28坪3LDK細長い敷地に建つ平屋の住宅の間取り図


(28坪3LDK平屋間取りシュミレーション)

今回のプランは28坪3LDKの北玄関の平屋の間取り図です。

北道路の想定で北玄関になっています。
比較的細長い敷地に建築が可能になります。

リビングダイニングキッチンを中心に南北にベッドルームを配置、
キッチン近くに洗面脱衣室を配置して家事動線を
使いやすいような配置計画にしています。

マンションや二階建ての住宅の間取りと
決定的に違うことは上の階に部屋がないことです。

そのことで中央に配置したリビングは天井を高くして
南の上部の高窓から光を取り込むことが可能になります。

南の高窓からは日中は明るい光が降り注ぎます。

また、天井の高いリビングは開放的でモダンなインテリアとなり
高窓や間接照明などを使って演出効果も抜群です。

南の個室は南に面して明るい部屋となります。

また、北側の部屋も東に窓があり日当たりは良いです。
各部屋2つの窓があるので風通しも良くなります。

キッチンは対面式でリビングダイニングを見渡す位置にあり
洗面脱衣室にも近いため使いかってが良いです。

玄関にはシューズクロークと下足箱があり収納量も豊富です。

階段で登ることのできるロフト収納も9畳と広いため
収納量の多い家族で使うことのできる間取りになります。

細長い形状の間取りのため細長い敷地で利用可能な間取りになります。
(細長い敷地に建つ平屋間取りシュミレーション)



カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り 3ldk,平屋 間取り ロフト | Tags: , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村