パントリーとファミリークロゼットのある平屋の間取り図

31坪4LDK の平屋の間取りになります。
パントリー収納やそしてファミリークローゼットの住宅プランです。

洗面室の横にファミリークローゼットがあったり
テレワークもできる書斎のある間取りになります。

南道路になっていて建物はL字型になっています。

そしてリビングダイニングと水回りの方が西の方にあって
玄関を挟んで東の方にベッドルームのエリアがあります。

玄関は南側の方になっていて、南側から入っていくと

土間収納の方が1.5畳あります。

西の方にリビングダイニングキッチン18畳があって、
対面式キッチンからダイニングとリビングを見渡すことができます。

ダイニングとリビングの南側にはきだし窓があってリビングから出ることができます。

キッチンは背面の収納も広く、パントリー収納が2畳あります。
ランドリースペース、洗面脱衣室の方は3畳になっていて、
浴室は2畳一坪タイプで脱衣室の横にファミリークローゼットが2畳、
中で着替えもすることができます。

洗剤や下着やタオルなどリネン庫的に収納することができ、
家に帰ってきて鞄とかを収納することもできます。

東の方にベッドルームのエリアがあって寝室が6畳、
ウォークインクローゼットが2.6畳あります。

南の方に子供部屋の想定の6畳の部屋が二つ、
各部屋にクローゼットがついています。

寝室の方から行きやすい位置にトイレと洗面室の方があります。

また書斎が2.5畳あるのでテレワークなど
家で仕事をするのに都合のいいスペースがあります。

リビングダイニングキッチンの方は天井の方を高くしてあります。
屋根勾配なりに高くしてあって、玄関を特に高くしていないのは
玄関からリビングに入った時に広く感じるというのを狙っています。

子供用の部屋も均等に6畳の部屋が二つあって、
こちらの方は後から仕切るタイプに変えてもいいと思います。

窓の方も対角線上にしっかり2か所取れているので
風通しも良い部屋になってきます。

そして寝室の方こちらも6畳でベッドとドレッサーが配置しやすい形状にしてあります。

書斎は家で仕事を邪魔されずにテレワークのできるスペースにしてあります。

家に帰ってきてすぐ使える洗面台とこちらのテレワークのスペースというのが
現在はとても要望が多くなっています。

脱衣室の方は LDKから入っていきます。

広めのスペースにしておくことで浴室と洗面のところ、
ランドリールームとして、部屋干しできるようなぐらいの広さにしてあります。

もちろん庭も広いので外で干すもしくは
乾燥機付き洗濯機でもいいと思います。

脱衣室からすぐクローゼットの方に行けるので
家に帰ってきて鞄とか服とか入れたり下着などを取りに行くことができます。

スキップフロアの平屋の間取り図 パントリーと部屋干し室のある住宅プラン

土地の広さ 開口11.6×奥行29.1 102坪(建ぺい率50%)
ただし、敷地の北東側(道路と反対側)に法面があります。
(面積としては土地の25%くらい?高さは4~5mあります)

接道 南東

用途 第一種低層住居専用地域
階数 平屋(1.5階)
規模 35坪(要望は30坪~35程度)
必要な部屋 LDK18~20畳程度 
     子供部屋2つ(4.5~6畳程度)
      主寝室(6~8畳程度)+WIC
      主寝室は畳(布団を収納するとこもほしい)
      客間和室 

間取の要望 できれば洗面所と脱衣は別が希望
      玄関にシューズクローク(できれば土間収納も)
      洗濯を干せるランドリールームがほしい
      ランドリールームに収納
    リビングからも玄関からも繋がる小上がりの和室
     (4.5~6畳) 無理だったら玄関直接でなくても
      小さくてもいいのでキッチン近くにパントリー
      玄関から洗面所に直行できる動線かがいいです。
       玄関からキッチンも近いとありがたい。
      家事動線がスムーズなのがいいです。
      できれば子供部屋は1.5階にもうけてその下を広い収納に使いたい。
      収納の一部は土間で外からも入れるようにしたい。
      または、子供部屋の下がガレージでもいい。
      子供部屋にいく階段と廊下はリビングにつくり、
      吹き抜けのようなイメージで。リビングの天井は高く。
      廊下はできるだけなくしてリビングからどの部屋にも目が届く感じにしてほしい。
      対面キッチンで、できればダイニングテーブルはキッチンと横並び。 
      駐車場は普段は常時2台。来客用に1台。 
  
家族構成  夫婦と子どもが二人の四人家族

室内洗濯干し室のある平屋の間取り 31坪3LDK

開口13.3m奥行き40m
西道路 一種低層居住区域
平屋 31坪
(要望は31坪程度に抑えたい)

間取りの要望:

・LDKは18帖以上
・回誘導線
・室内洗濯干し室

・子供部屋4.5帖程度で2部屋
・将来子供部屋と主寝室に分けられるように
7.5 帖以上の部屋

・通り抜け型のシューズクローク

・子供部屋とLDKはなるべく離れるようにしたい

・主寝室はリビングと続きで3帖程度でも可

現在家族は3人で子供1人ですが
将来的には5人家族の子供3人にしたいです

パントリーとユーティリティーのある平屋の間取り図

今回紹介するのは35坪3LDKの平屋の間取りです.

