リビング中心家族で暮らす4LDKの平屋の間取り図

今回の間取りは36坪4LDKの平屋の間取りです。
敷地は南道路になっており、玄関は東玄関になっています。

東玄関ですので北道路の想定の敷地でも使用することができます。
また東道路でも使用することができるでしょう。

玄関ホールにはシューズクローク2.5畳とシューズボックスがあります。

玄関を入ってすぐに広いパウダーコーナーと洗面室があり、
その奥にトイレと脱衣室、バスルームがあります。

トイレはゆったりと広く、1.5畳の広さで
手洗いカウンター収納とタンクレストイレがあります。

脱衣室は収納ボックスもあって収納量の豊富な部屋になっています。

リビングダイニングキッチンは間取りの中央にあり、
19畳の広さでキッチンを対面式キッチンになっています。

リビングに接して和室6畳があり、床の間と押入れが1畳ずつあります。
ベッドルームは寝室10畳が北西側にあり、ウォークインクローゼットが5つ付いています。

このウォークインクロゼットは脱衣室にもつながっているので
ファミリークローゼットとしても使うことができます。

子供部屋を想定の洋室は6畳で各部屋にクローゼットが付いています。
南側と西側に配置されています。

LDKから、リビングを経由してベッドルーム行くことになっているので
必ず家族と顔合わせていくという面で
家族のコミュニケーションを濃厚するという意図があります。

間取りは正方形に近い長方形で屋根形状もシンプルになるということから
雨漏りのリスクのない屋根形状にすることができます。

また構造的に変形してないことからもう安定した力の伝達を出来るようになります。

2階建てに比較して平屋は地震にも有利で、
そして台風の風の影響も受けないので災害に強い住宅を目指すことができます 。

2階がありませんから天井を屋根なりに高くすることもできます。



カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り 4ldk,平屋 間取り図,快適間取り,間取り シュミレーション,間取り シミュレーション,間取り図 | Tags: , , , , , , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

画像・記事の転載禁止

出典の記載に関わらず、画像・間取りの一切の転載を禁じます。