35坪3LDKファミリークローゼットと家事室のある平屋の間取り図

今回は35坪3LDK のファミリークローゼットのある平屋の間取りです。

こちらのプランは玄関収納とかファミリークローゼットや納戸、
パントリー収納とか家事室など収納の多いプランになっています。

道路の方は東道路になっていて東側に並列駐車をして
そして南の方から入っていくようになります。

東の方に玄関をつけても良かったのですけれども
玄関ドアが道路側から見えないという風にしたかったので
南から入るという間取りにしてあります。

玄関ホールにはシューズボックス土間収納があります。
土間収納の方にはベビーカーや屋外で使ったスポーツ用品を入れておくことができます。

入り口付近には6帖のベッドルームがあります。
洋室には1畳のクローゼットが付いています。

またリビングに接して和室が6畳配置されていて、
こちらの方は押入れと玄関側からの入り口がついています。

奥の方に入っていくと先ほどの玄関の方にシューズボックスがありましたが
コートなどをかけておけるクローゼットのスペースが廊下にあります。

玄関入ってすぐのところに洗面台があるので
帰ってきてすぐ手を洗うことができます。

そしてトイレの方も洗面台の近くに配置されていて
脱衣室と浴室の方に洗面台の奥に入っていくと移動することができます。

こちらの脱衣室の方は収納もありファミリークローゼットの方につながってきます。
ファミリークローゼットは3畳あり、こちらの方はLDK 20畳の方に連続しています。

家に帰ってきてリビングにはいり鞄や洋服などをファミリークローゼットに
収納していくことができるので部屋にいろんなものが散乱しない効果を狙っています。

ファミリークローゼットにリビングからすぐ行くことができるので
使い勝手が良い形になってきます。

キッチンの方は対面式になっており、リビングとダイニングを
見渡せるような配置になっています。

キッチンからファミリークローゼットにつなげることができるのですけれども
リビングから使ったほうが使い勝手が良さそうだったので
こちらも今のような配置にしています。

キッチンの横には家事室3畳とパントリー収納が配置されていますので
対面キッチンの周りに充実した収納スペースになっています。

主婦の専用の部屋専用の書斎のように使える部屋が3畳あって
さらに収納があるという形になります。

パントリーの方には無理に家の勝手口をつけなくてもいいと思います。
勝手口をつけておけば風通しを良くすることも出来て
ゴミを外にする出せるとかメリットはあると思います。

寝室の方は9.5畳で大きなクローゼットが付いています。

間取りは想定の人数としては四人ぐらいを想定してますが
3人家族とかでもいいと思います。



カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り 3ldk,間取り シュミレーション | Tags: , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村