシンプルになることから
雨漏りのしにくい屋根形状にすることができます。

集中豪雨にも耐えることができて
台風などの災害にも耐えられる平屋の間取りになっています。

収納を有効活用する平屋の間取り図

今回のプランは34坪4LDKの平屋の間取りになります。

玄関ホールを入るとシューズクロークが3畳あります。
東側に子供部屋の想定の洋室5畳が2部屋あります。

東と南の窓のある部屋と東と北の窓がある部屋の二つです。

リビングダイニングキッチンは20畳で南側に窓があり、
庭に出ることができます。

キッチンは対面式キッチンでダイニングとリビングを見渡すことができます。

ダイニングのスペースも広くリビングのスペースも広くなっています。
LDK に面して和室4.5畳があります。

和室には押入れ市城東床の間があります。
和室はリビングに対して引き戸を開けると一体化することができます。

リビングダイニングキッチンの南側に寝室8畳があります。
ウォークインクローゼットは4畳になっています。

4畳のウォークインクローゼットは脱衣室からも使えるので
ファミリークローゼット的にも使えます。

洗面室は3畳と広く幅の広い洗面台があります。

洗面台のすぐそばにトイレがありトイレを使った後に手を洗うことができます。

洗面室と脱衣室が別れているので、脱衣室とバスルームを使用している時でも
洗面台を使うことができます。

平屋の間取りですので上に部屋がありませんから
リビングダイニングそしてその他のベッドルームなどの
天井高くすることができます。

トイレは東側のベッドルームの付近と
洗面台の横に2箇所配置されていて混雑を避けることができます。

長方形の間取りでシンプルになっているので
屋根形状もシンプルになり
雨漏りのリスクの少ない安定したは形状になります。

平屋間取りシュミレーション

ファミリークロゼットで便利な平屋の間取り図

今回のプランは29坪3LDKの平屋の間取りです。

玄関ホールは3.5畳の広さになっており、
シューズボックスと一畳の土間収納があります。

土間収納の方にはベビーカーやスポーツ用品などを入れることができます。

東に洋室6畳があって北東の方に寝室8畳があります。
各部屋にはクローゼットが付いています。

リビングダイニングキッチンは19畳の広さで
キッチンは対面式キッチンになっています。

ダイニングとリビングは明るい南側に面して配置されています。
南側の庭にはダイニングの掃き出し窓と
リビングの掃き出し窓から出ることができます。

キッチンの北西の方に5畳の洋室があります。
部屋数は3部屋あるので子供は二人、夫婦の家族で住むこともできます。

各部屋にはクローゼットが1畳あって少ないように感じますが
間取りの中央部分にファミリークローゼット4.5畳があります。

ファミリークローゼットはリビングからと洗面室から出入りすることができます。
ファミリークローゼットには家に帰ってきてすぐ
かばんや洋服を置くことができて洋服などを収納することができます。

または脱衣室を出てすぐのところに配置されているので
洋服を取りに行くのにも便利な位置になっています。

脱衣室の中にも収納があるので下着やタオル洗剤などを入れることができます。

トイレを出てすぐのところに洗面室があるので便利です。
洗面室は3畳と広いスペースになっていて洗面カウンターも広いので
デザインが良い洗面台鏡の大きな洗面台をことができます。

お風呂は一坪タイプ2畳の大きさになります。

廊下が全くないので有効に面積を使うことができており、
ファミリークローゼットで収納を確保することができています。

収納が足りない場合は小屋裏収納をつくることができます。
またリビングやダイニングなど天井を高くすることはできるので
モダンで開放的なインテリアを作ることができます。

平屋の間取り 30坪

今回のプランは33坪4LDKの間取りになります。
こちらの玄関ホールの方は南玄関になっていてLDKは19畳のスペースになります。

玄関にはシューズクロークがあり、2箇所から出入りすることができます。

玄関土間とホール側の方から出入りができるので
シューズクロークの中で靴を脱いでいくことができます。

そのことで玄関に靴が散乱しないことができます。

また南の方に和室があってリビングに面して開放できるので
リビングと一体化して使うことができます。

対面式キッチンになっていて背面の方にパントリー収納が2畳あります。

こちらの部屋はテーブルなどをおいて主婦専用の部屋にするのもいいと思います。

その場合は窓とかを設けて光を入れることができる位置にはあります。
東の方にベッドルーム、洋室6畳、寝室8畳があります。

寝室8畳の方にはウォークインクローゼットがあり
洋室6畳にはクロゼット一畳があります。

洗面脱衣とトイレお風呂などの水回りはキッチンに近い位置に
まとめられており、北側の方に配置されています。

また階段で登るロフトの方も付けられているので
収納量も豊富になっているプランです。

現在このプランは33坪4 LDKで大きくもなく、小さくもないという形です。
さらにコストを下げたい、大きさを小さくしてこちらのプランのように圧縮できます。

こちらの方は東西の幅を縮小して30坪の平屋の間取りにしています。

ですのでリビングダイニングキッチンは変わりませんけれども
シューズクロークとかパントリーの奥行きが小さくなって
こちらのあの5畳だった部屋が5畳になっています。

東の方も洋室6畳だったものを5畳にして寝室は8畳だったものが
7畳のスペースになっています。

寝室の方はウォークインクロゼットを小さくすることで
8畳のスペースを優先して確保するということも可能です。

平屋ですので屋根の高い所に収納を作るということも可能です。
リビングとかそういうたところ屋根勾配なりに天井を高くすることもできます。
インテリア的にも開放的でモダンな住宅を作っていくということができます。

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村