23坪2LDK階段で上がるロフト収納のある平屋の間取り

参考のプランは23坪2LDKの平屋の間取りです。
二人暮らしか3人ぐらいの家族を想定して作られています。

平屋部分は通常の二階建ての1階部分くらいの大きさで
コンパクトに抑えることにより面積を抑えています。

ダイニングキッチンの上部に階段で行けるロフト収納があり。
収納量を飛躍的に大きくすることに成功しています。

平屋ですから2階部分はないため収納を増やすことができたのです。
屋根裏を活用していることで、材料代は
床材と内装のボードが少し増えるだけ
コストアップは骨組みに影響しません。

23坪とコンパクトな大きさなので
夫婦と子供とが暮らしていけるのには十分な広さで

南に庭のある明るい平屋の風景が描けるでしょう。

間取りは長方形で安定した形状なので
構造的にも強く、平屋の間取りは上の階に重いものが乗らないので
安定した強さを発揮できるのも良いところです。

屋根形状もシンプルな形にすることで
雨漏りのリスクはほぼなくなるのも、
長方形の平屋の間取りの安全なところです。



ブログ村に平屋ブログが大集合!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村

平屋のブログランキングです。


平屋住宅 ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。

カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り ロフト,間取り シュミレーション | Tags: , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

アーカイブ

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村