38坪3LDK中庭のある平屋の間取り図 周囲を囲まれても光が入る

今回は38坪3LDKの中庭のある平屋の間取りになります。
玄関ホールに入ると正面に中庭が広がっています。

窓としてはそんなに大きくありませんけれども、
玄関ホールの大きさに対しては十分床から天井まで窓を設けていけば
中庭から光が入ってきてそして視界も広がってきますので
広く感じるという効果があります。

敷地の方は北側の道路になっていて北側から入っていくようになります。

玄関ホールにはカウンター式のシューズボックス
そして納戸に使うシューズクロークがついています。

玄関ホールを入って左側、東側の方にはリビングの方に入って行くことになります。

そして右側の方に西側の方に行くと洗面室とトイレがあります。
家に帰ってきてすぐで手を洗うことができます。

トイレの方は1.5畳で手洗い収納カウンターもついて
タンクレストイレになっているのでゆったりと広いトイレになります。

洗面室と脱衣室の方は分かれていてトイレを使った後に洗面のところで
手を洗うこともできるので便利ということと
浴室を使っている時に洗面を他の人が使うことができるので
便利だ使いやすい間取りになっています。

玄関の奥の方には和室8畳があって、先ほど玄関から見た中庭8畳に対して
窓が開いていて外のウッドデッキに出ることができます。

和室8畳には押入れ一畳があります。

また床の間の上に吊り押入れを表記をしています。

こちらの方は例えば1 M まで床の間にして
高さ1メートル以上を押入れにすると上の方だけ収納にするとことで
風通しを確保しながら収納量も増やすことができます。

リビングの方に入っていくと8畳のスペースがあります。

奥の方にダイニングの14畳で広がっているといます。

リビング収納が3畳あってリビングがいつも片付けられるように納戸にしてきます。

雑誌や新聞などリビングで使ったもの、電気機器とか DVD とか掃除機とか
いろんなものを収納してきます。

ダイニングキッチンの西側の方に中庭に面して大きく窓が開いています。

キッチンで庭を見ながら作業できる事とカウンターのところに
対面式でカウンターの所で食事することも可能になります。

ダイニングテーブルも造作で一緒に使っても良いでしょう。
ダイニングキッチンの方から東側の壁を見ると非常に広い背面収納があります。

こちらは特注で作ったほうが見栄えが良くてカウンター背面を好きな素材で、
石とかレンガやタイルにして間接照明をつけて演出することができます。

背面の収納だけではなくパントリー収納があり、こちらの方にも
缶詰などの食料とかホットプレートの家電類もしまっておくことができます。

ダイニングの南側には洋室6畳があってこちらの方は南側に窓があります。
子供がいる場合は子供部屋にしていくという形にします。

趣味の部屋とかペットルームとかですねトレーニングルームとか
色々使い方を変えることのできるオールマイティーなスペースです。

で引き戸を解放してダイニングと一体化することもできます。

ダイニングキッチンの奥に入っていくと引き戸で仕切られたトイレと
そして寝室10畳があります。

寝室の方は先ほどダイニングやリビングや和室玄関ホールから見た中庭の
北側に窓を取って見ることができます。

また掃き出し窓で中庭に出て行くこともできます。

ですので中庭に対して玄関や和室リビングダイニング寝室から出入りできる形になり
真ん中のデッキ中庭のスペースから全室に光を入れていく形になります。

周囲を家に囲まれた場合でも主要な部屋には光と眺望と広がりを
全て中庭から取り入れているという形になります。

寝室の方には広い6帖のウォークインクローゼットが付いています。
衣装部屋として使えるような広さになりますです。

収納量としてはリビング収納パントリー収納シューズクロークとか押入れ
衣裳部屋になるウォークインクローゼットと
そして個室のウォークインクローゼットがあるので十分と思います。

これでも足りない場合平屋で2階建てではありませんので
好きなところにロフト収納庫を一階の面積の1/2まで増やしていくことができます。

あまり上に重量乗せるとですね耐震的には不利になっていくので
これだけ収納がありますので上に収納部屋を作らないという方法もあります。

屋根形状は四角い整った形をしているので外側に雨を落とすか
もしくは中庭側に雨水を落としていくという形になります。

中庭に落とした場合は中庭に水が集中していくので
万が一詰まった場合を想定しながら排水経路を多く作っていく必要もあります。

日当的には中庭側の屋根を下げたほうが光が入りやすくなるということになります。

38坪で広めの平屋の住宅なりましたが2階建ての住宅に比べれば
各部屋も広くてで階段の分スペースがありませんし
廊下もほとんどなくて有効利用できているのといったところです。

東や南や西に隣の家が迫って全部閉じられても
光が入れられる中庭のある平屋の間取りでした。



カテゴリー: 平屋 おしゃれ,平屋 間取り,平屋 間取り 中庭,間取り シュミレーション | Tags: , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村