特徴は玄関のあたり車寄せがあり自転車置き場とか車が入れることができて
雨に濡れずに玄関に入っていけること

そしてインテリアの方では畳コーナーの方があったり
脱衣室が広くなってユーティリティとして使える形になっていること

畳コーナーのところがリビングに開放されて広く感じられます。
キッチンのそばに学習コーナーとパントリーがあり、
その奥の方に洗面があって広いユーティリティとお風呂があります。

脱衣室を拡大して物干しとかいろんな家事をする場所に使ったりできます。

学習コーナーは子供の宿題を見るとか家事に使うことも出来ます。
主婦の目線で便利なスペースがたくさんある間取りです。

敷地の方は南道路になっていて、南の玄関から入って行きます。

玄関ホール入っていくとシューズクロークが1.5畳あって
ホールの方も奥に広がりのある感じになってます。

西側の方に洋室5畳が二つ、子供部屋の想定になっています。

玄関に入ってすぐ手を洗えるところと、トイレがあります。

寝室は8畳でウォークインクロゼットが4畳、
ウォークインクロゼットはファミリークローゼットになっていて、
洗面室の方に通り抜けすることができます。

洗面室の方は脱衣室兼ユーティリティーの方と浴室、
それからキッチンのほうへも通り抜けられる回遊性のあるプランになっていきます。

南側の方にLDK19畳があってリビングとダイニングの方を
対面式キッチンのから見渡すことができます。

リビングダイニングの南側にウッドデッキがありはきだし窓から出ることができます。

キッチンの横にはパントリーの収納があって背面の収納も広くなっています。

キッチンのそばに学習コーナーを設けて勉強したりお絵描きしたりできます。
多目的に使える畳コーナーが3畳、リビングにつながり配置されています。

間取りの 特徴の利便性の高いま便利なユーティリティというところで
物干しに使ってもいいし、作業場としてアイロンかける場所に使っても良いでしょう。
リビングダイニングキッチンの方はこういうオープンなキッチンで
開放性があってそしてこの畳コーナーのところがあるのでより広く感じられます。

屋根付きの駐車場は自転車もおけて車も入るので
雨に濡れずに玄関に入って行けるところも便利です。

35坪と小ぶりながらいろんなものがぎゅっと詰め込まれてるようなそんな間取りです。

平屋の間取り図 パントリーとシューズクロークが連続

※土地の大きさ 間口11M 奥行き30M 
※接道 北道路
※用途地域 準工業地域
壁面後退 分からない
※階数     平屋
※建物の規模 37坪(要望は34~37坪程度)
※必要な部屋 3LDK
        寝室8畳+WIK3畳ぐらい
        子供部屋6畳+クローゼット(引き戸orなくてもいいです。)
        和室4.5畳
        シューズクローク2畳
        パントリー2畳
        可能な限りの収納
間取の要望 子供部屋はリビングを通って入れるようにしたいです。
        和室はリビングに接し普段は開け放ちますが、
        来客が宿泊できるよう、
        戸を閉めることができるようにしてほしい。
        和室に床の間は不要です。
        室内の扉は極力引き戸にしてほしい。
        シューズクロークからパントリー、
        またはキッチンに抜けられるようにしてほしい。
        キッチンは対面キッチン
        浴室横に洗濯機を置きたい、
        洗面室は物干しができるよう、広めにしてほしい。
        土地の南側には畑やガーデニングを行う予定です。
        屋根裏収納でも構いませんが、
        その際には階段は常設の階段にしてほしい。
        駐車場は並列駐車で2台、
        北側道路に出れるようにカーポートもお願いします。
        来客用として3台止めることができるスペースもほしい
        (カーポート外)
        南側にウッドデッキを設置し、その分軒を出してほしい

