4LDKロフト収納のある収納の多い平屋の間取り図

今回紹介していくのは34坪4LDKの収納の多い平屋の間取りになります.

そしてこの平屋の間取りにはロフト収納が付いていてリビングの方からも見えるような間取りです。

南道路の想定で南の方から玄関に入っていきます。

玄関の方にはコートとかをかけるクローゼットが1畳あり、そしてリビングの方に入っていくと18畳のスペースでリビングとダイニングキッチンが連続して広いスペースを作っています。

リビングの上部は屋根なりに天井を高くしてダイニングの上部にロフト収納があります。

ロフト収納は階段の方で登っていくことができるので、多くの荷物を運ぶことができます。

リビングの奥の方に洋室8畳と6畳があり、各部屋には2畳の広いクローゼットがついています。

それぞれの収納はウォークインクローゼットになっています。

そして東の方に洋室6畳2室があってこちらの方も両方とも2畳のウォークインクローゼットが付いています。

洗面脱衣室は3畳で洗面台と洗濯機の間に収納スペースがあります。

そして奥の方に浴室2畳一坪タイプ、キッチンの方は対面式で背面の収納も広くキッチン脇にパントリー収納に使えるもの入れがあります。

ロフトへの階段の下も収納になっています。

ロフト収納の方は見下ろすことができて物置として使いながら遊びのスペースを作るといったこともできます。

屋根の中央のところが高くなっているので、この辺を高くして、インテリアも下から見上げる、上から見下ろすと言った面白さを作ることができます。

雑誌などでロフトスペースがあるインテリアを見ることがありますがそういったイメージのスペースを作ることができます。

今回は収納の平屋の間取りを紹介しています。

特徴は各部屋にウォークインクローゼットがそれぞれ全部付いているということ。

ロフト収納は10畳があって広いというところです。

間取りの方は長方形でシンプルなので、屋根形状もシンプルになって、雨漏りのリスクの少ない雨風に強い外観を作ることもできます。



カテゴリー: 平屋 間取り,平屋 間取り 4ldk,平屋 間取り ロフト | Tags: , ,

間取りの依頼方法

平屋の需要が増える理由

 

最近特に増えているのが平屋の需要です。
子供が独立した後にもう一度建て替えする夫婦が選ぶのが平屋の間取りです。

夫婦でなくても一人住まいやディンクスなど
2階建てで予算オーバーで部屋が余るよりも

コンパクトで低予算の平屋を望むのです。

参考の間取りは30坪の4LDKの間取りです。
4LDKでありながら30坪で2階建て35坪からすると
5坪も小さい間取りなのです。
それでも2部屋はゲストルームか
家族が泊りに来る部屋ぐらいにしか使いません。
一部屋もしくは二部屋なくしていけば
リビングダイニングをさらに大きくすることもできます。

いずれにせよマンションでは得られない解放感
全部の天井を高くできますから、
満足感は倍になるでしょう。



平屋間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当。間取りデータバンクにて無料のプランニングサービスを15年勤めています。一級建築士。一級建築士事務所。YOTUBE間取りチャンネル運営。老後の住まいの間取り、夫婦二人の住まい、ディンクス、シングルの間取りを作成提供しています。

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村