階段で上がるロフト収納のある平屋の間取り 土間収納、パントリーキッチンへ通り抜けできる住宅プラン

32坪4LDK の平屋の間取りを紹介していきます。

間取りの特徴は北道路になっていて北側に駐車場、

南北に部屋が配されていて、リビングを中心に入っていくプランになります。

 

また平屋ですがリビングの天井が高くなっていて

南から光が入るようになっています。

さらにロフトの収納もあるプランになっています。

 

北側に4台駐車するスペースがあって玄関ホール入っていくと

シューズクロークそしてパントリーを通ってキッチンの横に出てきます。

帰ってきて荷物を一時置きして後でパントリーからとることもできますし

宅急便も一時おきすることが可能になってきます。

 

LDK が20畳で東側に坪庭的な少し広い庭があって

ここから光を取り入れていきます。

 

和室6畳は北側についていて引き戸で開放できるようになっています。

南側に6畳3部屋があって各部屋にクローゼットが付いています。

 

南の掃きだしの窓からデッキの方に3部屋から出ていくという感じになります。

ランドリースペース2畳、浴室2畳と洗面とトイレ

和室には押入れと床の間がついています。

 

リビングダイニングに階段がついていて、

階段を登って行くとリビングの勾配天井が高くなっていてロフトがあります。

 

勾配天井はリビングと一体化した空間になっているので

この天井の高いところから光を取り入れています。

 

このことで南の窓から光も入ってくるよという感じになってきています。

 

廊下無い無駄のないプランなので

延べ床面積32坪の割に4 LDKで充実して使っていけます。

 

 



カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り 4ldk,平屋 間取り ロフト,平屋 間取り,快適間取り,理想の間取り,間取り 32坪,間取り シミュレーション,間取り シュミレーション | Tags: , , , , , , , , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOUTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

画像・記事の転載禁止

出典の記載に関わらず、画像・間取りの一切の転載を禁じます。