23坪ロフト収納のある2人暮らしの平屋の間取り。

今回のプランは23坪2LDK の平屋の間取りになります。
道路は南道路の想定で南玄関から入ります。

玄関の東側に6帖の洋室があって西側の方に
17畳のリビングダイニングキッチンがあります。

リビングダイニングキッチンは対面式のキッチンになっていて
ダイニング越しにリビングを見ることができます。

リビングの方は南に掃き出し窓がついていて明るく広くなります。
室内も明るく健康的なスペースになります。

ダイニングの方にも腰窓がついていて、広く明るくなっています。

キッチンは横に勝手口がついていてゴミなどを外に出すことができます。
キッチンの背面には納戸が3畳あってパントリー収納的に使うことができ、
また納戸収納として使うこともできます。
いろんなものをしまうことができます。

東側には洋室が2部屋でベッドルームが2つあるという感じになります。
小さい規模の平屋の住宅ですので夫婦二人で住む家とか一人暮らしの家になります。

一つは寝室一部屋は趣味の部屋やゲストルームに使ってきます。

部屋にはウォークインクローゼットが3畳ついていて
両側の部屋から使うことができます。

ウォークインクロゼットの内部から階段でロフト収納へ上がることができ
屋根の高いところに6畳のロフト収納を作って
収納量を増やすことに成功しています。

水回りは脱衣室2畳と浴室が2畳一坪タイプになっています。
トイレの前に洗面台があります。

トイレは1畳のスペースで洗面台のすぐ横にあるので
使った後にすぐ手を洗うことができます。

このプランの一般的なプランと違うところは
一戸建ての住宅でありながら脱衣室と浴室に窓がないプランということ

窓がないプランになっていることで脱衣室と浴室の方を
家の中央に配置することができています。

マンションで良く採用されるセンターコアの間取りです。

ですので脱衣室と浴室の日当たりというのを
全く期待していないというプランになります。

その分間取りの自由度が増してプランのパターンも増えてきます。

玄関の方向も北側にすることで北玄関の間取りを作ることもできます。

(23坪2LDK平屋間取りシュミレーション)



カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り 2ldk,平屋 間取り ロフト | Tags:

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村