平屋の間取り 30坪

今回のプランは33坪4LDKの間取りになります。
こちらの玄関ホールの方は南玄関になっていてLDKは19畳のスペースになります。

玄関にはシューズクロークがあり、2箇所から出入りすることができます。

玄関土間とホール側の方から出入りができるので
シューズクロークの中で靴を脱いでいくことができます。

そのことで玄関に靴が散乱しないことができます。

また南の方に和室があってリビングに面して開放できるので
リビングと一体化して使うことができます。

対面式キッチンになっていて背面の方にパントリー収納が2畳あります。

こちらの部屋はテーブルなどをおいて主婦専用の部屋にするのもいいと思います。

その場合は窓とかを設けて光を入れることができる位置にはあります。
東の方にベッドルーム、洋室6畳、寝室8畳があります。

寝室8畳の方にはウォークインクローゼットがあり
洋室6畳にはクロゼット一畳があります。

洗面脱衣とトイレお風呂などの水回りはキッチンに近い位置に
まとめられており、北側の方に配置されています。

また階段で登るロフトの方も付けられているので
収納量も豊富になっているプランです。

現在このプランは33坪4 LDKで大きくもなく、小さくもないという形です。
さらにコストを下げたい、大きさを小さくしてこちらのプランのように圧縮できます。

こちらの方は東西の幅を縮小して30坪の平屋の間取りにしています。

ですのでリビングダイニングキッチンは変わりませんけれども
シューズクロークとかパントリーの奥行きが小さくなって
こちらのあの5畳だった部屋が5畳になっています。

東の方も洋室6畳だったものを5畳にして寝室は8畳だったものが
7畳のスペースになっています。

寝室の方はウォークインクロゼットを小さくすることで
8畳のスペースを優先して確保するということも可能です。

平屋ですので屋根の高い所に収納を作るということも可能です。
リビングとかそういうたところ屋根勾配なりに天井を高くすることもできます。
インテリア的にも開放的でモダンな住宅を作っていくということができます。



カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り 4ldk,平屋の間取り図,間取り シュミレーション | Tags: , , , , , , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村