28坪3LDK廊下のない平屋の間取り図

今回のプランは28坪3LDKの平屋の間取りになります。
敷地の方は西道路の想定で駐車場が1台、
あとは来客用に1台できるような形になります。

玄関ホールが3畳になります。
下足箱があってその奥にLDK の入り口があります。

リビングダイニングキッチンは20畳でキッチンは対面式になっています。
アイランドキッチンの形式をとっていて
キッチンにダイニングテーブルがつなががっていくようなインテリアになります。

背面の収納も広くてインテリア的にも背面をタイルで飾り付けられるような
壁の広いデザインになっています。
背面を間接照明などでライトアップしてもいいと思います。

キッチンは回遊性のある間取りになっていて、
ぐるぐるとキッチン周りを回ることができます。

その横にパントリー収納が2畳あり、背面の収納が広く収納量が多くなっています。

リビングとの配置の関係でキッチンからリビングのテレビも見やすくなっています。

リビングから洗面室そして脱衣室に入っていくような形で
洗面室は1.2 M の幅で非常に広い洗面台なっています。

トイレの方も1.5畳と広く、毎日使うトイレですから
ゆっくりとしたスペースというのも非常に良いと思います。
手洗い式カウンターがあって間接照明の演出していくと
インテリアとしても美しく癒しの空間になる形になります。

トイレを出てすぐのところで手洗いすることもできます。
脱衣室の方は収納スペースがあって、さらに奥の浴室に行きます。

脱衣室専用の収納はありますけれども、
寝室のクローゼットに出入りできるようにするのも一つ方法です。
脱衣室と寝室の両方から出入りして
ファミリークローゼット的に使うというのも便利になってきます。

そして洋室5.2畳の方は LDKを経由して入っていきます。
ですのでプラン上、廊下がが全くないといった間取りになります。

洋室5帖は子供部屋の想定でクローゼットがあって
南の方と西の方に窓があり光と風が通り抜けるので季節によっては涼しいです。

寝室の方は南に大きな窓があって庭に出れるようになってます。
東にも窓があるので快適に朝起きていくことができます。
こちらもリビングから入っていくので廊下が全くないプランにしてあります。

このプランのメリットは廊下がないために床面積を28坪に抑えながら
四人家族ぐらいで住めるという形になります。

また平屋ですので上に部屋がありませんから
例えば玄関とLDK のところを天井を高くして
屋根の高いところを利用して勾配天井にすることができます。



カテゴリー: ローコスト住宅 平屋 間取り,平屋 間取り,平屋 間取り 3ldk | Tags: , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村