家族で住む30坪の平屋の間取り図

今回のプランは30坪3LDKの平屋の間取りになります。
玄関ホールにはシューズボックスと土間収納があります。
東の方に寝室8畳の部屋があり、
3畳のウォークインクローゼットがあります。

洗面脱衣室と浴室が寝室のそばにあります。
洗面室と脱衣室は分かれており脱衣室の方にも収納があります。
洗面のそばにトイレがあるの
トイレを使った後に手洗いをすることができて便利です。

また玄関から近いので家に帰ってきて
すぐ手洗いとトイレを使うことができます。

リビングダイニングキッチンは18畳でリビングと
ダイニングが一体化した広いスペースになっています。

ダイニングの北側に納戸があります。
キッチンは対面式キッチンでダイニングとリビングを見渡すことができます。

子供部屋の想定の洋室6畳はリビングを経由して
入っていくような形になっているので必ず家族と顔を合わせることになり
コミュニケーションが増えることになります。

6畳の洋室2室にはウォークインクローゼットが2畳があり
収納力も豊富になっています。

間取りは長方形の間取りで屋根もシンプルになることから
雨漏りのしにくい屋根形状になりますま。

台風など集中豪雨などに対しても強い、
災害に対しても強い住宅になる形状になっています。

2階建てに比べて平屋の間取りは風圧も受けにくいので
さらに災害に強くなります。

耐震的にも2階の重量を受けるわけではないので
柱への負担も軽減されて地震力への耐久性も比較すると強くなっていきます。



カテゴリー: 30坪 平屋 間取り,平屋 間取り,平屋 間取り 30坪,平屋 間取り 3ldk,平屋 間取り図,間取り シュミレーション,間取り図 | Tags: , , , , , , , , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

画像・記事の転載禁止

出典の記載に関わらず、画像・間取りの一切の転載を禁じます。