30坪3LDKのファミリークロゼットのある平屋の間取り図

今回のプランは30坪3LDKの平屋の間取り図です。

南道路の想定で東玄関になりますが、
東道路や北道路の敷地でも利用可能な間取りになります。

玄関ホールは3.5畳のスペースでシューズクロークが3畳あります。
シューズクロークは2箇所から出入りすることができ、
玄関の土間部分からと廊下から出入りができます。

玄関付近にはシューズクロークのほかにコートを入れるクロゼットと
物入れもあるので便利な間取りです。

減から少し奥のリビングダイニングと
ベッドルームとの間にトイレが配置されています。

リビングダイニングキッチンは20畳のスペースで
キッチンはアイランドキッチンになっているため
様々なスペースへの移動がしやすくなっています。

リビングもダイニングも南に面しているので明るいスペースになります。

平屋の住宅なので屋根なりに天井も高くでき
モダンなインテリアを楽しむことができます。

和室4.5畳は玄関付近に配置され、玄関からの入り口と
リビングに開放できる引き戸の入り口があります。

東側に洋室6畳が配置され、クロゼットが1畳あります。

寝室は8畳のスペースになり、ウォークインクロゼットが3畳あります。
このウォークインクロゼットはリビングからも利用することができ
ファミリークロゼットのような使い方になります。

また壁面に収納があるので豊富な収納量になります。

洗面脱衣室は2.5畳のスペースで洗面台も広く
収納スペースもあるので使い勝手とデザイン性を兼ね備えています。

シンプルな形状の間取りなので、屋根形状もシンプルで
美しい外観の平屋になります。






カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り 30坪,平屋 間取り 3ldk | Tags: , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

30thiraya0910  

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村