家事室と土間書斎、坪庭のある平屋の間取り図

今回は39坪4LDKの趣味の土間スペースそして家事室、
シューズクロークが連続している間取りを紹介していきます。

また坪庭があってその坪庭に対して浴室からと家事室から眺めることが出来ます。
またキッチンからも眺めていくことができます。

この平屋の間取りの方は南の方の道路から入っていきます。
南の方のインナーガレージガレージを通過してポーチへ
そして玄関のほうに入ってきます。

玄関ホールの方には帰ってきて手洗いができるという風に手洗いをつけています。

書斎土間からもうすぐ手を洗うということができます。
シューズクロークののそばにカウンター式のシューズボックスもあります。

シューズクロークからは家事室に連続しているので
シューズクロークを経由して家事室に物を運び入れることもできます。

この土間のスペースは旦那さんの趣味の部屋という風に考えてるのですけれども
こちらにも帰ってきてすぐ荷物を運び入れることができます。

家事室は奥さんの部屋、旦那さんの部屋が土間というようなイメージで
趣味の部屋を充実していくというところになっています。

リビングダイニングキッチンは23畳のスペースになっていて、
リビングダイニングキッチンに対して洋室6畳が引き戸で開放できるようになります。

アイランド型キッチンになっていてリビングダイニングキッチンの
天井のところが高く開放的になっています。

キッチンの背面のところ坪庭が見えるようになっていて、
ひかりと景色を取込むことができます。

キッチンの横には家事室があるのでパントリー的に使うことができます。

背面の収納も広くダイニングのテーブルとキッチンが一体化して
アイランドなってることでグルグルと回遊性のあるスペースになっています。

リビング収納も一角にあってさらに学習コーナーのカウンターもあります。
西の方に寝室9畳そしてウォークインクローゼットが3畳があります。

南の方に先ほどの洋室6畳ともう一部屋、子供部屋の想定の6畳があります。
6畳の方はウォークインクローゼット1.5畳がついています。

洗面室、トイレ、脱衣室お風呂の方は寝室と子供部屋、
リビングダイニングの中間のところに設けてあります。
洗面室と脱衣室が分かれているので、
脱衣室やバスルームを使ってる時でも洗面室を使うことができます。

またトイレを使った後にすぐ手を洗うことができるので便利な配置計画になります。
浴室の方は2.5畳1.25坪タイプで広くなっています。

またバスルームに対して大きな窓が取られていて
景色を楽しみながら入浴することができます。

脱衣室の方には収納スペースもあって便利で使いやすいスペースになっています。
洗面室の横にクローゼットが付いていますので
こちらの方に下着とか洗濯に必要な洗剤とかストックを入れておくことができます。

リビングダイニングキッチンのところは天井が屋根なりに高くなっているので
家の中心の天井高いところを利用して開放的にインテリアで楽しむことができます。

また坪庭に対してキッチンと家事室からとお風呂から窓が付いているので
3方向から楽しむことが可能になってきます。

リビングダイニングキッチンを中心に家事室へ
そして子供部屋のスペースと寝室、玄関土間
東側の旦那さんの趣味の部屋土間スペースとか
アイランドキッチンを中心いろんなところに行きやすい配置になっています。

洋室の方は引き戸を設けてあるのでリビングと一体化することができます。
子供の成長に合わせて学習スペースとかプレイルーム、遊び場とか
トレーニングルームとかに使って最終的に個室にするなど
成長に合わせて作り変えていくということも可能になってきます。

外観の方は駐車場ビルトインガレージの方から入っていくので
少しは玄関見えにくい感じにはなっていますけれども
ビルトインガレージからも少し中庭的な庭が見えて
玄関からもうこの庭が見えて旦那さんの書斎である土間からも見えます。

リビングの南側には掃き出し窓大きな窓が付いています。



カテゴリー: 40坪 平屋 間取り,平屋 おしゃれ,平屋 間取り,平屋 間取り 4ldk,平屋 間取り 中庭,快適間取り,間取り シュミレーション,間取り シュミレーション | Tags: , , , , , , , , , , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

画像・記事の転載禁止

出典の記載に関わらず、画像・間取りの一切の転載を禁じます。