キッチン中心で回遊性のある平屋の間取り図

今回は40坪5LDKの平屋の間取りになります。
書斎を入れて5LDK なので実質は4 LDKの広さ部屋数になっていきます。

家の方は西道路になっていて西側から入ってきます。
玄関ポーチの方入っていくと玄関の方3畳ぐらいのスペースがあります。

シューズクロークが2.7畳そして玄関の付近に手洗い付きのトイレがあります。

リビングダイニングキッチンの方に入っていくと
キッチンはアイランド型キッチンなっていて
テーブルとキッチンが一体化したようなデザインになっています。

キッチンのそばに学習コーナーのカウンターがあって、宿題とか
子供の成長に合わせてお絵かきコーナーとかパソコンコーナーとかに使ってきます。

家事コーナーはキッチンの横にパントリーと別日ありますので
リビングの方は24畳と広くなっていて、
キッチンの方からダイニングリビングを見渡すことができます。

リビングの横に和室6畳がついていて床の間、押入れがあります。
引き戸を開放するとリビングと一体化することができます。

洋室6畳二部屋は南の方にあります。
この辺は子供のスペースに想定しています。

寝室8畳は東向きの部屋で書斎2畳がついています。
ウォークインクローゼットが3畳があって、収納も充実しています。

キッチンの近くに洗面と脱衣室が配置されています。
洗面台のすぐそばにトイレがあって、
トイレを使った後にすぐ洗面を使うことができます。

脱衣室と洗面室は分かれていて洗面台を使いたい時に
お風呂と脱衣室を使っていても別になっているので他の人が使うことができます。

そのため家族へのストレスを軽減していくことができます。
バスルームは2.5畳と広くて1.25坪タイプ、風呂も浴槽も広くなっています。

また専用庭に対して広い窓が設けられていて
外を見ながら開放的な雰囲気で入浴することができます。

そのため外から見えない目隠し壁にしてあります。
この専用庭はシューズクロークから出入りできるし
トイレからも見ることができます。

シューズクロークを換気したい時に、この勝手口ドアを
少し開いてあげるだけで中の空気を入れ替えることもできます。

シューズクロークだけで足りない場合は玄関にカウンター式の
シューズボックスをつけて行ってもいいと思います。

リビングダイニンキッチンは壁面収納とかそういうものもあって
背面収納パントリー収納などの収納量も充実しています。

平屋ですので2階がありませんから小屋裏を作って収納していく
収納増やすことも可能になってきます。

脱衣室の収納もしっかり取られています。

外観の方ですけれども先ほどはのトイレとお風呂から見えた
目隠しの壁で覆われているので上から光は入ってきます。

ただ視線は外から見えない仕様になっています。

並列で2台駐車で南の方にウッドデッキのテラスが付いています。
リビングダイニングキッチンと和室子供部屋のところは
掃き出し窓になっていて外に出ることが可能になって明るいスペースになります。

リビングダイニングキッチンのところこの辺は天井高くして
開放的に高くしていくとインテリアも開放的で広く感じて
それだけでインテリアデザインになると思います。

家事動線もコンパクトでキッチンを中心にアイランドキッチンになってます。
回遊性もあるようなプランになります。

キッチンのスペースを中心にいろんな場所に行きやすいプランになります。



カテゴリー: 未分類

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOUTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

画像・記事の転載禁止

出典の記載に関わらず、画像・間取りの一切の転載を禁じます。