子供が独立する世代の平屋の間取り図 3LDK

※土地の大きさ
間口14.7M 奥行き17M 
南東に駐車場2台分 道路から階段7段

※接道 南道路

※用途地域 一種低層住居地域  
壁面後退 隣地境界から1M

※階数
平屋+ロフトまたは小屋裏収納

※建物の規模
28坪程度

※必要な部屋 

3LDK
LDK18畳

寝室 6.12畳
(4.5畳半より一回り大きい正方形)

子ども部屋 4.5畳

和室 3または4.5畳
(雛人形飾る 別居の子供帰省時利用 
将来小さい仏壇を置ける)
+ウォークイン
(できればウォークスルー)
クローゼット3畳

間取りの要望

明るい室内
リビングと寝室は南面
リビング勾配天井

リビングは南東は避けたい
(駐車場でなく庭を眺めたい)

アップライトのピアノを置ける

キッチンは対面キッチン 

カップボード180cm以上

南玄関

玄関から入って手が洗える
(洗面所が近ければそれでもOK)

玄関または近くにテニス用品、
ゴルフ用品を片付けられる

脱衣室で部屋干し
脱衣室に下着とタオルを保管

ロフトまたは小屋裏収納

一応鬼門に水廻りは避けたい

※家族構成
夫婦と大学生子供1人(別居で社会人1名)



カテゴリー: 30坪 平屋 間取り,住宅間取り,平屋 間取り,平屋 間取り 30坪,平屋 間取り 3ldk,平屋 間取り,快適間取り,理想の間取り,間取り 28坪,間取り図 | Tags: , , , , , , , , , , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOUTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

画像・記事の転載禁止

出典の記載に関わらず、画像・間取りの一切の転載を禁じます。