カバードポーチのある平屋の間取り図 33坪4LDK

1、土地の大きさ
幅17290 奥行6370
幅17290 奥行1500(カバードポーチ)
2、接道
西道路

5、用途地域
わかりません
6、壁面後退
わかりません

8、階数
平屋

9、建物規模
33坪(要望は約32から35坪)

10、必要な部屋

南一面カバードポーチが絶対に必要

子供部屋6畳を2つ

夫婦部屋4~4.5畳を別で2つ
(ベッドをおくだけでよい)

11、間取り要望

長方形の家
玄関は南

カバードポーチは南
風がとおるようなリビングがいい

子供たちの部屋はリビングをとおらないように
廊下で部屋にはいるようにしてほしい。

夫婦の各部屋はどちらでもよい

子供たちの部屋が隣同士の場合
クローゼットで仕切りしてほしい

できればひとつに全員の服をしまう
タンス部屋がほしい

田舎のため普段の昼間も電気なしで
窓全開で生活しています。

新居もそれを希望したいので風通し、
明るさがあるのが希望です

12、家族構成
家族4人(夫婦、息子高校1、娘中2)

東西反転にした間取り図



カテゴリー: 30坪 平屋 間取り,平屋 間取り,平屋 間取り 30坪,平屋 間取り 4ldk,快適間取り,間取り 33坪,間取り図 | Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOUTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

画像・記事の転載禁止

出典の記載に関わらず、画像・間取りの一切の転載を禁じます。