※家族構成 家族は3人で夫婦と子供が1人です。

雨に濡れずに玄関に入る平屋の間取り図。最近要望の多い部屋のある住宅プラン

今回は36坪5LDKの平屋の間取りになります。

特徴は雨に濡れずに玄関の方に入っていけるような、
玄関付近がインナーガレージになっている住宅プランです。

玄関付近に手洗いのスペースがあったり、
そしてトレーニングルームがあったり
テレワークのスペースがあったり
最近の要望の多い平屋の間取りになっています。

間取りの特徴は玄関のところ入ってきて、
すぐのところに手洗いスペースがあること。

そしてリビングのところに面してトレーニングルームがある。
さらにその奥にテレワークのできる部屋がある。

東道路から駐車場にインナーがあって奥の方に入っていくと
洗面スペース玄関に土間スペースとトイレもあり
家に帰ってきてすぐ手洗いなどを使うことができます。

玄関入ってすぐ手洗いというのは非常に最近増えている要望になります。

寝室8畳ウォークインクローゼット4畳、
リビングダイニングキッチン21畳から
子供部屋の想定の洋室6畳二部屋の方に入っていくことができます。

そしてリビングからトレーニングルーム6畳、
そしてその奥にテレワーク室3畳があります。

テテレワークの出来る部屋を書斎という言い方も多いのですけれども
具体的にテレワークでオンラインで外と通話するスペースが欲しいという要望も
特に今年に入って3月以降とか増えています。

実際のところもこれからの学校の授業とかも家でするようになり
個室で、自分の部屋ですれば良いというのもあるけれども
自分の部屋じゃなくて専用の部屋でやりたいという要望も出てきます。

自分の部屋を見せたくない子供もいるでしょう。
今回はトレーニングルームとテレワークの部屋を作っています。

間取りは対面式キッチンでダイニングとリビングを見渡すことができます。
学習コーナー的な宿題を見るベースもあります。

洗面とトイレと脱衣室と浴室の方がキッチンのそばにまとめられています。
入り口付近に手洗いを作るというのが増えているので、
どうしてもそれと対角線上に離れた場所に水回りを作っていくことになっています。

平屋の住宅になっているのでリビングダイニングキッチンのところは
天井を高くすることができます。

子供部屋の方はしっかり6畳の広さで、個室もあの家でくつろげるようにしてあります。

今回はテレワークの部屋デスク背面に何も置かないような配置しています。

トレーニングルームはジムにいるような感じのインテリアを作ります。
最近はジムにも行けないの状態が続いてたりすると思うので
家庭内にジムの必要性も感じています。

平屋ですので2階がないので上に部屋が乗ってませんから
ガレージ上部への重力もなく材料費も軽減されます。

36坪5LDK の平屋の間取りシミュレーション

玄関脇に手洗いスペースとテレワークのスペース
トレーニングルームとかテレワークスペースのある間取り

回遊性のある平屋の間取り図

今回は30坪2LDKの二人で暮らす平屋の間取りを紹介してきます。
間取りの方は L字型になっており、北道路になります。
北側の玄関の方の横にシューズクロークがあります。

玄関ホールに入っていくと南の方にLDK の方があります。
LDK の方は20畳ほどのスペースになっていて
ダイニングの南の方とリビングの南の方に大きな窓が付いています。

キッチンは回遊性のあるアイランドキッチンになっています。
背面の収納も非常に広いんですけれどもさらに横にパントリー収納があって
勝手口が付いて外に出れるようになっています。

玄関の北側の方に寝室6畳があって、こちら東の方に窓があって
北側に風抜きの窓が配置されています。

寝室には3畳のウォークインクローゼットが付いています。
寝室の広さは6畳です。

帰ってきてすぐ使える場所に洗面室そしてトイレの方が配置されています。

リビングの東の一角に書斎スペースがあります。
この書斎スペースは共有のスペースになっています。

この書斎を経由してから南の子供の部屋があります。
子供部屋の方が6畳配になります。

リビングの西側の方にバスルームのエリアがあります。
風呂の方は一坪タイプになっていて、南の方に部屋干しのスペースがあります。

脱衣室の北にはクロゼットがあり、パントリーと連続させることができます。

南の後のお風呂窓が付いてお風呂の外に外が見れるようになっていいです。

キッチンからシューズクロークの方に行けるようにしてあり
メリットとしては家に帰ってきて買い物をキッチンにいれやすく
宅急便で届いたものを一時置きして後でキッチンから取りに行くこともできます。

リビングとダイニングの南には目隠し壁で囲まれた庭があります。
外から見えないようにする配慮です。
中庭風にくぼみになっています。

外観はレンガタイルで重厚感と明るさを演出しています。

25坪2LDKの3人家族で住む平屋の間取り図

※接道 南西・南東道路
※用途地域
壁面後退 -
※階数 平屋
※建物の規模 25坪程度

※必要な部屋

建物は平屋25坪くらいで2LDK、物が多いので
出来れば収納が多い方がいいです。

間取の要望

パントリーが欲しいです。
洗面台は洗濯室と分かれている方がいいです。

子ども室はリビングから少し離れて静かな場所、
可能であればリビングを通って子ども室に行けるようにしたいです。

キッチンに横並びでダイニングにしたいです。
難しいなら対面かI型で。

陽当たりの良い場所に物干場、布団干場
(出来れば物干場の近くに洗濯室)

