30坪2LDK一人暮らしの平屋の間取り図

今回のプランは30坪2LDKの一人暮らしのための平屋間取りになります。
玄関は東側で東道路の想定になっています。

玄関ホールには3畳の広いシューズクロークがあります。
玄関の土間側と玄関のホール側の方から2箇所から出入りすることができます。

シューズクロークの中で靴を脱ぐことができるので家族用の玄関
自分用の玄関として使うことができます。

玄関ホールに靴が並ばないようにシューズクロークの中に靴を脱ぐ
ということができますので玄関が散らかりません。

シューズクロークの中には土間部分があるので外で使ったもの、
スポーツ用品などサッカーボールを収納することも可能になります。

くつだけでなくコートなどもかけておくことができる便利なスペースです。

寝室は8畳あってウォークインクローゼットが3畳あります。
廊下にも1畳のクローゼットと共用の物入れのスペースが0.5畳あります。

リビングダイニングキッチンは18畳でリビングとダイニングの両方から
庭に出入りすることのできる大きく広い掃き出し窓がついています。

キッチンは対面式でリビングとダイニングの方を見渡すことができます。

また背面の方にパントリー収納4畳があるので
非常に広い収納スペースが確保されています。

洗面室と脱衣室の方は分かれており、洗面のスペースは2.5畳あり
トイレの近くにあるのでトイレを使用した後に
洗面手洗いを使うことができます。

洗面室の横にはファミリークローゼットが2.5畳あり
洋服を入れること以外にタオルや様々な備品などを収納することができます。

脱衣室からも近いので移動距離が短くするというのが特徴です。
またキッチンの脇から出入りすることができるので
キッチンからファミリークローゼット洗面室脱衣室という家事動線が確保されています。

家事動線がコンパクトになることで少しでも毎日の作業がしやすくなる
と言ったことに配慮されている間取りになります。

間取りは長方形になっており屋根形状もシンプルなので
雨漏りがしにくいゲリラ豪雨や台風などの集中豪雨に
耐えられる形状になっています。

平屋ですので風圧を受ける面積も2階建てに比べれば
小さくなっているので災害に強い間取りを住宅をつくる
ということが可能になっていきます。

耐震的にも2階に重量を乗せて見れることがないので
2階建てと比較すると有利に働くことになります。

地震や台風などに強く災害に強い平屋の間取りになっています。



カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り 2ldk,平屋 間取り 30坪,間取り シュミレーション | Tags: , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村