すごく収納の多い平屋の間取り図

今回紹介するのは36坪4LDKの平屋の間取りになります。

間取りの特徴は玄関付近にある広いシューズクロークと
そして脱衣室のそばにあるファミリークローゼットも広くなっています。

そしてリビング付近のリビングの横にある書斎の中から
階段で登っていくとロフトの収納があるというのが特徴になります。

リビングの天井高くしてダイニングの上部にロフトを作って
収納の多い間取りになっています。

間取りの方は36坪4LDK で南の方に道路があって南玄関から入って行きます。

リビングを中心にすべての部屋に行けるようになってるのですけれども
このプランの特徴というのはやはり収納が多いところです。

シューズクローク、ファミリークローゼットキッチン横にパントリーとか
階段で登っていった20畳もある大きな小屋裏収納もあります。

玄関ホールに入っていくとシューズクロークが3畳あって
玄関ホールの方と玄関土間の方から2箇所から出入りできるようなっています。

家に帰ってきてすぐ手を洗えるよう幅の広い洗面室、そしてトイレ。

帰ってきて鞄を入れたりとかコートとか服とかも入れられる
ファミリークローゼットが脱衣室洗面脱衣室の横にあります。

リビングダイニングキッチンの方に入って行ってくと
リビングダイニングキッチンを経由して南の方に洋室6じょう、
東に詳細と洋室6畳、寝室の方が北西の方にあります。

寝室にはウォークインクローゼット3畳と広い収納があります。

キッチンの方はアイランド式になっていてぐるぐると回遊性があって、
ファミリークローゼットや脱衣室洗面のところにもすぐ行きやすいように
動線もコンパクトでまとめられています。

外観はコンパクトでモールディングのあるかわいいデザインになっています。



カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り 4ldk,平屋 間取り ロフト,平屋 間取り 収納,快適間取り,間取り シュミレーション,間取り シミュレーション,間取り図 | Tags: , , , , , , , , , , , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

画像・記事の転載禁止

出典の記載に関わらず、画像・間取りの一切の転載を禁じます。