33坪4LDKのオフィスのある平屋の間取り

参考のプランは33坪4LDKの平屋の間取りです。
西道路の想定で西玄関ですが南塘路や北道路でも使用可能です。

部屋数が4室あるので家族で住むことのできる広さになります。

リビングダイニングキッチンを中心にして各部屋が配置され、

客間として使用できる和室は玄関からも出入り可能です。
また、和室はリビングにも引き戸で開放できるので、
客室として使用しない場合でも、リビングの一部として機能するので
使わない部屋になることはありません。

リビングと一体化すれば子供の遊び場や勉強部屋
洗濯物をたたむスペースなどにも利用できます。

また、書斎も玄関から近い場所にあります。
仕事場として、オフィスとしても利用できるので、便利です。

寝室は東から光のはいる窓があります。
洗面脱衣やお風呂にも近い位置にあります。

キッチンは対面式で広いバックカウンター収納と
キッチン専用のパントリー収納が横にあります。

子供部屋の想定の部屋はリビングから出入りできるようになり
コミュニケーションの濃い配置になります。



ブログ村に平屋ブログが大集合!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村

平屋のブログランキングです。


平屋住宅 ブログランキングへ
訪問ありがとうございます。

カテゴリー: 平屋 おしゃれ,平屋 間取り,平屋 間取り 4ldk | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


トラックバックURL: https://xn--nbk857htzfcjcbs5i.com/33%e5%9d%aa4ldk%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e5%b9%b3%e5%b1%8b%e3%81%ae%e9%96%93%e5%8f%96%e3%82%8a.html/trackback

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村

平屋住宅 ブログランキングへ
PVランキング
  • SEOブログパーツ