※家族構成
家族は3人で夫婦と子供が1人です。

家事室とパントリー収納のある平屋の間取り図。アイランドキッチンで作る家事動線

今回は44坪4LDKの平屋の間取りです。

敷地は北道路になっていて、北玄関の方から入って行きます。
駐車場を通って玄関ポーチの方入っていくと3畳の広いシューズクロークがあります。

南側に行くと 26畳の広いリビングダイニングキッチンがあります。
対面式キッチンでアイランド型になっており、
回遊性のあるプランになっています。

キッチンの横に家事室3畳と広い3畳のパントリー収納があります。

キッチンのすぐそばに洗面室と脱衣室があります。

脱衣室の方のそばにはファミリークローゼットがあって
服などを収納することができます。

洗面室は2畳で広く幅の広いカウンターにも洗面台があります。
洗面台のすぐ近くにトイレが配置されています。

キッチンからお風呂への距離も近いので家事動線もコンパクトにまとめられています。

キッチンを中心に東側に洋室が二部屋、西側に洋室と寝室があります。

東側の洋室6畳の方には1畳のクローゼットがついています。
西側の寝室10畳にはウォークインクローゼットが3畳、
洋室6畳にはウォークインクローゼットが2畳があります。

西側の寝室のエリアにも洗面台とトイレが配置されています。

LDK を中心に各部屋に入っていくような間取りになっているので、
必ず家族と顔合わせてからベッドルームに行くという動線計画になっています。

リビングダイニング中の方は南側に面してリビングもダイニングも
大きな窓が付いていて明るくなっています。

平屋の住宅ですので上の方に部屋がありませんから
リビングダイニングキッチンの天井も屋根なりに高くすることができます。

東側の部屋も西側の部屋も窓大きく配置されており明るい部屋になっています。

各部屋から洗面トイレ行きやすいようになってるので、
それぞれの場所で身支度もしやすいプランになります。

収納の量が少ない場合でも上の方に部屋がありませんから
ロフト収納などを増やすことで対応することができます。

老後に住む家 バリアフリーの平屋の間取り図

今回は30坪2LDKの老後に住む平屋の間取りを紹介していきます。

建物の方はウッディな雰囲気になっていおり、柔らかい雰囲気にしてあります。
北側の道路から入って行き玄関横にバイクガレージが付いています。

バイクガレージの方は実質は電動の車椅子を入れていくような形で
電動シャッターの想定にしています。

間取りの方は北玄関から入っていきます。
玄関ホールの方は北側の方になっていて、
スロープから入ってくるようになっています。

東の方に寝室、8畳の部屋が二つあって、各部屋の真ん中に
ウォークインクローゼットが付いています。

リビングダイニングキッチンは20畳のスペースで広くなっています。
玄関に入って広い玄関ホールの方があって、奥に洗面の方とお風呂の方があります。

納戸的に使うファミリークローゼットも付いています。
ファミリークローゼットのは3畳ほどのスペースになります。

玄関付近には車椅子で入ることのできる広めのトイレになっています。

こちらのトイレの方もですけれども、
玄関のところも車椅子の移動を意識して配置しています。

また、洗面脱衣室の方も車椅子を意識して広くしてあります。
トイレもお風呂の方もバリアフリーでユニバーサルデザイン仕様にしてあります。

各部屋の扉は引き戸にして幅広いタイプにしてあります。
ダイニングキッチンの方は対面キッチンではなくて
L 型のキッチンで車椅子で移動できるような形にしてあります。

二人暮らしの想定ですけれども調子が悪くなったというのを想定して
北側の部屋の方に窓近くまで車を入れられるようにして
掃き出しの方から出入りできるような形にもしてあります。

基本的にはスロープを使って玄関側から入って
そしてリビングに入っていくという形にしています。

南側の8畳の部屋はこのリビングと一体化して使うことができます。
こちら引き戸を開放するとリビング一体化して広いスペースに使うことも可能です。

リビングダイニングキッチンを含めて全体のインテリアとしては
暖かい雰囲気にして明るめの板張りにしてあります。

外観はウッディな外観にしてあって、南側の方に大きな窓を取ってあります。

30坪2LDK平屋間取り シミュレーション

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

画像・記事の転載禁止

出典の記載に関わらず、画像・間取りの一切の転載を禁じます。