33坪4LDK中庭の広い平屋の間取りシュミレーション

今回の間取りは33坪4LDK の中庭のある平屋の間取りです。
今回の平屋の住宅はLDK を中心に中庭に開いた間取りです。

ベッドルームは寝室、和室、子供部屋で、
子供部屋は将来的に仕切っていくような洋室になります。

全部南側に窓をつけてある明るい間取りになります。

リビングの南の方は和室になっているので
和室から間接的に光が入ってくるか
もしくは中庭から反射して入ってくる光をあてにしてます。

中庭に対しては広い窓があるのでデッキに対してLDK が一体化して
明るさも確保しているという間取りです。

平屋ですので2階に部屋がないので天井を高くすることもできるし
高窓のようなものを配置することができます。

リビングとダイニングの間でもいいですし
天井の形状、屋根の形状を工夫すれば上の方からの光というのも
取り込めて行けるプランになると思います。

玄関ホールを入っていくとリビングに入った時に視界が中庭に向いて
開放感があって開けて行きます。

中庭の方が広いのでLDKは20畳ぐらいのスペースですけども3
0畳ぐらいに見える感じになります。

和室の方は玄関の土間からとリビングから出入りできます。
リビングに対して引き戸を解放すると一体化していきます。

子供部屋の想定の洋室は二部屋で気楽にオープンに使います。

寝室は8畳でウォークインクローゼットが3畳、
南に面して窓があって中庭に出入りできます。

対面式のキッチンは背面の収納も広くてパントリー収納が2畳あり収納量も豊富です。
ダイニングリビングはダイニングの仕切りで少し分けられていて
リビングが和にはにテレビをつけられる感じになります。

中庭窓を取っているためと和室とのつながりを作っているので
もテレビ置くとこはここしかないですね。

洗面と脱衣室は分かれていて洗面の横にトイレがあります。

洗面台は幅も広くて開放的な感じがします。
浴室と脱衣室を使っている時でも他の家族は洗面台を使うことができるので
ストレスがあまりないような形になります。

今回は4 LDK で33坪の平屋の間取りを紹介してきました。
中庭から色んな所に行こう光が漏れて入っていくっていうプランになります。



カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り 4ldk,間取り シュミレーション | Tags: , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。DLF一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村