30坪3LDKの夫婦二人で住む家事室のある平屋の間取り図

今回の間取りは30坪3LDKの北玄関の平屋の間取りになります。

東道路の想定で東側に駐車場を配置して
北側から入っていくようなプランになっています。

北側に玄関を配置したのは南側にリビングと寝室
それから東側にも洋室を配置したかったためで
日当たりの良い場所にベッドルームを配置するための間取りになっています。

玄関ホールにはシューズボックスと土間収納1畳がついています。

土間収納は外で使ったベビーカーやスポーツ用品などを
収納するようになっていて収納量を増やすことになっているので
使い勝手の良い間取りになっています。

リビングダイニングキッチンは18畳で広く、キッチンは対面式になっています。
キッチンからはダイニングとリビングのスペースが見渡せるようになっており、
キッチンの脇には2畳の家事室が設けられています。

ダイニングとリビングは南側に窓があり、明るく快適なプランになっています。
平屋ですので上に部屋がありませんから天井も高くすることができ
開放的で伸びやかなインテリアのリビングダイニングキッチンを作ることができています。

リビングには和室6畳が接しており引き戸で開放することができるようになっています。
引き戸を開放することでリビングと連続してさらに広いLDK に見せることができます。

和室には押入れ事情があって布団を収納することができるので
来客が来た時にゲストルームとして利用することができます。

通常はリビングに接する茶の間として利用することもできるし
書斎などにも使うことができます。

キッチンのすぐ側に4畳の広い洗面脱衣室があり、収納スペースも広く
洗面台も1 M 20 CM と幅の広いものになっています。

ベッドルームは南東側に8畳の広い洋室があり、
ウォークインクローゼットが3畳がついています。

東側に面している6畳の洋室があり、
こちらもクローゼットが2畳があり収納量も多くなっています。

家族の構成の想定としては夫婦二人もしくは
夫婦と子供一人というような家族構成になっています。

二人で住んで別々のベッドルームを使うというのでも良いと思います。

その場合洋室8畳と6畳ではなく7畳と7畳という風に振り分けても良いと思います。

ベッドルームは3部屋あるので30坪の広さでありながら
家族で住むことが可能になる平屋の間取りです。



カテゴリー: 平屋 間取り,間取り シュミレーション,間取り 人気 | Tags: , , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村