玄関とリビングから見える中庭のある平屋の間取り図

今回のプランは35坪3LDKの中庭のある平屋の間取りになります。
間取りの特徴は中庭があるというプランになります。

玄関ホールは東側にあり、南道路と北道路、東道路でも
どこからでも道路に接続して入って、使える間取りになります。

玄関ホールを入ると一番最初に目に飛び込んでくるのが中庭のスペースになります。
明るく光が入ってきているので玄関も開放的に見えます。

そして天井も平屋ですので高くすることができますから
開放的なイメージでモダンなインテリアをつくることが出来ます。

毎日通って行くところですので、天井を高く作ると非常に気分が良く
変わってくるということになるのでこの効果は非常に高くなります。

中庭のあるプランは一般的な間取りと全く違った世界が広がってきます。
シューズクロークの方は玄関の土間とホール側から2箇所から出入りができ
中で靴を脱いで行くことができます。

玄関とホールの間のところに靴が溜まってたくさん並ぶとていうことはないよう
この中で靴を脱いであがるということも可能になっています。

南の方にリビングダイニングキッチンがありキッチンは対面式になります。
リビングのスペースも広く、ダイニングも広くて、
南の方に明るい窓があるので、庭の南の庭の方に出ることができます。

和室はリビングに対して引き戸で開放するようになっています。
リビングと一体化して広いスペースを確保することができます。

リビングは北側の中庭の方に視線が抜けるようになっていて
キッチンからも東の中庭に視界が広がるようになっています。

キッチンの横にはパントリー収納が3畳あって広い収納スペースになっています。

ベッドルームの方は洋室6帖と洋室8帖になります。

広いメインベッドルームの方はウォークインクローゼットが4畳あります。

廊下の方に出て行くと脱衣室と洗面室があり、脱衣室2畳で収納スペースがあります。
洗面室は脱衣室と別になり、洗面とトイレは広くゆとりがあり、
トイレの方もカウンター収納があってゆったりめなスペースになります。

中庭の所に向かってスペースを少し広げて、テーブルとか椅子を置けるスペース
たまり場を作るということもいいと思います。

ベンチとか置いてですね中庭が見えるというスペースを作ってもいいでしょう。

(35坪3LDK平屋間取りシュミレーション)






カテゴリー: 平屋 おしゃれ,平屋 間取り,平屋 間取り 中庭 | Tags: , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村