デッキ中庭のある平屋の間取り図

今回紹の間取りは30坪3 LDK の中庭のある平屋の間取りです。

南道路の想定で玄関は南側についています。

玄関を入ると真正面に窓があって
窓の向こう側に7畳弱のデッキの中庭のスペースがあります。

そしてその中庭に面してリビングと洋室が配置されています。

玄関を入ってすぐのところには土間収納と下足箱があります。

廊下からリビングの方に行く廊下からも中庭が見えるので
明るくて通るだけで気持ちが良いスペースになります。

途中には洗面脱衣室と浴室や収納スペースがあります。

トイレは1.5畳と広くカウンターの手洗いもついて収納力もあって
くつろげるスペースになっています。

リビングダイニングキッチンは20帖弱の大きさで
キッチンは対面式のキッチンです。

そしてリビングの一角には納戸収納が1.5章あります。

個室になるベッドルームはリビングの方から出入りするのが
洋室8畳とクローゼットルーム、洋室8畳と6畳のスペースです。

6畳の部屋の方からはリビングから見た中庭が見ることができます。

そして南側の方には洋室6畳があり、
この部屋は玄関の側から入っていくような形になります。

玄関を入ってすぐには中庭が開けているので
玄関のスペース自体はそんなに大きくありませんが開放感がとてもあります。

毎日帰ってくるのが楽しいスペースになりますので
玄関の天井もリビングの天井も高くすることができます。

ベッドルームは3部屋ですので家族の人数の想定としては
夫婦二人と子供が二人ぐらいとです。

対面キッチンからは中庭がダイニングテーブル越しに見ることができたり
キッチンからリビングとダイニングと各部屋を見渡すことができるので
家族の存在を感じながらキッチンで暮らしていける形になってきます。

動線的にもキッチンから洗面室はものすごく長いというわけではなく
廊下を通る時も常に中庭に開放した明るい光の入るスペースになっているので
気分的に光を浴びて安定した精神状態でいられる効果があります。



カテゴリー: 平屋 おしゃれ,平屋 間取り,平屋 間取り 中庭 | Tags: , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村