33坪3LDK家族で住む平屋の住宅の間取り図

今回は家族で住む33坪3LDKの平屋の間取り図です。

南玄関で玄関の西側にLDKのスペースで東側にベッドルームが配置されています。

LDKは20畳でウッドデッキテラスをダイニングとリビングで囲みます。

ダイニングとリビングからウッドデッキに出ることができるので
明るく開放的なインテリアが得られます。

キッチンはアイランドキッチンになっており
キッチンカウンターとダイニングテーブルが一体化された
造作カウンターになっているのでインテリア的にも美しいです。

キッチン背面収納はカウンターで長くなっており
ダイニングスペースへ連続してインテリアを作っています。

キッチン脇にはパントリー収納もあります。

玄関ホールは4畳のスペースでベンチ収納があります。
シューズクロークも3畳で玄関土間と廊下から出入りができます。

ベッドルームは3室あり、6畳が2室と8畳が1室あります。
8畳の寝室には3畳のウォークインクロゼットがあります。

6畳の部屋は南側の明るい庭に窓があり明るい部屋になります。

寝室8畳は東に窓があってさわやかな光が入ります。

脱衣室とバスルームはキッチンとベッドルームエリアの間にあり
両方から行きやすい場所に配置されます。

洗面室と脱衣室は別になっており、バスルームを使用しているときも
洗面台を使うことができるので、ストレスが軽減されます。

また、トイレを使用した後に洗面台を使うことができるので便利です。

リビングダイニングキッチンや玄関ホールなどは
天井を屋根なりに高くすることができるので
開放的なインテリアを得ることができます。

収納が足りない場合は小屋裏収納を作ることができるので
収納量を確保することができます。



カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り 3ldk,間取り シュミレーション | Tags: , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村