縁側のある家。平屋の間取り図

今回紹介していくプランは縁側のある和室のある平屋の間取りです。

縁側は3畳のスペースがあって納戸もの入れが両側にあります。

そして縁側から光が入るような形で和室6畳があります。

個室は寝室が8畳、子供部屋の想定の6畳の部屋は最初は仕切らずに一体化して
12畳のスペースになっています。

LDK は20畳ぐらいで対面式キッチンでも大きなテーブルも置けるダイニングの広さがあります。

リビングもゆとりがあって広い感じになってます。

平屋の間取りですので天井は屋根形に高くすることができて
モダンなインテリアを作って行くことができます。

天井高くしていけるという感じです。

収納が足りなかったら小屋裏収納も作っていくことができます。

玄関は4畳ぐらいの広いスペースになります。
カウンターの長い大きな下足箱があります。

洗面脱衣室2畳浴室2畳で
間取りは長方形でシンプルな形状になっているので
屋根もねシンプルになっています。

屋根が綺麗にできると外観も美しくなって行くと思われます。

今回の間取りの特徴は和室の前に広い縁側があって
ここで何をするというわけではないんだけれども
日向ぼっこしてもいい、のんびりできるようなスペースを作っています。

まここはゲストルームにしてもいいし書斎にしても良いですし
いろいろ使い勝手はその人の都合で考えていけます。

ロフト収納など天井裏の方に作ることができます。

少し収納を増やしたいなっていうことであれば屋根裏の収納を増やしていくっていうのは
平屋の家では有効だと思います。

ロフト収納は階段で登れる方がベストかなというところです。

今回は縁側の大きな家間取りの紹介でした。



カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り 4ldk,平屋 間取り 収納 | Tags: , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村