ロフト収納のある平屋の間取り図

今回は37坪4LDKの平屋の間取りです。
間取りの特徴は玄関を入って奥の方に中庭があるということです。

そして中庭の方にはリビングに接している和室8畳の方から
庭が見えるようになっています。
東の窓から光を取り入れるということになっています。

玄関ホールは1.5畳+4畳ほどの広さで実質的には4畳ぐらいのスペースで
中庭が見えることで広く感じるようなスペースになっています。

シューズクロークが2.5畳あって玄関の土間からとホール側からと
2箇所から出入りができます。

東側の方に寝室10畳と広い寝室があって
ウォークインクローゼットが3畳ついています。

共用の納戸が3畳あって寝室のそばに便利なようにトイレが配置されています。
これは玄関から入ってすぐ行ける場所なので帰ってきてすぐ使うこともできます。

リビングダイニングキッチンは18畳で対面式キッチンになっています。
キッチンの方からはダイニングとリビングを見渡すことができます。

そして和室8畳は押入れと床の間付きでリビングの方に接しています。
引き戸を開放することで一体化するような間取りになっています。

和室の方は北側と東側に窓が設けられていて
中庭の方東の方から光が入るようになっているので
真南には窓がありませんけれども明るい光を入れることができます。

キッチンのすぐ横に脱衣室が設けられていて、
奥の方に浴室1.25坪タイプ2.5畳のお風呂があります。

脱衣室の横に収納スペースがあるので着替えとかタオル、
洗剤なども収納するスペースがあります。

子供部屋とリビングリビングから行きやすい所にトイレがあります。
東側のトイレと2箇所あるので使いやすく便利になってます。

トイレは手洗いのカウンター収納も付いてタンクレストイレになっています。
ゆったりとして時間を過ごすことができます。

洗面室の方も広くて鏡の面も広くてホテルのような洗面台を作ることができます。
子供部屋の方はドアを開けて洋室5畳が二つ繋がってるような形になっています。

一部屋の形になってるけれども分かれているというような形になります。
クローゼットはウォークインクローゼットになっています。

クロゼットの上はロフト収納になります。

間取りは37坪の4LDKですので家族で住むことのできる平屋の間取りになります。
8畳の大きな和室が特徴的で、例えば5月人形とかでひな祭りとか
日本の行事を行う床の間も付いています。

広いので人を集めて宴会などをするなどもできます。

平屋の間取りの特徴を生かしてロフトの収納を増やすことができます。

リビングの天井を勾配天井にして天井を高くしながら
その一角をロフト収納に使うことができます。



カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り 4ldk,間取り シュミレーション,間取り 人気,間取り図 | Tags: , , , , , , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー