ファミリークロゼットのある平屋の間取り図。自由にプランできるアイデア

今回のプランは35坪4LDKの平屋の間取りになります。

特徴はファミリークローゼットがあることです。

東西に幅の広い間取りで南林間なっています。
ファミリークローゼット4.5畳を衣装部屋のように作って
こちらの方があることによって各部屋の収納を小さめすることができています。

共用のファミリークローゼットを作ること、
大きな部屋を作ることによって各部屋に大きな収納を作らなくできます。

寝室の横にウォークインクローゼットを設けるということになってくると
南側の一角あるいはの洋室と椅子の間にクローゼットを
設けなければいけないプランになって、間取りが限定されるます。

間取りもいびつになる現象が起きて行きますですので
共用のファミリークロゼットを設けて各部屋には小さな収納をつけます。

玄関にはシューズクロークが3畳あります。
玄関土間の方からとホール側から出入りが出来るので
中で靴を脱ぐということも可能になって玄関に靴が散乱ません。

3畳と広いスペースですので、ベビーカーとかスポーツ用品など
靴だけではなく様々なものを収納して整理でき、
使い勝手が良く生活に便利なスペースになっていくと思います。

また玄関入ってすぐのとこに手洗いがあって
帰ってきてすぐあの手を洗ってトイレに行くこともできます。

脱衣室の方は2畳あって、こちらの方に収納があるので
着替えやタオルとか洗剤などしっかり収納することが出来ます。

浴室、脱衣室を使ってる時にも洗面が分かれているので
他の人が洗面台をつかうということができるので
ストレスのない生活を送ることが可能になってきます。

LDKは20畳と広くリビングとダイニングの方から庭に出るということができます。

こちらの間取りは和室以外は各部屋が日当たりの良い所に配置されているので
明るく健康的な生活を送るということができます。

リビングの一角には和室4.5畳がありリビングと一体化して使う
ゲストルームとか遊び場所など多目的な使い方が出来ます。

キッチンの方は対面式キッチンでリビングそしてダイニングの方を
見渡せるような位置になってます。

奥の方に入っていくとベッドルームの方が6畳が二部屋と寝室8畳があります。

こちらの方は必ずリビングを通ってから部屋に行くという配置計画なので
家族と必ず顔を合わせて移動するということになってきます。

平屋の間取りですので2階に移動や階段がありませんので
上下移動しなくて楽に移動して暮らすということも
将来的には考えられる間取りになってきます。

玄関付近にトイレ作ってあったのでこちらの寝室の側にもトイレを作って
家族で住むという時に2箇所のトイレで混雑を避けることを狙っています。



カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り 4ldk,平屋 間取り 収納,間取り シュミレーション | Tags: , , , , , , , , , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村